コルサコフ港の“夕暮れ”(2017.07.30)

“夕暮れ”と一口に言っても、時季が異なれば時間帯も多少違います。そして存外に東西に拡がっている日本国内に関しては、場所毎の違いも意外に大きいかもしれません。

それでも「午後9時過ぎ」というのは、日本国内では北海道から九州の西や沖縄県に至るまで「既に日没から結構経っている」時間帯です。

7月31日の日没時刻ですが、稚内は19時03分、東京で18時53分、ずうっと西の与那国島で19時32分です。これがサハリンのコルサコフでは21時02分なのです。

「21時02分の日没」ということは、「午後9時過ぎ」が“夕暮れ”なのです。流石に「日本国内の状況に馴染み切っている中では発想し悪い時間帯」だと思います。

「コルサコフで“夕暮れ”を視る」ということになると「海と空の色の変化」が絡まる面白い光景が視られるであろうと何時も思っていました。が、「午後9時過ぎ」が“夕暮れ”となれば、ユジノサハリンスクから行って戻って来ようとする場合に「路線バスが利用し悪い?」と思えてしまう時間帯になって来ます。

そういう事情で「コルサコフで“夕暮れ”を視る」という機会を設け損なったままで居たのですが、この程「とりあえずコルサコフ泊」ということになり、少し時間が在ったので見晴らしが好い場所へ視に行ってみました。

↓コルサコフ港を見下ろす高台からの眺望です。
コルサコフ港の“夕暮れ” (1).jpg
↑地図で視るサハリン島南端部は「n」というアルファベットのような型をしています。凸状になった真中のやや右寄りの辺りにコルサコフは位置しています。高台から鳥瞰して、港が在って海が拡がり、海面の向こうに陸地が視えます。この「遠くの陸地」が、サハリン島南西部の陸地です。夕陽はこのサハリン島南西部の陸地の向こうに在る日本海側に沈んで行きます。

「色画用紙のような」という感じの青空ではなく、些かの雲が散っている空であったので、「南西側の陸地の向こう」に沈もうとしている夕陽の光が、雲や海面を微妙な色合いに染めています。

↓午後9時を少し過ぎて、日没の時間帯を過ぎて行くと、方々に灯りが入る様子が視えます。
コルサコフ港の“夕暮れ” (2).jpg

コルサコフ港の「夏の夕暮れ」というものですが、それを「偶々コルサコフ泊になった」という夜に視ることが出来たのは幸運でした。

ブリヌイ(2017.07.30)

友好都市であるコルサコフ市の同世代の生徒達と交流すべくサハリンへやって来た稚内の高校生達は、好天にも恵まれた中で元気に過ごしています。

コルサコフ歴史郷土博物館の館長さんによる大変熱心な御案内を頂きながら市内見学をした後、一緒に昼食を愉しみました。

↓その昼食の締め括りに出て来たモノがこれです。紅茶と一緒に頂きましたが、クレープに少し似ているロシアの食べ物で「ブリヌイ」と呼ばれています。
ブリヌイ.jpg

ロシアでブリヌイと言えば、「冬が去ろうとし、春がやって来ることを祝う」として古くから催されているという祭り<マースレニッツァ>で、「太陽をシンボライズした菓子」として楽しまれています。<マースレニッツァ>では「太陽が再生」というように言うようです。

粉、卵、牛乳、塩や砂糖を混ぜ合わせた生地をイーストで発行させ、それを極薄に丸い型に焼き上げるのがブリヌイです。その丸い型が、太陽を思わせるという訳です。

実際的には、丸い型のままで食べるというのでもなく、画のように折り畳んだ型で頂くのが普通です。そして、<マースレニッツァ>という祭りと無関係に、日常的に頂くモノのようです。コルサコフの生徒に一寸尋ねると「朝食で頂くことが多いかな?」と言っていました。

シンプルなクレープのようなモノですから、色々な材料と合わせて“前菜”風に頂くこともあれば、バターやクリームを縫ってパンケーキ風に頂くことや、ジャムを付けてデザートのようにというのもポピュラーです。今回は、オレンジママレードを添えてデザート風に頂きました。

稚内側の生徒は「サハリン到着後に頂いたモノでは、現時点でベスト!」としていました。コルサコフの生徒によれば、自分自身で、家で作って頂く場合も在るということでした。ひょっとすると「“ブリヌイ”の作り方伝授」というようなことも、滞在の中でやっているかもしれません。本来はフライパンのような鍋で焼くようですが、家庭では“ホットプレート”も多用されるようです。

Шрупа(シュルパー)=中央アジア風のスープ(2017.07.25)

「食事を愉しむ場所」を選ぶには色々な基準が在るでしょうが、「美味しい」に加えて「然程高くない」とか、「ボリュームが在る」とか、「場所の雰囲気」や「行き易さ」等々の要素が在ると思います。

「沢山食べたい!」ということなら、「然程高くない」とか「ボリュームが在る」ということが大切かも知れませんが、そういう条件を十分に満たし、同時に「非常に美味しい」というモノを見付けて来ました。

↓こういうモノを頂きました。何やら凄いボリューム感ですが、250ルーブルです。
Шурпа.jpg
↑ロシア語ではスープを頂く場合には「飲む」ではなく「食べる」なのですが、正しく「ガツガツと食べる」感じの一皿です。

これはお店で「シュルパー」(Шрупа)と呼んでいましたが、中央アジア風のスープです。一寸調べると、こうしたスープは広く分布し、各々の地域で少しずつ違った呼び方が在るようです。

色々な呼び方も在るようですが、ここでは「シュルパー」で統一します。立寄った店で提供されていたのは、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、トルクメニスタンというような中央アジア諸国の流儀によるスープでした。羊の肉が使われていました。

一見すると、北海道でポピュラーな“スープカレー”のような感じですが、カレーの様なスパイスを色々と入れているというのでもありません。肉と野菜の出汁が基本で、「ジワり」と身体の奥が温まるような、複雑な味わいのスープです。煮込まれて柔らかくなった大き目な野菜と、骨付きの羊肉が入っています。正しくスープを「食べる」という具合に、ゆっくりと頂きました。

「中央アジアの料理」と言っても「どういうモノ?」という感じですが、色々な要素が入り込んでいると見受けられます。悠久の歴史の中で想像を遙かに超えるような範囲で交易等による往来が在った中央アジアなので、“スープ”を示す語彙自体が、現在“中央アジア”と呼んでいる地域を大きく踏み越えた、相当に広い範囲で「シュルパー」と同根の単語が使われているようです。中央アジアは「遊牧民の伝統」が在る国々ですから、羊の肉を用いる料理が色々と在るように見受けられます。

「中央アジア由来」と視られる料理ですが、ロシアで一定程度広まったのは、ソ連時代のようです。それにしてもこの「シュルパー」は、スープや肉料理を好むロシアの皆さんならずとも、なかなかに満足度が高いと見受けられる一品です。

百貨店<サハリン>(2017.07.25)

ユジノサハリンスク都心部の少しだけ北に寄った辺りに、街を東西に横切り、日本海側のホルムスクやネベリスクへ連なる道路に繋がるサハリンスカヤ通が在ります。豊原時代にはこの通を境に「南1丁目」、「北1丁目」となっていたようです。

このサハリンスカヤ通は、日本海側等へ通じる道と繋がるので交通量が多めで、途中に踏切が在って車の流れが滞り易く「何時も込み合っている」感じがする場所です。このサハリンスカヤ通が、街のやや西寄りを南北に貫くレーニン通と交差する場所に、「老舗百貨店」が在ります。

↓サハリンスカヤ通の、少し西に寄った辺りで交差点周辺に佇み、件の「老舗百貨店」の建物を眺めました。時間帯は午後8時近くで、百貨店の営業は終了してしまっています。
百貨店<サハリン>.jpg
↑建物の竣工や開店の年次を明記したモノにはなかなか出会えないのですが、「50年を超える伝統」が謳われ、「街のランドマーク」の一つとも言われています。

かなり古い絵葉書でも視た記憶が在る建物です。“角”の地形を生かした建物正面のデザインで、赤い「Сахалин」(サハリン)のロゴが妙に似合います。

ロシア語では、百貨店は「Универмаг」(ウニヴェルマグ)と言っています。どちらかと言うと、中小規模な感じの様々な店がテナントで入っている感じです。

この<サハリン>もそういう例に漏れず、館内には小さなテナントが多数入っていて、「屋内に小さな商店街?」という趣も在ります。眼に留まるのは「雑貨の店」という以外に形容し悪い感じの店の他、時計やアクセサリー等、或いは衣類の店が眼に留まります。館内には“スタローバヤ”と呼ばれるカフェテリア式の食堂も在れば、変わったところでは、趣味のコイン収集関係の店を目に留めました。

車輛の通行が多め、通行人も多い時間帯は、何となく騒然とした「街のど真ん中!」という感じなのですが、少しだけ静かな時間帯に様子を視ると「半世紀超の伝統を誇る典雅な建物に、現代的なロゴ等を散りばめた不思議な趣」が、何となく好い感じに視えました。

キエフ風カツレツ(2017.07.29)

友好都市コルサコフ市の同世代の生徒達との交流に参加する稚内市内の高校生がサハリンに到着することになりました。

往路は空路でユジノサハリンスクに入ることになったのですが、到着時刻がやや遅めです。そういう場合には、遅めな時間帯まで営業している近くのお店に夕食を事前にお願いしておくのが善いということになりました。

空港に飛行機が着いて、入国手続を済ませてユジノサハリンスク都心部の宿に着くのは午後10時半を過ぎそうな状況です。「かなり遅い夕食」という時間帯ですが、宿の近くに折り好く“新装開店”となったロシア料理の店が在りました。とりあえずサハリン上陸を果たす生徒諸君をロシア料理で迎える段取りになったのです。

↓メインディッシュがこの「キエフ風カツレツ」です。
Dinner on 29-07-2017 (1).jpg

↓中にチーズを入れて鶏肉を成形し、衣を着けて揚げ焼きにするのが「キエフ風カツレツ」です。
Dinner on 29-07-2017 (2).jpg

何となく「ロシアの料理」ということになると、この「キエフ風カツレツ」は出番が多い感じです。キエフはウクライナの首都ではありますが、ロシア料理の店ではこれは定番という感のメニューです。この「キエフ風カツレツ」の前にはスープの「ボルシチ」も登場でした。

稚内市内の高校生が、この「コテコテなロシア風な料理」にどのような反応を示すかと思いながら様子を視ていましたが、「美味しい!」を連呼して、皆さん完食でした。「ボルシチ」は「如何にもロシアでポピュラーなスープ」という外観かもしれませんが、「キエフ風カツレツ」は少し手が込んだ洋食店のメニューという雰囲気なのです。「キエフ風」と付くので異国風ではありますが、モノとしては日本国内の店で「チーズチキンカツ」程度の命名で出していても違和感が薄い位です。ナイフとフォークで切ったカツレツを口に運んで、思わず頷く生徒も見受けられました。

「気に入ってもらえるものか?」と思いながら準備をした側としては、非常に安堵しました。

サハリン時間で日付が改まるような頃、稚内の時間、日本時間では午後10時台です。高校生位なら、午後10時台は未だ眠っていない時間帯である場合が多いかもしれませんが、サハリンに居る以上は「日付が改まった頃」である訳で「明日に備えて早く休んだ方が善い」という話しをして別れました。

サハリンで色々な経験をすることになるであろう生徒諸君の最初の「ロシアとの遭遇」は、なかなかに美味しかった「キエフ風カツレツ」だった訳です。

ユジノサハリンスク市行政府 本庁舎(2017.07.23)

↓日が傾いて、日没時刻が近付くと、ユジノサハリンスク市行政府の本庁舎では、建物を照らし出す照明が灯り始めます。
ユジノサハリンスク市庁舎.jpg
↑ガラス張りになっている中央の扉に“人のシルエット”のようなモノが視えていますが、これは庁舎と向き合うように広場に立っている巨大なレーニン像です。

ユジノサハリンスク市行政府の本庁舎は、レーニン像が立っている広場からレーニン通を挟んだ正面に在ります。

この本庁舎は市長や副市長の執務室や会議室、幾つかの部局が入っています。ユジノサハリンスク市行政府には色々な部局が在りますが、各部局は市内の方々で分庁舎として使われている建物に入っています。この本庁舎で全ての用事が足りるということでもないようです。

稚内市との交流で御世話になる「国際・地域間関係担当部」はこの本庁舎の1階に事務室が在ります。

建物の壁、上の方に支障が飾られています。市章は、暗くなるとライトが点くような仕掛けになっています。よく視ると、入口のガラス扉の奥にも大きな市章が飾られていて、それにも灯りが入っています。

この建物そのものは、少し長い経過が在る建物のようです。少なくとも1990年代前半には在った建物で、その時点で多少年季が入っていたことを筆者は記憶しています。2000年代に入ってから外壁材を綺麗に貼って外見が美しくなり、やがて内装も綺麗に改修しています。階段の一部等の例外的な個所を覗くと「随分、新しい庁舎だ…」という印象を受ける場所です。このユジノサハリンスク市の庁舎に限らず、やや古い建物の外観を改修している例は、方々に多く見受けられます。

庁舎の直ぐ前の少し広い場所ですが、催事の際に“特設ステージ”が作られる場合も在ります。

コルサコフ港に到着する<ペンギン33>(2017.07.27)

稚内港を発つ<ペンギン33>は“快速艇”という感じで、海上の状態が好い場合には定刻より「少し早い?」程度にコルサコフ港の水域に到達します。

コルサコフ港に到着する方達を出迎えに行ってみると、定刻より「少し早い?」程度にコルサコフ港の水域に到達した<ペンギン33>が待機していて、港が見渡せる高台に上がってみると、入港する際の動きがよく視えました。

↓“大泊”と呼ばれていた1920年代頃に整備された桟橋に向けて、<ペンギン33>は慎重に大きな弧を描くように近寄ります。
27-07-2017 P33 (1).jpg

↓停泊位置にゆっくりと近づきます。
27-07-2017 P33 (2).jpg
↑場所は嘗て<アインス宗谷>が利用していて、車輛甲板のハッチを着けるために、桟橋の高さを一段低くした箇所です。<ペンギン33>が小型なので、この場所が使い易い訳です。

↓オレンジのベストを身に着けた係員が、船上から放られる繋留索の端を受け取って柱に結び付ける態勢に入っています。少し離れた場所で、出入国を管理する“国境警備局”の係官が様子を見守っています。
27-07-2017 P33 (3).jpg

↓やがて繋留が完了すると、入国手続を行う場所へ乗客達を運ぶバスが桟橋上に登場します。
27-07-2017 P33 (4).jpg
↑バスが現れると、「そろそろターミナルで、迎える皆さんを待ちましょう…」という感じになります。

今季の<ペンギン33>は、6月初旬に荒天のために1往復が欠航を余儀なくされましたが、非常に順調に運航を続けています。

刻々と変わる日没頃の空(2017.07.22)

7月の後半になっても、ユジノサハリンスクの日没時刻は午後9時を過ぎた辺りです。6月後半頃より多少早まりましたが、日によっては「明るくなり始めた頃に目を覚まし、暗くなってしまう以前に眠気が射す」という場合が生じてしまうことに、大きな変化はありません。

夕刻、と言うより時間帯的にはハッキリ「夜」と言うべきような感なのですが、沈みかけた夕陽の光が演出する劇的な空の感じを視るのが筆者は気に入っています。が、何やら「冴えない天候」が多く、余りそういうものを視られません。或いは、「今日は好い感じだろうか?」と思っていれば、眠気が射して休んでしまう場合というのも在ります。

↓前日の「注意喚起」まで在ったような強めな雨が一転し、なかなかの好天に恵まれた日の日没時刻直前辺りです。
22-07-2017 evening (2).jpg
↑ユジノサハリンスク市街の西寄りに相当するレーニン広場の辺りは、日が沈む側なので美しい夕空を視ることが出来ます。日没直前に、空の広めな範囲が橙色に染まっています。

↓ユジノサハリンスク市庁舎周辺に佇んで、カメラを手持ちで撮影しているので、上の画とは少しだけ角度がずれますが、同じ場所の「何分か後」、日没時刻の直後辺りです。
22-07-2017 evening (1).jpg
↑同じ場所であることは、大きなレーニン像や、画の右寄りに在る広告画像を流しているスクリーンの存在で判り易いと思うのですが、空の感じが随分と変わります。右寄りの、日が沈んだ側では雲が照り返しで赤味を増して輝いています。

こういう空の様子の変化は、何処に居ても眺めて楽しめるものですが、何時も思うのは大袈裟な事でも何でもなく、「全く同じ様子は二度と視られない」ということです。

工事中のチェーホフ通(2017.07.24)

最近のユジノサハリンスクで、市内の路線バスで移動していると車内の乗客に「ざわめき」が生じる場合が比較的多く在ります。

というのも、「工事中のために迂回」とか「今日は工事で更に多くの箇所が通行止めなので、最近の迂回のパターンから更に迂回」というのが頻発しているのです。「こんな場所を走ることになっていたのか?」とか、「何故、そんな方向に進む?」という感じで、少し驚いたという小さな声の波がバス車内にゆらめきます。

時間帯によっては、「迂回路に普段以上に車輛が集まってしまう」という現象が見受けられ、「想像以上に酷い渋滞?」も発生し、街の人達も多少うんざりしている様子です。

↓ユジノサハリンスクを東西に走るコムニススチーチェスキー通にこういう看板の掲出が見受けられました。
チェーホフ通工事中 (1).JPG
↑「工事中なので時速40㎞制限ということに御協力を」ということなのですが、迂回路の指示が在ります。正直、走行中の車輛からは「やや視悪い?」気もしないではないのですが。

“□”で示された道路の左端がコムニスチ―チェスキー通です。右端がハバロフスカヤ通です。

「コムニスチ―チェスキー通からハバロフスカヤ通の側へ移動」という場合、“□”で示された道路の下に相当するチェーホフ通は通行止めで、少し先のアムールスカヤ通を通るという意味のようです。

実際、そのチェーホフ通とコムニスチ―チェスキー通が交わる辺りは、トタンの塀のようなもので囲われて、車輛の出入が出来ないようにしてありました。

↓チェーホフ通が視られる場所が在ったので、一寸視て、少々驚きました。
チェーホフ通工事中 (2).JPG
↑通の真中が深く掘り返されてしまっています。これでは車輛は通行不能です。また、歩行者もかなり慎重に、車が通っている場所の脇を歩くことを強いられてしまう状態です。

ユジノサハリンスク市内では、地下に埋設されている様々なモノを交換するような作業が一斉に始まり、そのためにこうやって道路を掘り返す必要が生じ、方々で通行止めをしなければならないというのです。

こういう状態が落ち着くまで、暫らくは掛かりそうです。

燕が舞う早暁の空(2017.07.26)

日中に好天に恵まれる日であっても、朝早くには雲が多めであったり、霧が掛かっている日が存外に多いのがユジノサハリンスク辺りの夏季には多いような気がしています。或いは昨日のように、朝早くから昼頃までは強めな雨が交じり、湿度がやや高い状態で午後遅めな時間帯から陽射しが眩しくなるという例も見受けられます。

↓今朝は6時前から明るく晴れた感じでした。住まいの居間の窓から、西寄りの空が視えますが、幾許かの雲が東から射し込む朝日の光を跳ね返し、薄紅色を帯びています。
燕が舞う早暁の空.jpg
↑そういう中、早くも燕が“出動”していて、盛んに「高速編隊飛行」をしています。速いので、写真に入ると“被写体ブレ”で不思議なシルエットが画面に出ます。

ユジノサハリンスクでは、実に多くの燕を視掛けます。方々で、物凄い速さで飛び回っていて、明るくなって来る早朝から、日没の時間帯辺りまで見受けられます。

余計なお世話なのですが、燕を時々眺めて「あんなに速くグルグル廻りながら飛んでいて、目が回らないのか?」とか「早朝の6時以前から午後9時頃まで飛び回っているが、草臥れてしまわないのか?」というようなことを想ってしまいます。

燕は鳥の分類としては雀に近い仲間のようですが、グルグル廻りながら飛んでいる時に発している声音は、少しだけ雀に似ているかもしれません。燕の「編隊飛行」が在る場所は、何やら賑やかなのが常です。窓が開いていれば、屋内でも音が多少聞こえます。

この燕ですが、稚内では視掛けません。稚内とサハリンとは「近い」ので、似ている自然環境で見受けられる他方で、見受けられる生物には若干の違いが在るのです。