<遠藤米七記念碑 メモリアル>の除幕式(2018.07.19)

ユジノサハリンスク都心部の少し北東に寄った辺り、<ガガーリン公園>の出入口の一つ、大きな池が在る辺りに「非常に目立つ大きな建物」が在ります。

↓<メガパレスホテル>というホテルです。
19-07-2018 ENDO (1).jpg
↑近くを通ると「仰々しい感じのビル…」と、思わず見上げてみたくなります。

2006年にオープンしたホテルです。

↓オープン当時の様子を御紹介した記事が、稚内市ウェブサイトのサハリン関係のコーナーにも在りました。
>>極東一を誇る「メガパレスホテル」がグランドオープン(2006年5月)

地上10階建てで地下も利用されている建物なのですが、幅が広い構造物が複数組み合わさっているような外観で、辺りは公園で背が高い建物が無いことから、物凄く大きく視えます。

宿泊施設の他に、レストランやナイトクラブが在り、会議室等も色々と利用されている施設です。ホテルは、連邦政府の要人がサハリンを訪れた際に滞在することがある場所としても知られています。

下記のホテルのウェブサイトで、館内の写真等が色々と御覧頂けます。

↓<メガパレスホテル>のウェブサイト(露語)
>>Mega Palace Hotel - Главная

話しは、この大きなホテルが建設されようとしていた2003年に遡ります。

<メガパレスホテル>の運営に携わる会社のアン会長は、自身の会社で手掛けようとする、サハリン随一の規模、極東屈指のものになる筈のホテルが出来上がる様子を思い描きながら、建設予定地を検分していました。

2003年頃というのは、サハリンでの資源開発を軌道に乗せようという動きが活発であった時期に相当し、俄かにビジネスマン等のサハリンへの出入りが盛んになっていた中、ホテルビジネスに注目が集まっていた時期でもあります。そして社会資本の整備が進み、商業や各種サービス業も盛んになって行き、地域の人達の所得も伸びていたという時期です。そうした追い風を受け、<メガパレスホテル>の計画も注目されていたようです。

アン会長は、そのホテルの建設予定地の中に、奇妙なコンクリートの塊が立っていることに気付きます。道路側からも視えたそうですが、概ね4mもの背が高い構造物でした。

「一体、これは何なんだ?」とアン会長は思い、そのコンクリートの塊を視ながら考えたそうです。「この型は、記念碑の台座か何かではないか?」とです。そして「恐らく、旧い時代に大切にされていたのであろう。粗末にも出来ないのではないか?」と思い、「これを保存し、可能であれば少し綺麗に整備すべきではないだろうか?」との考えに至ったそうです。

そこでアン会長は関係者を集めて協議し、不思議な“台座”を保存すべく、ホテルの建物を建てる場所を数メートル道路側にスライドさせました。そして“台座”はホテルの建物の裏、レストランのテラスの脇に残ったのです。

その後、「現在の<メガパレスホテル>の場所に、4メートル程度の高さの、記念碑の台座らしきモノが在る。あれは一体、何なのか?」という疑問が解決されるまでに数年を要しました。地元の歴史研究者等、色々な方に尋ねながら調べ続け、コンクリートの台座が1936年に建立された<遠藤米七記念碑>の台座であったことが判明しました。

「遠藤米七」という人物は、樺太時代の実業家です。建設業を核とする企業グループ<遠藤組>の創業者で代表を務めていた他方、1920年代に設立された豊原商工会議所の初代会頭を始めとする公職を多く歴任し、他方で数々の社会事業への協力を惜しまず、方々への多額の寄附を行った篤志家としても知られた人物とのことです。

日露戦争後、南樺太に移り住んだ最初期の入植者達の中に、遠藤米七の姿が在りました。遠藤米七が営んだ<遠藤組>は、様々な社会資本整備や施設建設の需要が在った南樺太で、建設業者としての実績を積上げて成長を遂げて行きました。<遠藤組>が手掛けたという建物等は現在でも残っているものが見受けられるとのことですが、最も有名であるのは往時の<樺太庁博物館>の建物、現在の<サハリン州郷土博物館>の建物ということになるでしょう。

1935年に遠藤米七が逝去し、翌1936年には当時の豊原市長が発起人となって記念碑が建立されたとのことです。

↓<遠藤米七記念碑 メモリアル>の除幕式の会場に、1936年建立の記念碑の写真が展示されていました。
19-07-2018 ENDO (2).JPG
↑4m程の台座に、3m程の銅像が乗っていたのです。

↓外観を美しく整えた台座に幕が掛かった状態のものが、40人程度集まった除幕式の参集者やメディア関係者を迎えました。
19-07-2018 ENDO (3).JPG

↓そして、アン会長とゲストの平野駐ユジノサハリンスク日本国総領事とで除幕が行われました。
19-07-2018 ENDO (4).JPG

大きな建物を建てようという場合、「数メートル位置を変える」というようなことは、簡単には出来ないようにも見受けられますが、そうまでして「大切な記念碑」を伝えようとして頂いた関係者の皆さんの御尽力には感謝しなければならないでしょう。

↓<遠藤米七記念碑 メモリアル>は<メガパレスホテル>の裏に、こういう具合に佇んでいます。
19-07-2018 ENDP (6).jpg
↑館内に入って、レストランを通り抜けてテラスに出る以外には、道路側から正面入口の左側に向かって壁沿いを進み、テラスの辺りに至れば直ぐに近付けます。

↓記念碑と、その台座が保存された経過を記したプレートです。
19-07-2018 ENDO (5).JPG

「樺太時代」を伝える、「旧くて新しい場所」が登場しました。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:02Comment(0)訪ねる

サハリン州郷土博物館(2018.07.18)

朝から青空が覗き、そのまま晴天が続いた一日でした。

朝早くには10℃を切っていたかもしれない気温が、日中は上昇し、22℃程度になっていました。陽射しが心地好く、「夏の装い」という方が戸外では目立ちました。半袖Tシャツにショートパンツというような方が歩いていると思えば、朝の低温に合わせて用意したと見受けられるウィンドブレーカーのようなモノを暑そうに着ている方が擦違うというような、少し不思議な様子も見受けられました。

↓午後6時過ぎに博物館の辺りを通り掛かりました。
Museum 18-07-2018 (1).jpg
↑午後6時に博物館は閉館ですが、門の中に入ることが未だ出来たので、建物を少し眺めました。

「夏の光線」という感の陽射しで、建物の独特な形状や凹凸が浮かび上がる感で、それらが空の蒼に映えています。そして敷地内の緑が鮮やかです。

↓未だ噴水も停められていなかったので、少し暫らく振りに噴水越しな建物も眺めてみました。
Museum 18-07-2018 (2).jpg
↑空の蒼を跳ね返している感じな、噴水の水が鮮やかで、更に涼しげに視えます。

ユジノサハリンスクは「夏」と聞いて思い浮かべるような「らしい感じ」がなかなか訪れない状態が続いています。が、時々こうした「らしい感じ」になります。

燕が舞う青空…(2018.07.18)

日中に晴れ間が覗くことが在っても、「朝から気持ちが好い青空」という日が少なく感じていました。

久し振りに「気持ちが好い青空が視える朝」と、稚内市サハリン事務所の入口周辺で空を見上げました。

↓燕が元気よく飛び回っています。
DSCF7431.JPG
↑曇天の中でも燕が飛び回っているのは視ますが、青空が背景であると、「一層、元気に飛んでいる」というようにも視えます。

「晴れた朝」というのは、訳も無く気分が好くなるものです。

<СУШИ МАРКЕТ>(スシ・マルケト)(2018.07.07)

↓「休日の土曜日に朝から好天」という状況に誘われて辿り着いた、朝のコルサコフの街角で視掛けました。
07072018korsakov.jpg
↑飲食店?料理を配達するケータリングの店?営業開始には早過ぎる朝なので、状況はよく判りません。

<СУШИ МАРКЕТ>(スシ・マルケト)は「寿司マーケット」という程の意味なのだと思いました。左側の入口と見受けられる辺りには、「日の丸?」という感の赤い円の上に、盃か何かのようなモノと箸を思わせるモノを組み合わせ、何やら「神社の鳥居?」と視える形が描かれています。なかなかにクールなデザインです。

そして右側の壁に眼を転じると、看板が貼り付けられています。箸を立てたような、料理が入った容器を手にしている、アジア系の人物と思えるキャラクターが視えます。「何処の何者だ?!」というように思いました。中国の何処かの地方の衣装か、ベトナムか何処かの衣装を思わせる衣服や“傘”を身に着けているように視えます。

看板には、「ピザ、ロール、スシ、チキン、ヴォク」とあって、アプリを手持ちのスマートフォン等にダウンロードすると割引が受けられる仕組みが在るというような案内がされています。

“ピザ”や“スシ”はイメージし易いモノです。“ロール”は巻き寿司を基礎に、或いは巻き寿司からの着想を受けて各国で発展したモノで、サハリンでもよく視掛けます。“ヴォク”とは、中国の一部やベトナム等を起源とする麺モノらしいです。“チキン”は揚げたモノか焼いたモノかは判りませんが、日本で“鶏肉”と書かずに“チキン”と書く場合が在るのと似たような感じで用いられている表現であると思われます。

こういうのを視ると、「日本に由来の…」という文物が「殊更に特別でもないモノ」として、日本とは異なる文化が主流を占めている場所に受容れられていることを思います。と同時に「“非アジア”の文化圏では、“アジア”はとりあえず何でも一緒」と思われている面も在るのだということにも思い至ります。

それにしても何か不思議な感じがしますが、この店のように「アジア由来の料理」を採り入れている飲食店、またはケータリングの店は方々で存外に視掛けます。

集合住宅の間の広場に据えられた児童向け遊具:雨交じりの夕方に…(2018.07.15)

↓外を歩くのが鬱陶しい程度の強い雨でもないのですが、雨交じりな夕方の、集合住宅が集まっている辺りの広場です。
15-07-2018 evening.jpg
↑児童向けの遊具は、筆者が2017年に近所に来た際には既に同じモノが在りました。が、然程古びては視えないですから、「何年かの間」位に設置されたと見受けられる遊具です。

こんな遊具の在る辺りで、雪が無い季節には近隣の子ども達が遊んでいる様子がよく見受けられます。小雨模様な中でも、何人かの子ども達が元気に遊んでいました。

そんな様子を、集合住宅の建物の入口辺りで何気なく眺めていました。「多少の雨をものともせずに、元気な子ども達だ…」程度に思っていると、何やら少し大きく「携帯電話の着信音」と思しき音が聞こえました。筆者は、極近所に飲物を買い求めに出た帰り道で、特段に携帯電話をポケットに入れていたのでもありませんでした。

「何処の電話だ?」と思えば、筆者が佇んでいた何メートルか前方に居た、日本の感覚で言えば小学3年生位に見えるような女の子が、ポケットから小さな手にはやや大きく見えるスマートフォンを取り出し、何やら応答しています。「判った…」と女の子は言い、大きな声で男の子の名を呼びます。すると、女の子より小さな幼稚園児位の男の子が「どうしたの?」というような顔をして女の子に駆け寄って来ました。「ママがね…もう帰って来なさいって…行くよ!」と女の子は男の子に言いました。2人は姉弟だったようです。この姉弟は、集合住宅の入口の辺りから中に入って帰宅して行きました。

夕方に子ども達が外で遊んでいて、保護者が「帰って来い!もう夕方の帰って来る時間だ!」と呼ぶというのは、相当な昔から普通に在ることであると思います。が、「小さな手に大きく見えるスマートフォン」に、その旨の電話が入って、お姉ちゃんが弟を呼んで一緒に帰っているという様子を視て、「そういう“時代”なのか?!」と多少驚きました。

実を言えば、ユジノサハリンスクの住まいの辺りで、児童向けの遊具も在る広場で子ども達が遊んでいる様子を視ることは頻繁に在るのですが、稚内の住まいの辺りでは、極近所の保育園に出入りする子ども達を少し見掛ける位で、「夕方に保護者が“帰って来い”と子ども達を呼ぶ」という場面を視たことがありません。日本国内でも、「スマートフォン??」と一寸考えていました。

それにしても、筆者自身が小学生位の頃であれば、スマートフォンのように「常時携帯して映像が映るようなモノ」と言えば、特撮ヒーローのドラマで「大怪獣や宇宙人に立ち向かう〇〇隊」の隊員達が持っているような「空想の道具」だったと思います。そんなモノを、現在では小さな子ども達でも常用している訳です。そしてそういう様子を、ユジノサハリンスクで目撃したのです。何となく複雑な気分です。

<草月流 生け花>のクドリャショーワ常任参与への「日本国叙勲伝達式」(2018.07.13)

サハリンでは「生け花」が存外によく知られています。

ロシアでは、何かと花を贈ることが盛んに行われ、そういう花を綺麗に飾るというようなことへの関心も高いのかもしれません。そういうことと結び付いて、何かの切っ掛けで紹介された「生け花」に関心を寄せる人が多く在るのかもしれません。

↓実は昨年から、「生け花」に関連する催しを、何度かサハリンで視掛けていて、その都度に「そう言えば…稚内では“生け花”に関連する催しというものに足を運んだことも無かった。というより、そういう催しに関して知らずに過ごしていた」等と思っていました。
>><生け花―サハリンでの道程>:草月流の展覧会 オープニング (2017.04.28)

サハリンでは<草月流 生け花>の活動が少し盛んに行われていますが、その活動の端緒を拓いた、草月流の常任参与であるアレクサンドラ・クドリャショーワ氏が、今年春の叙勲(本年4月29日発表)に際し「ロシアにおける生け花の普及を通じた対日理解への寄与」の功績により<旭日単光章>を受けることとなりました。

この勲章について駐ユジノサハリンスク日本国総領事から伝達が行われることとなり、総領事公邸で催された伝達式に御招きを頂いたので足を運びました。50名程度が場内に犇めき、地元メディアの取材も入った中で伝達式は行われました。

クドリャショーワ氏は、サハリンや他の地域で<草月流 生け花>の活動を展開している他、サハリンでは方々の庭園のコーディネートをする造園家としても高名です。他所とは一味違う、「日本庭園に着想」というスタイルなのです。

伝達式で挨拶に立たれた来賓の皆さんは、この造園家としてのクドリャショーワ氏の功績に口々に言及されていました。よく知られている仕事に<サハリン州郷土博物館>の庭が在ります。これに関しては「地元の住民に留まらず、サハリンを訪れる様々な国や地域の人々に強い印象を残す、“サハリンを代表する名勝”ともなっている」という話題が在りました。

↓こういう具合に、厳かに勲章と証書が伝達されました。
13JUL2018ordena (1).JPG

今般は主にサハリンの関係者が集まった伝達式でしたから、式そのものは証書の朗読が日本語で行われてロシア語に通訳されたという以外、ロシア語のみで進められました。

受章されたクドリャショーワ氏は、込上げる思いを集まった皆さんの前で吐露されていました。

2002年頃に草月流を学び、日本側の関係者の熱心な支援の中で学んだ想い出や、日本とロシアとでは互いの芸術に互いに関心を寄せる共通項が在るということに気付いたことから始まり、次第に活動の輪が拡がり、色々な人達の協力を得たことに言及されていました。

↓今般はクドリャショーワ氏による生け花作品が会場内を彩っていました。
13JUL2018ordena (2).jpg

クドリャショーワ氏が端緒を拓いた<草月流 生け花>の活動ですが、サハリンだけではなく、エカテリンブルグやソチでも盛んになっていて、各々が“独立的グループ”として活動を展開出来るまでになって来たそうです。ソチに在っては、児童生徒の課外活動に生け花が取り入れられ始めているそうです。

生け花に魅せられ、それを学んで普及の道筋を拓いたクドリャショーワ氏ですが、彼女が蒔いた種は日ロ友好の花を咲かせ始めていると言えると思います。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 08:11Comment(0)話題

<Алтай Хан>(アルタイ・ハン)=ロシア国産のビール(2018.07.11)

ロシアで「仲間が集まって、料理を楽しみ、呑みながら歓談」とでも言うと、「ウォッカを呑む?」とイメージされるかもしれません。が、近年は「ウォッカが登場」という場面が少な目になっているような印象が在ります。

「仲間が集まって、料理を楽しみ、呑みながら歓談」ということにでもなれば、出て来るのはビール、ワインが多い感じです。勿論、ウォッカも在りますが、寧ろ各種のカクテルを好まれる方が何となく目に付いたり、ブランデーやウィスキーを好まれる方が目立つような場合も在ります。

ビールに関しては、「呑みながら歓談」に限らず、「食事の際の飲物」というようなモノとしてもポピュラーです。

↓食事に寄った店で、ビールが売られていたので試してみました。
ビール 11-07-2018.jpg
↑ロシア国産のビールです。サハリン州内で製造されているモノには、「鮮度!」を売りにペットボトルに入れて消費期限を短く限定しているモノも見受けられますが、広く方々に出荷されている製品は、画のモノのような硝子のボトルに詰められているか、缶ビールになっています。

<Алтай Хан>(アルタイ・ハン)と名付けられた画のビールは、アルタイ地方の工場で製造されているそうです。アルタイ地方というのは、西シベリアの南寄りに在る地方で、南側の境界が「ロシアとカザフスタンとの国境」になっている地域とのことです。

こういうような「どういう地域で造られて、サハリンにやって来たのか?」というような、様々なビールを視掛けます。ビールは嗜好品で、呑む方によって好みがハッキリと判れますから、ビールを供する店では大概は複数の種類を扱っています。

この<Алтай Хан>(アルタイ・ハン)を頼んだ店でも、ロシア国内外のブランドの色々な種類のビールが扱われていますが、ロシア国産ビールは価格的に手軽です。

この<Алтай Хан>(アルタイ・ハン)は500ml入り一本が150ルーブルでした。対して、500ml入りのコーラは110ルーブルです。店のオリジナルのグラスに入ったレモネードや、ジュース類は180ルーブルから210ルーブル程度です。そういうように考えると、「ビールは手頃な飲料」と言うことも出来ます。

500ml入りのビールが150ルーブルであったというのは、カフェの店内で頂く時の代金でしたが、スーパーの酒売場等で求めると「100ルーブルで釣銭」というような感じで500ml入りのボトルは求められます。かなり気軽ですが、と言って近年の規則では、街中の戸外等で“酒類”であるビールを飲むことは原則禁止です。その辺の通でビールを呑んでいると、警察官に職務尋問されて処罰を受けるということも在り得ます。

更に列車や飛行機などでは「持ち込んだ酒類を車内、機内で呑むことは原則禁止」となっています。

現在でもテレビ放映されている場合も在る、少し前のドラマ等では、飛行機に乗った劇中人物が手持ちのボトルをグイグイ空けていて、何やら妙なことを仕出かすという“お笑い”の描写が見受けられます。実際に、そういう描写のようなことも時々見受けられたそうですが、現在では「禁止」の旨が出発する前に機内放送で確りと告げられます。過日利用したロシアの航空会社の便の機内でも、そういう放送を聴きました。

ところで、この<Алтай Хан>(アルタイ・ハン)と名付けられた画のビールですが、日本国内でも視掛ける割合が高い、明るめな色のスッキリしたビールで、なかなかに呑み易い感じのモノでした。肉を使った料理にマッチする感じでもありました。

スキー場<ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ>の山頂にて…(2018.07.08)

ユジノサハリンスク市街の東寄り、丘の上に在るスキー場<ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ>は、オフシーズンには「大展望台」の様相です。

日曜日の午後―と言って、午後5時台でしたが―に、「久し振りに好い感じの晴天」であった状況に誘われて戸外に出て、ゴンドラで山頂に上ってみました。

↓「何時の間に立っていた?」という、少し面白い看板を見付けました。
山頂 08-07-2018 (1).jpg
↑ロシア国内では携帯電話等で御馴染の通信会社が提供した、広告も兼ねたモノですが、「ユジノサハリンスクから方々への方角や距離」が示されているような看板です。

「遙かな北西」のサンクトペテルブルグは、ユジノサハリンスクから9772㎞とのことです。「少し南西」のウラジオストクは1651㎞とのこと。

上の方から、この辺りまでは好いのですが、そこから下は「方角??」と思いました。

韓国のスキー場が1660㎞という距離は正しいのでしょうが、「南東?何故?」という感です。日本のスキー場の<ルスツリゾート>も447kmは正しいのでしょうが、殆ど「東」の方角を示しています。10406㎞のカリーニングラードや、913㎞のハバロフスクも「真北、または北東」という方角です。

↓「どうなっている?」と首を傾げ始めると、こういう状態に気付きました。
山頂 08-07-2018 (2).jpg
↑「モスクワ9337㎞」というのが「ずり落ちた」ようになっています。何かの拍子に、この看板の「方角」は少しずれてしまったのかもしれません。

看板に掲げられた遠い土地ですが、何れも「地図上で直線を引いた距離」だと思われます。この種の看板は方々で色々な例を視掛けますが、視る都度に少し面白いと思います。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)訪ねる

<ТЕПЛЫЕ ОЗЕРА>(温かい湖) / ウラジーミル・チュイコ氏提供写真

ТЕПЛЫЕ ОЗЕРА.JPG
(ウラジーミル・チュイコ氏提供写真)(<夏>より)

※ サハリンでも「強い風が抜ける」場所は多く、そういう場所では「風の影響で少し形が変わった?」と想像出来る木が見受けられます。
※ そうした少し目立つ木が在って、湖や山が視える様子は、「ロシア国内の風景」という観点では「やや異色?」とも視え、ロシアで写真を撮る人達の眼を惹くようです。
※ 夏季のサハリンでは、画のような水辺は涼やかな風が抜けて、カメラを手に散策するには好適な場所となります。

2018W杯仕様のロシア代表ユニフォーム(2018.07.07)

ユジノサハリンスクの街の南側、空港へ向かう途中に在る広い敷地に大型商業施設の<シティーモール>が在ります。

空港より更に南のコルサコフからユジノサハリンスクへ引揚げる途中で、バス停も在るので、コルサコフまで出てみた帰り道に寄り道をしました。

<シティーモール>の館内は、大小様々なテナントが入っていて、館内を歩くと「一寸した商店街の中に居る」ような感じです。

有名スポーツ用品メーカーの関係の店がテナントに入っていて、通路から硝子越しに少し目立つモノが陳列されているのが視えました。

↓硝子越しに「好いな…」と思い、中に入って眺めて、幸いに自身のサイズが在ったので思わず“衝動買い”してしまいました。
russian uniform (1).jpg
↑ロシア国内で開催されているW杯サッカーのロシア代表チーム仕様の赤いユニフォームです。

↓襟の辺りに「共に勝利へ」というマークも地味に入っています。
russian uniform (2).jpg

店に立寄った時には、「ロシア代表チームを応援」というムードが高まっていた最中でもあり、店員さん達もこのユニフォームを着て、胸にスタッフの名札を着けて接客をしているという状況でした。

価格的には、「1ルーブル=1円70銭程度」という極最近のレートで換算すると、「日本国内の店でこの種のユニフォームを求める場合と大差が無い?」と思えるような感じでした。

しかし、求めてみた筆者としては「価格以上のモノ」を感じています。傍目には、「某有名メーカーの、御馴染な“三本線”が肩の辺りに在る赤いシャツ」という以上でも以下でもないかもしれません。が、事前の低評価を跳ね返して決勝トーナメントに進出し、PKにもつれ込んだ2試合を戦ったという、永く語り継がれそうなロシア代表チームの活躍を、ロシア国内でテレビ観戦したという「貴重な記念品」だと思うからです。

ロシア語では「Tシャツ」のことを「футболка」(フトボルカ)と呼んでいます。或いは「サッカー(футбол=フトボル)をやる時に着ているようなモノ」というようなことから起こっているのかもしれない等と思えます。

画のデザインのユニフォームで2018W杯に臨んだロシア代表チームは、ベスト8で敗れてはしまいましたが、先行を許してしまっても追い付いてPKにもつれ込むという熱戦の末の敗退ですから「よくやった!ありがとう!」というような観方が圧倒的多数派を占めているように見受けられます。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)モノ