列車の乗降場 <シティーモール>(2017.09.16)

コルサコフ港から、またはユジノサハリンスク空港からユジノサハリンスクの都心部側へ北上する際、ユジノサハリンスク市の区域に入ったままミール通を進むか、途中からレーニン通の側に進むことになります。

ミール通側、レーニン通側の何れの側から北上しても、大型商業施設<シティーモール>の大きな建物、或いは本館以外の一連の施設は眼に留まり、誰しも「あれは何?」と気になるものです。

この<シティーモール>へユジノサハリンスク市内から向かうとすれば、車以外の公共交通として路線バスが一般的です。日本からの旅行者も利用する場合が多い<パシフィックプラザ>というホテルはミール通に沿って建っています。そのホテルの傍にもバス停が在って、運行系統#63というバスが行き交っており、ユジノサハリンスク空港へ向かうその路線の「空港に着く手前」という辺りで下車すると目の前です。と言うよりも、施設の開設に合わせて停留所が目の前に設けられたのでしょう。このバスに関しては、初めてサハリンを視察に訪れた方達に御紹介したところ、予定以上に時間が出来た中、その方達はバスで<シティーモール>を訪ねてみたとのことでした。

余り知られていないのですが、<シティーモール>に関しては、車でもなければ路線バスでもない行き方も出来ます。「出来ます」と言い切るより、「出来るには出来る」と言葉を濁してしまう感じにはなってしまうのですが。

↓こういう場所が在ります。
2017-09-16 シティーモール乗降場 (1).jpg
↑線路の脇に人が立つ場所が設けられ、看板が出ています。

実は<シティーモール>は、ユジノサハリンスクとコルサコフとを結ぶ鉄道の沿線に建っています。鉄道はユジノサハリンスクの都心辺りではレーニン通の西側に相当するジェレスナダロージナヤ通に並行していますが、街の南側ではレーニン通に並行して<シティーモール>の前を過ぎ、更にユジノサハリンスク空港へ通じる辺りを過ぎてコルサコフ地区へ延びています。

上の画の乗降場はレーニン通側に設けられています。道路沿いのバス停には、待合客向けに屋根が設けられている他方、列車の乗降場にはそうしたモノは在りません。

↓本当に、道路を挟んで<シティーモール>の建物や駐車場が視えます。
2017-09-16 シティーモール乗降場 (2).jpg
↑レーニン通の南端のような辺りは交通量が多いので、押しボタン式信号機が据えられた横断歩道も手前の道路に設けられています。

「列車で<シティーモール>へ!」ということも可能な訳ですが、「出来るには出来る」と言葉を濁してしまう感じにはなってしまうのは、「旅客列車が極端に少ない」ので利用機会が設け悪いという事情の故です。

毎日運行の旅客列車は1往復のようです。そして、平日は朝にコルサコフ側からユジノサハリンスクへ向かう列車が1便在るようです。土曜日と日曜日には別に1往復の列車が運行されています。こんな「1.5往復+土日に1往復」で、眼前の<シティーモール>を利用し易いような時間帯の列車も、例えば「土曜日と日曜日のコルサコフ発の列車」というのが在る程度です。そして、往路で列車を利用したにしても、復路の列車が見当たらない感じです。

こういう状況ですから、「列車で<シティーモール>に行った」という話しは耳にしたことが在りません。それでも、土曜日と日曜日にコルサコフからユジノサハリンスクへ向かう列車が停車しているような時、「<シティーモール>へ行く人か?」という乗客が下車するのを視掛ける事が無い訳では在りません。

実は、偶々<シティーモール>の建物前に居合わせ、偶々停車した列車から数人が下車していた様子がかなり離れた辺りに視え、「そう言えば乗降場が在った」と思い出し、近寄って写真を撮ってみたのが記事に使った写真です。<シティーモール>に出入りする人は、1日の延べ数では存外な数になる筈ですが、「列車で来た人」は数える程、または居ない感じです。

ユジノサハリンスク・コルサコフ間に関しては、この<シティーモール>のような「往年の駅が在ったでもないと見受けられる場所の乗降場」が幾つも見受けられ、利便性の向上が図られているようにも見える他方で「何故?」と不思議な程度に列車の運行が少ない不思議な様子が見受けられます。北海道内等でも「これでは利用し悪い」という程度に列車の運行本数が少ない例は見受けられますが、このユジノサハリンスクとコルサコフとの間は不思議です。他方で、この区間はバスの運行が非常に盛んです。

黄昏のレーニン広場(2017.09.16)

↓ユジノサハリンスク市行政府本庁舎の前を通り過ぎようとして、思わず足を停めて見入ってしまいました。
2017-09-16 黄昏.jpg
↑日没の直後位に相当するような、午後8時台に入った辺りの様子です。雲が少ない日で、低い空の夕焼けから、高い空のナイトブルーまで、多彩な色のグラデーションが創られ、駅の電飾や広場の照明が目立つ感じになり始めています。

少し前まで「起き出せば明るく、暗くなってしまう以前に眠気が射す場合も在る」という感じでしたが、何時の間にか「午前7時前後に明るくなり、午後8時頃には暗くなる」という状態になったユジノサハリンスクです。

夜明け前のパベーダ通(2017.09.17)

「早朝の明るくなる時間帯」というのは、何時の間にか変わるものです。

少し前まで、早朝の6時台には明るかったのですが、何時の間にか「明るくなるのは7時頃」という感じになっています。

こういうようになっている現在の時季、早朝6時台に目を開けて、何となくテレビを点けると画面の端に「22:XX」と夜10時台の時刻表示が現れる場合が在ります。

「窓の外は暗い?未だ夜?眠ってしまったのは何時だった?然程長く眠っていないのか?未だ夜の10時台?昨日は午後10時には未だ起きていたような?」と訳が判らなくなります。これは、一部のテレビチャンネルで、8時間の時差が在るモスクワのコンテンツをそのまま流しているからです。これはラジオでも一部在ることで、サハリンの夕方に「おはようございます!」というラジオの声が聞こえて来る場合が在るのですが、それはモスクワのコンテンツをそのまま流しているからに他なりません。

そういう訳で、サハリンでは「時計代わりにテレビを点けてみる」というようなことは、何となく奨められません。で、結局は確りと時計で時刻を確認します。

早朝の6時台に戸外へ出てみることにします。

↓これはパベーダ通の様子です。「休日の早朝」は、恐らく「最も静か」な時間帯で車輛も疎らです。が、時々ジョギングに勤しんでいる方を視掛けます。
2017-09-17 夜明け前.jpg
↑パベーダ通はユジノサハリンスクを東西に横切る通で、街を南北に貫いている西寄りのレーニン通、東寄りのミール通と交差し、街の東側の丘陵の麓を南北に延びるゴーリキー通に至ります。

このパベーダ通には、5つのランプを備えた大き目な街灯が設置されています。夜にこれが灯るとなかなかに美しい感じで、この大きな街灯の光が暗い空に流れる雲に乱反射しているような感じに視えます。

画の中央のやや下、少し左寄りに「135」という数字が視えます。これは「建都135年」ということのようで、ゴーリキー通を見下ろす丘陵の上に据えられているランプです。

このパベーダ通が突き当たったゴーリキー通に面して大聖堂が聳え立っています。

<ペンギン33>の2017年シーズン終了(2017.09.21)

↓稚内港を出た<ペンギン33>は、定刻よりもやや早めにコルサコフ港に入り、ゆっくりと入港しました。
<ペンギン33> 21-09-2017.JPG
↑眩しい蒼天の下、白い船体が輝く碧海を旋回しながら、コルサコフ港の桟橋へ接近しています。

今季最後の運航は、「9月18日 コルサコフ発+9月19日 稚内発」という予定でしたが、台風の通過に伴って風浪が激しい状態となったため、「9月20日 コルサコフ発+9月21日 稚内発」に順延となっていました。

既に台風の影響を免れた海域を快調に進んだ<ペンギン33>は、訪日して帰国するサハリンの皆さんを中心に少し賑わっていました。

稚内市関係では、「友好都市青少年交流」で稚内を訪ねていたコルサコフの生徒達が乗船していました。実は8月の予定が欠航のために訪問が出来ず、止むを得ずに順延していた経過が在りました。生徒達は、お土産を手に、沢山の想い出を胸に元気に帰着しました。

多くの関係者の努力で運航が続けられた<ペンギン33>でしたが、今季の役目は無事に完了です。

「秋の色彩」が目立ち始めています…(2017.09.21)

「そのままの台風が通過」という状況は、サハリンでは少し珍しいような気がしたものですが、9月18日の午後から夜、更に9月19日の夜明け前まではユジノサハリンスクも荒天でした。その荒天の後は穏やかな感じの天候が戻っています。

穏やかな天候と視ると、少し早く出て近隣を歩き回ってみる場合が在ります。ユジノサハリンスクの都心部は、緑地が色々と整備されていたり、歩道が広い通も幾つも見受けられるので、時々「巨大な公園の中に、オフィスや住宅や商店が入っている建物が点在している場所」のように感じる場合さえないでもありません。

↓劇場であると同時にコンサート会場になる場合も多々在る<チェーホフセンター>の傍で、ふと顔を上げると画のようなな様子が眼に飛び込んで来ました。
秋の色彩 21-09-2017 (2).JPG
↑手前側の木は葉が綺麗に紅くなり、背後側の木は葉が黄色になり掛かっている感じです。そして空は「清んだ蒼」という感じです。

朝の気温は10℃を挟むような辺りです。今朝は然程でもありませんでしたが、日によっては少し長めに戸外に居ると「手が冷たい…」という場合も見受けられるようになっています。

↓色付く葉を見上げた木が立っている辺りです。<チェーホフセンター>の傍の緑地です。
秋の色彩 21-09-2017 (1).JPG
↑芝生も綺麗に緑色で、緑地の木々も葉が青々としているモノが未だ目立ちます。他方、一部の木の葉が落ちていて、芝生の上に少々散っています。

既に8月中から、「気が早い木?」と見受けられるモノが在って、葉が少し紅くなっているモノを視て驚いたことも在りましたが、9月下旬という時季になってユジノサハリンスクでは「秋の色彩」が目立ち始めています。

実は先日、東京方面の方からメール連絡を頂いた中に「台風一過で暑い一日」と在って、「暑い…か?」と驚いていました。一寸確かめれば、本州以南では日中の最高気温が25℃以上の地域が多々在るようです。そういう状況なら、陽射しが強めになると地点によっては30℃程度にもなることでしょう。

他方でユジノサハリンスクは、最近になって「20℃超」が余り見受けられなくなっていますし、汗をかく量がかなり減っています。

各地の暑さに倦んだ方には、「一寸サハリンへ涼みに…」というのがお勧めかもしれません。

今朝見付けたような「秋の色彩」は、これからドンドン濃くなって、何時の間にかかなり寒くなって冬がやって来る筈です。

<展示・記念複合施設 “勝利”>(戦史博物館)(2017.09.19)

ユジノサハリンスクには「パベーダ通」、「パベーダ広場」という住所が在ります。“パベーダ”(победа)は「勝利」という意味ですが、街の住所にこの語が容れられている場合には、「第2次大戦での戦勝」という意味合いになっています。そして“パベーダ”の語が入る住所は、ユジノサハリンスク以外の街にも在ります。実際、以前に訪ねてみたドリンスクでも視掛けました。

ユジノサハリンスクのパベーダ通は、街を東西に横切るような街路で、東寄りの起点・終点が丘陵の麓になっていて、そこにパベーダ広場が在ります。パベーダ広場に関しては「戦勝広場」とも紹介されます。

パベーダ広場には、以前から<戦勝記念碑>ということで、第2次大戦期のソ連軍を代表する戦車であるT34を載せたモニュメントが在りました。辺りが見渡せるような感じの場所に、台座で高く掲げられたT34戦車が視えていました。

このパベーダ広場に隣接して大聖堂の建設、そして広場そのものにも建物の建設が始まり、暫らくT34戦車のモニュメントに近寄ることが出来ませんでしたが、2016年に大聖堂が開かれ、広場の建物も出来上がりました。

↓パベーダ広場の建物ですが、夜から早朝の暗い時間帯には酷く目立ちます。見事にライトアップされています。
ПОБЕДА (3).jpg
↑春から秋の期間、ユジノサハリンスクでは夜遅めな時間帯から早朝に掛けて“散水車”が登場します。そのために雨でもないのに路面が濡れています。濡れた路面に光が映り込み、建物は「湖畔の豪華ホテルか何か?」のようにも見えます。

この建物が<展示・記念複合施設 “勝利”>です。これは言わば「戦史博物館」というような展示施設なのです。

2016年に建物が完成していますが、博物館として普段から公開されているのでもない状況でした。2017年に至っても状況は変わりません。筆者は2017年4月以降にサハリンで活動していますが、この博物館は見学可能となってはいませんでした。

それがこの9月になって以降、「関係者風でもない人達の出入りが?」という様子を何度か視掛けました。そこで調べてみれば、「見学可能になった」というのです。

↓様子を視に行ってみました。
ПОБЕДА (2).jpg

この<展示・記念複合施設 “勝利”>ですが、月曜日が休館で毎日開いています。11時開館で18時閉館ですが、金曜日は20時閉館、土曜日は19時閉館と休前日と休日は延長会館です。

建物の向かって右側に入場券販売の窓口が在ります。入場券は300ルーブルです。

↓こういう立派な入場券です。
ПОБЕДА (1).jpg
↑表は施設の型をイメージした渋いデザインで美しいのですが、裏面には日付や時刻が書き込まれ、何やら劇場やコンサートホールの券のようです。

館内の見学に関しては「各指定時刻のガイドツアーのみ」という体制になっているので、券の裏面にガイドツアーの日付と時刻が書き込まれているのでした。開館後、30分毎にガイドツアーが組まれていて、券を求める際に「○時○分の」と指定することになります。ここを訪ねた際、10分位後に始まるというガイドツアーが在ったので、その券を求め、中央の入口から入場しました。

↓空港の保安検査のようなゲートを潜って入場すると、建物の中央に在る丸い屋根の下辺りに出ます。
ПОБЕДА (4).jpg
↑壮麗な吹き抜けになっていました。

この壮麗な吹き抜けの辺りに、同じ回のガイドツアーで入場した10人足らずの見学者が集まり、ガイドの女性の説明が始まりました。

この施設の展示スペースは4フロア在るものの、現在公開している見学可能なフロアは1フロアに留まっているということでした。

この施設は戦史に関して紹介することを目的としており、第2次大戦の他、日露戦争のような戦争や、アフガニスタンやチェチェンのような近年のものまで、19世紀後半から20世紀のロシアが関わりを持った戦争、或いはサハリン州の区域での出来事を丁寧に工夫しながら紹介することを目指しているということでした。

現在の時点で見学可能な1階ですが、第2次大戦のサハリン等での戦争に関する展示ということでした。

外から建物を視た場合に右側に相当する展示室からガイドツアーが始まりました。

最初の展示室は「史料学習コーナー」という趣きの場所でした。ガイドの女性は、極東でのソ連参戦の経過や、サハリンでの戦闘の展開に関して一通り説明し、「テーブルのような大きさになっているタブレット端末」のような機器で、叙勲されている将兵に関することや、当時の軍に関する史料、将兵の書簡のような史料を紹介していました。説明を聴きながら視て、この場所は個別に時間を掛けて史料に触れるような見学の仕方が好いように思いました。

次の展示室は、実際に現地で集めたモノも混ぜた型で造り上げられた「実寸大ディオラマ」で「占守島の戦い」の様子を紹介するものでした。

↓上陸するソ連海軍の兵士達の様子です。等身大の人形で、当時の将兵の服装が本物のように再現されていて、人形が身に付けている装備品の一部には“実物”も交じっているようです。
ПОБЕДА (6).jpg
↑「占守島の戦い」はソ連の陸海軍の混成部隊が上陸し、島に在った日本軍と交戦に及んだというものです。

↓占守島には日本軍の戦車隊が駐留しており、ソ連の将兵は戦車を持たず、限られた対戦車兵器で対抗することになり、大きな犠牲を払うことになってしまいました。
ПОБЕДА (5).jpg
↑戦車は占守島から持ち込んで、外見を整えたモノのようです。

この「占守島の戦い」に関して、ソ連軍は大き過ぎる犠牲を払い「必ずしも成功裏に進行した軍事作戦でもないのではないか?」というように思えないでもないのですが、クリル諸島に展開する端緒となっていることや、大きな犠牲が払われたという意味で注目されているようです。

ディオラマで再現された様子を視ながら、ガイドの女性は熱心に話しをしていました。最後に、このディオラマはサンクトペテルブルグの造形集団が中心になって制作されたということも紹介されました。

概ね45分間に亘るガイドツアーでした。説明はロシア語のみです。

或いはここは「順次、展示が増えて行く」という「発展途上」な場所という感じです。現在の時点では、「占守島の戦い」のディオラマに関して見応えが在るかもしれないという具合で、「史料学習コーナー」という趣きの場所に関しては「小一時間も放っておいてくれれば、随意に史料を視るのだが…」というもどかしさが在りました。他方、やがてここは戦史に関して広く立体的に学ぶことも出来る場になるという期待は沸き起こりました。

どの位の時間を要するのかはよく判りませんが、ここに例えば「日露戦争の頃のサハリン」というような展示でも登場したなら、必ず再訪したいと思いました。現時点で訪ねてみて、「建物が出来て、なかなかオープンしないが、中はどういうように?」という疑問への回答が得られたに留まった感です。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)訪ねる

煉瓦壁にペイント:カフェチェーンの店舗(2017.09.17)

4月にサハリンに入った頃、滞在していた宿の直ぐ傍でスーパーとカフェが入った建物の工事を仕上げている様子が視られました。その後、スーパー、カフェと順次オープンし、何時の間にか「見慣れた」感じになっていました。

建物のカフェが入っている側の壁が通から視えるのですが、「年季が入った煉瓦壁」という具合に視えるような、手が込んだ設えです。

↓こういう感じの壁になっています。
2017-09-17 メーリニッツァ.jpg
↑「年季が入った煉瓦壁」という具合に視えるように設えてあるのは知っていたのですが、何時の間にか白いペイントでカフェチェーンである<メーリニッツァ>のマークです。これは、板のようなモノを切り抜いて型枠を用意して、型枠を使って塗装したような感じです。

こういうような「飾る」ということについて、サハリンでは時々「おっ?!」と注目したくなるようなモノを視掛ける場合も在ります。

地下連絡通路(2017.09.16)

ユジノサハリンスクの鉄道駅では、駅舎側のホームの他、線路を渡る型になる場所にも島式ホームが在って列車の乗降が行われます。線路を渡ったホームとの往来は、跨線橋ではなく、地下の通路を利用します。

↓こういう具合の通路が駅舎の南寄りな場所に設けられています。
2017-09-16 地下通路 (1).jpg

ホームへの出入口は直ぐそこなのですが、ホームへの出入口の先にも通路が延びています。

これは線路と並行するように、駅舎が在る辺りから西寄りに延びているジェレズナダロージナヤ通の側へ抜けられる連絡通路になっています。

何となく「小さな探検」のような気分で進んでみました。

↓反対側から振り返って視るとこういう感じです。
2017-09-16 地下通路 (2).jpg

出入口は、ジェレズナダロージナヤ通の63番という辺りから少し鉄道寄りに入った辺りです。存外にこの通路を通っている通行人は視掛けますが、夜遅くや朝早くは、きっと「少し不気味?」な雰囲気が漂うかもしれないと思わせる通路でした。

<台風18号>の影響が落ち着いたらしい朝(2017.09.19)

昨日(9月18日)は台風の接近が伝えられ、サハリンでも注意が喚起されていました。強い雨に警戒が呼び掛けられていた他、強風にも注意が喚起されていました。

北海道内が台風の影響で荒天になっていると聞いていましたが、昨日は朝から雲が厚く、薄暗い感じでした。昼食の時間帯辺りから雨が降り始め、次第に雨は強くなって行きました。

やがて夕刻辺りには、「薄い衣類に水が刺さる?」位の勢いで雨が降るようになっていて、時々強風が感じられるようになっていました。一寸だけ戸外に出るのもキツい感じがしました。何やら木の葉が強風で乱舞していたり、勢いよく降り続いた雨水が道路の隅に溜まって、通行車両がそれを華々しく跳ね上げているような感じです。

こういう状態になれば、夕刻にその辺の店に食事に出てみるようなことも出来ませんから、適当にスーパーの総菜コーナーで食料を仕入れて、早々に住まいへ引揚げです。

特段に戸外へ出ずに、住まいでじっとしながら過ごす夜となりました。強めな雨や風は続き、未だ真っ暗ではない時間帯には「風に木が揺れて、大きく震えている」というような様子が視えていました。

日本時間の昨夜午後9時台、サハリン時間では昨夜午後11時台に発表されていた台風情報には「台風の中心=サハリン」となっていました。稚内に住んでいても「上空を台風が通過中」な状態で過ごすというのは余り無く、「サハリンに居て、そういう状態なのも珍しい」と思いながらも、少々不安な感じがしました。稚内辺りでは、台風が転化した大型低気圧の影響による荒天というのは多々在る訳ですが、台風そのものの影響は免れて来た例が多いように思います。

そういう話しの後に朝を迎えました。多少、風が強いような気はして、多少湿った感じではあるものの、近所の様子は「荒れている」という感じではありません。

↓近所のビルの辺り、視えているのは南東寄りな空だと思いますが、少し明るい感じです。
19-09-2017 台風が去った… (1).JPG

↓近所の広場では、ベンチの辺り等に配置されたゴミ箱が夜の強風でひっくり返っていて、やや落葉が増えていましたが、普通に「風に木が揺れる」というような按配でした。
19-09-2017 台風が去った… (2).JPG
↑そういう様子を視ながら、「ナナカマドは秋らしい色合いになっている」と眺めてみる余裕が在る感じで、戸外に出ることは苦にならない感じです。

↓雨が降り続いた関係で、方々に水溜りは見受けられます。そういう辺りに強風で散った木の葉が存外に落ちています。
19-09-2017 台風が去った… (3).JPG
↑歩道上等の木の葉ですが、天候も落ち着いているので、早朝から清掃作業員が出てドンドン片付けていました。

とりあえず、強風や強めな雨が落ち着いて、「普通な雨上がりの曇天」という様子のユジノサハリンスクです。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 06:35Comment(0)話題

黄昏:レーニン通とプルカエフ通との交差点(2017.09.15)

何やらインターネットで配信される色々な話題に目を通していれば、或る芸人さんが「食事としてピザを頂く」という話しになって、「ピザ?それはおやつに頂くか、ビールでも飲む席で摘まむモノでは?自分は“食事”だとは思わない」と発言し、「それは?!」と反論が拡がっているという話題を視掛けました。そんなことを思い出したのも、夕食を摂るような時間帯に酷く空腹を覚え、通り掛かった「ピザやパスタの店」で、パスタは少し時間が掛かるというようなことを店員さんに言われたのでピザをお願いし、「夕食?今日はこれで構わないか…」というようなことをやっていたからでした。

そうやってピザを頂いた金曜日の夕刻、レーニン通を南下してプルカエフ通との交差点辺りに至りました。交差点がロータリー式になっていて、大きなオベリスクが立っています。コルサコフ港やユジノサハリンスク空港から街の側へ北上して来る時に「ユジノサハリンスクの繁華な市街が始まる辺り?」と思わせてくれるような地点です。

↓西寄りの空を背景に大きなオベリスクが佇む感じです。
2017-09-15 黄昏 (1).jpg
↑少し大き目な雲が風に流れて、集まり散じている様子が、かなり傾いた西日の光に照らし出され、「昔のハードロックかフュージョンのレコードジャケットに、こういうような雰囲気のイラストが在ったような?」と暫し眺め入ってしまいました。

↓日が傾いて暗くなって行くような時間帯には、光が刻々と変わって、空の見え方もあっという間に変わります。
2017-09-15 黄昏 (2).jpg

このロータリーの周辺では、西寄りが視える辺りで空がよく視える中にオベリスクが聳え立ち、何となく景色が面白いように思います。

金曜日はよく晴れて、黄昏の様子が美しかったのですが、好天は日曜日まで続きました。