レーニン広場の一日…(2018.10.21)

ユジノサハリンスクの都心部に、巨大なレーニン像が建つ広場が在ります。

レーニン像の背中側が西寄りに相当するので、好天な日の日没時刻前後には、レーニン像の周辺では空の様子が美しいことが多く、これを眺めるのが一寸した楽しみとなっています。

そういうように思っていますが、空の様子は一日の中で大きく変わりますから、時間帯毎に「好い感じ」と思わず足を停める場合が在ります。

休日の日曜日、朝、午後、夕刻と戸外で近くを通り掛かったので、少しレーニン広場の様子に注目しました。

↓これは朝8時台です。“時差”の関係で、「稚内の朝6時台」の空の感じに似ているかもしれません。
2018OCT21-Lenin (1).jpg
↑積雪が無い時季には、ユジノサハリンスク市内の主要な通に、夜の間に散水車が登場します。そういう訳なので、特段に雨ではなくても、朝は路面が濡れていることが多いです。

この朝は、雲が殆ど無い「蒼の色画用紙?」というような空でした。そういう空の色やレーニン像が、濡れた路面に映り込む感じに視えます。そして東側からの光を跳ね返して、低い空が仄かに染まっている様子も視えます。

↓これは午後3時台です。気温は10℃を超えるか超えないかという具合ですが、他方で陽射しが少し強めに感じられました。
2018OCT21-Lenin (2).jpg
↑日中には「蒼天に白雲が流れる」という様子がよく見受けられます。強めに感じられる光線の故に、雲が非常に立体的に視えて面白い感じです。

↓午後6時半近く、日没が近付く頃です。
2018OCT21-Lenin (3).jpg
↑日中の雲が流れ去ってしまっていて、上空の高めな辺りを漂う雲が、西日の光線で複雑な色彩を見せます。

↓少し経って、陽が沈んだような頃です。
2018OCT21-Lenin (4).jpg
↑レーニンの背中の辺り、低い空が日没直後に見受けられる独特なグラデーションになっています。

↓最近では午後6時45分頃に広場の街灯が点きます。これは灯りが点いた少し後です。
2018OCT21-Lenin (5).jpg
↑灯りが点いて、暫らくは空の明るい感じが残る場合が多く在ります。そして、こういうような時間帯に至っても、通行人は完全には途切れません。

こうした一日の様子ですが、毎日変わるもので、「全く同じ」ということは決して在りません。この場所に或る日の或る時間帯に立寄って、何気なく視る空は、「その瞬間」にしか視られないものです。不意にそういうことを考え、眼にしている辺りの様子が酷く愛おしく思える場合も在ります。

急速に季節が進む…(2018.10.18)

好天の日に「寒い感じの朝」と「少し温かい日中」とが併存する感じは月始め頃と大きく変わらないような気がするのですが、最近は朝早くの「寒い感じ」の度合いが少し強まった感じがします。戸外に出て「多少手が冷たい…」と思う場面も在ります。そして温かい日中であっても「風が冷たい」と思う場合が少し増えました。それでも、稚内と比べれば、ユジノサハリンスクは風が微弱な場合が多いので、寒くなり始めるような時季には「少し幸い…」というように思う面も在るのですが。

↓サハリン州郷土博物館の前、コムニスチ―チェスキー通の広い歩道です。
18-10-2018morning.jpg
↑広い歩道の中に、やや大き目な街路樹を植栽する場所が設えられています。そこの地面が「落葉を敷き詰めた」というようになってしまっていて、街路樹の枝が随分と剥き出しになってしまいました。

奥に博物館の建物が覗いていますが、木の葉が繁っている時季には、敷地内に在る木の葉の陰で建物が視え悪かったものです。「季節が動いた」と、小さな実感が湧き起こります。

歩道の、人々が歩く部分は、存外に頻繁に行われている清掃作業で落葉が片付けられています。街路樹が植栽される場所は、歩くという前提になっていない関係上、落葉がそのままです。「歩くという前提になっていない」というようですが、「散歩中の愛犬に引っ張られて一寸足を踏み入れて」という感じで歩いている方も時々視掛けますが。

本当に「何時の間にか」という按配でこういう様子が見受けられるようになりました。10月には、季節の進行の「急速さ」を感じます。

「明るい感じ」が少し長く続く夕べ…:レーニン広場(2018.10.17)

1970年に「生誕100年」ということで、ソ連全土の方々に建てられたレーニン像の一つで、目立って大きなモノがユジノサハリンスクの都心部に在ります。

このレーニン像の背中側が西寄りな空で、殊に好天の日の夕刻には、流れる雲と映ろう光が紡ぐ美しい光景が視られる場所です。そして流れる雲の動きは「毎日必ず様子が異なる」もので、「全く同じ光景」というのは「二度とない」ということになります。

そういう意味で、何となく寛いだ気分の夕刻に、このレーニン広場の光景をぼんやりと眺めるというのは、「どうでもいいようなさり気ないことながら、存外に贅沢なこと」のようにも思えます。

↓最近では、こうやって「灯りが少し目立つ」という感じになるのが午後7時頃となりました。本当に「少し前」には、午後7時は「マダマダ明るい」という感じだったので、多少驚きます。
17OCT2018 (2).jpg
↑この時は、低空の雲が少々分厚い感で、西日の光で空が染まるという様子ではありませんでした。しかし、低空の雲と、上空を勢いよく行き交う雲との中間のような空が「何時までも明るい」というような感じでした。

少し前に、用事でユジノサハリンスクへやって来た皆さんと一緒にこの広場の辺りを歩き廻ったことが在りました。巨大なレーニン像を視て、或る方が言いました。「大きな像は、金属材料の独特で重厚な好い色をしている。他方であの台座は?何を貼り付けているのか、変にテカテカしていないだろうか?」とです。

本当に台座は光沢が在る材料が貼り付けられて、テカテカしていますが、街灯の灯りのような強めな光を跳ね返しています。実際よりも多数の街灯が在るかのように錯覚してしまいます。

現在は午後7時頃に「こういう雰囲気」ですが、こんな感じに見える時間帯は12月までにドンドン早くなって行く訳です。

紅葉した葉が散ってしまった…:桜の木(2018.10.17)

ユジノサハリンスクで見受けられる紅葉や黄葉に関しては、未だ眼に愉しい箇所も多いのですが、寒さが少しずつ気になるに連れて「葉が散ってしまっている…」という様子も眼に留まるようになりました。

↓稚内市サハリン事務所の直ぐ傍です。
17OCT2018 (3).jpg
↑見事に紅くなっていた木の葉が、殆ど散ってしまっています。

「綺麗な葉が付いている様子が視られる期間は存外に短い…」と少々寂しく思う他方、画のように「僅かな紅い葉が残っている」という様子にも、何か「独特な美しさ」というようなものが在るような気がして、少し眺め入っていました。

この木は桜の木です。稚内市サハリン事務所では、ここの桜を「勝手に“標準木”」という感じにしていて、歴代の関係職員が毎年のように開花の様子を見守っています。

↓今年の5月後半に桜の花が咲いた時の様子を、このブログでも御紹介していました。
>>満開!!:ユジノサハリンスクの桜(2018.05.21-22)

未だ、この記事の画のような「散ってしまった…」が散見する感ですが、やがてこういう情況が“多数派”になって、そのうちに雪も交じるのだと思います。北のユジノサハリンスクでは、留まっている“秋”の直ぐ後ろで、「早く行け!!」と“冬”がクラクションを鳴らしているような感じかもしれません。

深まった秋の早朝:サハリン州郷土博物館(2018.10.17)

最近は「午前7時が暗い」という感じのユジノサハリンスクです。雲の按配によっては、午前7時半頃になってさえ薄暗い感じがしてしまう場合も在ります。

↓午前7時台に辺りを歩いて、思わず足を停めて眺めた光景です。
17OCT2018 (1).jpg
↑未だ博物館の敷地内等に灯りが残っていて、光に博物館敷地辺りの木々が照らし出されています。多少の暗さが残っていて、少しずつ明るくなろうとしている空を背景に、博物館の建物の独特な形状が映える感じです。夜から早朝に雨が交じる時間帯が在り、手前の道路面は濡れていて、そこに光が反射しています。

何か非常に「時季らしい!」というのか、「秋のユジノサハリンスク」とでも言えば思い浮かべるような感じの情景になっています。

1937年竣工というこの建物が在る風景は、なかなかに魅力が在ると思います。

↓因みに、博物館の展示に関する話題の他、季節毎に様々な表情を見せる独特な建物の写真が入った過去記事は下記のカテゴリで御覧頂けます。
>>訪ねる/サハリン州郷土博物館

最近のユジノサハリンスクの朝ですが、「プラス一桁前半」という日が多くなったと思います。時には0℃か1℃という状態にもなります。やがてこの記事の画に在る紅葉した木々も、すっかりと葉が落ちてしまうのです。そして雪が交じり始める訳ですが、最近は「急速に季節が…」と思うことが増えました。

“バランス”??(2018.10.14)

ユジノサハリンスクの街中では、街路樹の葉が色付いていて、光線の情況によっては「わざわざスポットライトで照らしている」というように見える場合さえ在って、戸外を一寸歩くとなかなかに「眼に愉しい」という感じになります。

街路樹の紅葉は、一斉に葉の色が変わるというのでもありません。「一部が色付き、一部の葉が落ち、別な一部が色付き、別な一部の葉が落ち、更に別な一部が…」というように、順次にランダムに変化が続いているという感です。

↓静かな日曜日の朝でした。サハリン州郷土博物館の近く、コムニスチ―チェスキー通です。
14-10-2018.jpg
↑色付いた葉が残る街路樹の足下に、少し落葉が散っています。

枝の葉と地面の落葉との“バランス”が日々刻々と変わり、見栄えも変わります。この日曜日の朝に視た状況について、「“バランス”が好いかもしれない」というように思って眺めていました。

その後、何やら強めな雨も交じる時間帯が発生するような数日を経て、辺りで視掛ける街路樹の、この種の“バランス”も少し変わって来ています。地面側の葉が多くなっている例に気付くことが増えました。そして地面の葉ですが、歩道に散っているモノは、殆どが片付けられます。

マダマダ「眼に愉しい」という感じの紅葉や黄葉が見受けられる他方、地面の落葉も増えています。そして“バランス”が好い光景も未だ視られますが、その“バランス”も多少崩れています。

4連勝の<SAKHALIN>!!:<SAKHALIN> VS <東北フリーブレイズ>:アジアリーグアイスホッケー(2018.10.15)

日本の4チーム、韓国の3チーム、そしてロシアから<SAKHALIN>の計8チームで競う「アジアリーグアイスホッケー」は9月に開幕し、レギュラーシーズンの試合が展開されています。

日本勢としては2番目にサハリンに乗り込んだ<東北フリーブレイズ>との2試合目が催されました。

↓試合開始前のウォーミングアップの様子です。
DSCF1391.JPG

こうしたウォーミングアップの後、整氷作業が入り、先発選手を華々しく紹介して国家演奏というオープニングで、試合が始まって行きます。リンクの端に居る背番号39のゴールキーパーの傍にロシア国旗の一部が覗いています。オープニングの際に国旗を掲げてリンクに出る少女が、張り切って出番を待っている様子でした。

前日の1試合目は、<SAKHALIN>が<東北フリーブレイズ>を圧倒してしまったような展開になっていました。

>><東北フリーブレイズ>に快勝した<SAKHALIN>:アジアリーグアイスホッケー(2018.10.14)

2試合目は、互いに譲らない攻防から始まりました。

第1ピリオド開始から程無く<SAKHALIN>は先取点を奪いますが、少し後に<東北フリーブレイズ>は、やや距離の在る位置から綺麗にパックをゴールに打ち込む「凄い!」という感じのシュートを決め、直ぐに追い付きます。

1対1の接戦から、第1ピリオド終盤、続いて第2ピリオド中程と<SAKHALIN>は得点を重ね、4対1と突き放します。

しかし<東北フリーブレイズ>は粘り強く好機を伺いました。試合の残り時間が1分30秒余りになった時点で得点し、4対2となったのです。

ここで<東北フリーブレイズ>はゴールキーパーをベンチへ下げました。“6人攻撃”を仕掛けます。

アイスホッケーでは、反則が在ると選手が「2分間のペナルティ」と退出します。そうなると「5人対4人」という状況が生じます。5人の側の情況を“パワープレイ”と呼び、「有利な情況」と視ます。4人の側は“キルプレイ”と呼ばれます。

“6人攻撃”というのは、ゴールを護るために通常は攻撃に参加しないゴールキーパーを下げてしまって、6人で攻撃を仕掛けます。“パワープレイ”という情況を強引に産み出す訳です。飽くまでもイメージですが、ロシアのチームは然程これを多用しないように視えます。対して日本勢は、これを試みることが或る程度盛んなように視えます。

「試合終盤の6人攻撃」と言えば、9月の<日光アイスバックス>戦で、<日光アイスバックス>が仕掛けて奏功し、延長の末にペナルティーショット合戦になって勝利を掴んだという展開も在りました。

>>延長戦からペナルティショット戦へ…:<SAKHALIN>VS<日光アイスバックス>:アジアリーグアイスホッケー(2018.09.17)

<東北フリーブレイズ>は試合終了までの短い時間に集中して攻め、何とか同点に追い付こうと仕掛けました。<SAKHALIN>も巧みに護り、激しい攻撃を凌ぎます。そして弾けたパックを<SAKHALIN>の選手が<東北フリーブレイズ>の陣内に持込み、「無人のゴールにパックを押し込む」ということをして得点してしまいました。5対2です。

↓“6人攻撃”を跳ね返し、逆に得点を奪ってしまったことで喜びに沸く<SAKHALIN>の選手達。対して、<東北フリーブレイズ>はゴールキーパーをリンクに戻し、残る時間は通常の布陣で戦うこととしたようです。
DSCF1773.JPG

<SAKHALIN>が無人のゴールにパックを押し込んだ時点で試合の残り時間は45秒程度でした。程無く場内から「3!2!1!」とカウントダウンの声が起こり、試合終了でした。

↓試合終了後、2連戦が終わった後の恒例で、両チームの選手が握手をして互いの健闘を讃え合う場面も在りました。
DSCF1805.JPG

この2試合目は、シュート本数も<SAKHALIN>の30本に対して<東北フリーブレイズ>が25本と「互角」と言える状況で、点差以上に「競り合った」という感の試合でした。

<SAKHALIN>は前の対戦カードの対<アニャンハルラ>戦で連勝しているので、通算で4連勝です。10試合を終えて6勝4敗とし、勝ち点も伸ばして順位を2位に押し上げることに成功しました。

↓第2ピリオドの後、<SAKHALIN>のベンチの様子が眼に留まりました。試合中に替える場合も在るスティックが、選手達が陣取る場所の脇辺りに在りました。
DSCF1664.JPG
↑「シーズン中に何本位使うのだろう?」と思いながら眺めていました。

アジアリーグアイスホッケーのレギュラーシーズンは1月下旬まで続くので、未だ先は少し長い感です。

<SAKHALIN>はこの後、日本と韓国へ出ます。10月19・20日は苫小牧で対<王子イーグルス>戦、10月23・24日は釧路で対<日本製紙クレインズ>戦と北海道に登場です。10月31日から11月3日は韓国で対<アニャンハルラ>戦です。

<SAKHALIN>がユジノサハリンスクで次に試合を催すのは、11月24・25日の対<王子イーグルス>戦で少し間が在ります。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:01Comment(0)スポーツ

レストランで料理に添えられる黒パン…(2018.10.14)

食事を摂る店で、料理を頼む場面を思い浮かべて下さい。

メニューに在るモノで気に入ったモノを選び、現れた店員さんに「これとこれ…それからこれも…」と料理を適当に頼むと「お飲物は?」と店員さんに尋ねられます。

この「お飲物は?」というのはユジノサハリンスクでも在りますが、日本国内でもよく在ります。飲物に関しては「とりあえず飲物から…」と、先に御願いして、飲物が運ばれて来た辺りで料理を頼むというのもよく在るかもしれません。

こういう様子に関して、ユジノサハリンスクの店では「多分、日本国内では見受けられない?」ということが時々在ります・

ユジノサハリンスクの店で、「これとこれ…それからこれも…」という具合に適当に料理を頼むと、店員さんが「パンは如何なさいますか?」と尋ねて来る場合が在ります。ロシアの流儀の食卓では、料理に何となくパンが添えられるのが「当然視」されている訳です。

そんな時には「別に要らない…」というのも在りですが、「では当地の流儀に則ってパンを所望しよう」というのも悪くありません。殆どの場所で、パンは複数の種類が用意されています。

↓筆者はそういう場面で頼むなら、この種のモノを選びます。
黒パン… (1).jpg
↑「チョールヌィー」(黒)と指定する訳です。

「黒」と聞けば、“本格焼酎”を思い出してしまうということも在りますが、ここでは「ライ麦パンの系譜になるパン」のことです。

一般的に「ライ麦パンの系譜」が「黒パン」と呼ばれているようですが、ライ麦を使っても視掛けが必ずしも黒くないモノも在るそうです。が、黒パンは「ナチュラルな“パンらしい”ような感じ」もして、筆者は非常に好みます。

「黒パン」はドイツ語圏や北欧、ロシア等の欧州東部で広く食べられているモノということです。ユジノサハリンスクでも色々と売られていて、食事を摂る店でも頻繁に登場します。

↓何となく愛用のカメラを持っていたので、カメラの性能を発揮して頂くことにして、摘まむ前に写真を撮ってしまいました。
黒パン… (2).jpg

ユジノサハリンスクでは、パンは相対的に安価であるように見受けられます。個別の店毎に事情は異なりますが、この写真を撮ってしまった近所のロシア料理の店では、500ml入りの最も安価なミネラルウォーターが50ルーブルであるのに対し、写真の黒パンが25ルーブルでした。

こういう黒パンを齧りながら、気に入っているスープや料理を頂くというのは、実に楽しいものです。

<東北フリーブレイズ>に快勝した<SAKHALIN>:アジアリーグアイスホッケー(2018.10.14)

ユジノサハリンスクでは、紅葉の鮮やかさが増す他方で、多少寒いという朝も多くなっている感の昨今です。そうした中、アイスホッケーの試合は熱いものが在ります。

9月の開幕後、黒星が先行していた<SAKHALIN>でしたが、先日の対<アニャンハルラ>戦で勝ち越して4勝4敗と五分の戦績に持ち込み、「ここからの躍進」に期待が集まります。

↓試合開始直前、チームの選手達が自陣のゴールの辺りに集まって「さぁ!行こう!」というような感じなのですが、アイスホッケーの試合では「定番な場面」だと思います。
DSCF0944.JPG
↑こういう感じで、第1ピリオドと第3ピリオドに<SAKHALIN>のゴールとなる側に席を取って観戦しました。

アイスホッケーの入場券ですが、会場の<クリスタル>の入口に窓口が在って、そこで求められます。筆者は、当日に求める場合が殆どです。時々、連戦の次の試合の分も予め窓口で求めておく場合も在ります。観易い感じの場所で200ルーブルという例が殆どです。

試合は<SAKHALIN>が元気なところを誇示したような感じでした。全般を通じて、<SAKHALIN>の39本のシュートに対し、<東北フリーブレイズ>は14本のシュートに終始し、「<SAKHALIN>の攻撃場面ばかりが目立つ?」という感じでした。

↓第1ピリオドに<SAKHALIN>が2得点目を挙げた場面です。
DSCF1050.JPG

第1ピリオドに2得点、第2ピリオドに2得点、更に第3ピリオドに1得点と<SAKHALIN>は積極的に攻め続けました。結局、試合は5対0で<SAKHALIN>が勝ちました。

↓試合後に控室へ引揚げる選手達とハイタッチというファンが通路に集まっています。
DSCF6391.JPG
↑こういう感じの中、選手達はゆっくりと控室へ引揚げて行きました。

今季は、年を跨いで1月下旬までがレギュラーシーズンです。2018-19シーズンはマダマダ続きます。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)スポーツ

後藤悠樹 写真展<サハリンを見つめて>(2018.10.12)

稚内市サハリン事務所には、ユジノサハリンスク等で催される日本関連の催事の御案内等が寄せられる場合も在り、それらを受けて足を運ぶ場合も在ります。

そういう御案内の一つということになるのですが、写真展に関する御案内を頂きました。

後藤悠樹(ごとうはるき)さんという若い写真家の作品展でした。

↓後藤悠樹さんという方は、最近『サハリンを忘れない』という本を出したことで話題になった方です。

サハリンを忘れない 日本人残留者たちの見果てぬ故郷、永い記憶




後藤悠樹さんは、2006年に初めてサハリンを訪ねたとのことです。その際に、様々な事情で第2次大戦後に日本へ戻ることがなかったという日本人やその家族と出会い、以降何度もサハリンを訪れて、その人達の暮し等をテーマとした写真を撮り続けて来たという方です。上記の本は、その取材経験のことを軸に豊富な写真で構成されているというものです。

実は「何度もサハリンに来ている日本の写真家が最近本を出して、近くユジノサハリンスクで写真展が」と、後藤悠樹さんと交流の在る方が口にしていたのを耳にしていて、「その写真展が催されたら是非…」と考えていました。御案内が在って「これのことだ!?」と、期待して足を運んだのでした。

↓会場となったのはサハリン州立美術館です。
DSCF6078.JPG
↑往年の「北海道拓殖銀行豊原支店」であった建物を利用した美術館は、年に何回もの企画展を催行する展示ギャラリーという感の場所です。今般の写真展もそうした企画展の一つということになります。

10月12日の夕刻、この写真展の「オープニング」ということで大勢の皆さんが集まりました。後藤悠樹さん御本人も、取材で知り合った、様々な事情で第2次大戦後に日本へ戻ることがなかったという日本人やその家族の集まりである<サハリン日本人会>の年次総会が催行されるということも在り、写真展に合わせてサハリンへやって来ました。

現在、美術館の大きいホールでは「根付」の展覧会が開催中で、写真展は入口寄りの小さ目なスペースを利用して開催されています。

>>古くて新しい?“НЭЦКЭ”:巡回展「現代・木彫・根付」(2018.10.02)

写真展の「オープニング」の中、サハリン州政府、ユジノサハリンスク市、在ユジノサハリンスク日本国総領事館と各代表からの挨拶の後、後藤悠樹さん御本人のコメントが在りました。

後藤悠樹さんが出会った、様々な事情で第2次大戦後に日本へ戻ることがなかったという日本人の中には、「“敗戦国”に出自を持つ苦悩」のようなモノが強く、「何度も死のうと思うことさえ在った」としながらも「生き続ける」ということを選んで現在に至っているという方も多く在るといいます。そういう人達に寄り添う型となって、様々な人生を伝える写真作品を撮影することとなりました。そうした作品を集めた写真展を、そんな人達に贈りたいということでした。

↓写真展には、少し大きくプリントした写真が多数展示されています。
DSCF6069.JPG

↓他に、過去に発表した写真を小さくプリントしたモノを多数纏めて掲示したコーナーも在りました。
DSCF6075.JPG

後藤悠樹さんがサハリンで取材活動を始めてからの10年間余りで、ユジノサハリンスク等では新しい建物が登場しているような例も多々在りますから、「街の移ろい」が期せずして記録されているような側面も在ります。結局、街並みがドンドン変わる多方で、山の稜線のような自然の様子は昔から変わっていないという、後藤悠樹さんが取材している様々な人生をサハリンで送っている皆さんの目線にも重なるのかもしれません。

後藤悠樹さん御自身にとって、祖父母や更に上の世代である場合さえある皆さんに寄り添いながら、文字どおり「サハリンを見つめて」撮られた作品で、なかなかに見応えが在りました。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 09:14Comment(0)カルチャー