コルサコフ港に到着する<ペンギン33>(2017.07.27)

稚内港を発つ<ペンギン33>は“快速艇”という感じで、海上の状態が好い場合には定刻より「少し早い?」程度にコルサコフ港の水域に到達します。

コルサコフ港に到着する方達を出迎えに行ってみると、定刻より「少し早い?」程度にコルサコフ港の水域に到達した<ペンギン33>が待機していて、港が見渡せる高台に上がってみると、入港する際の動きがよく視えました。

↓“大泊”と呼ばれていた1920年代頃に整備された桟橋に向けて、<ペンギン33>は慎重に大きな弧を描くように近寄ります。
27-07-2017 P33 (1).jpg

↓停泊位置にゆっくりと近づきます。
27-07-2017 P33 (2).jpg
↑場所は嘗て<アインス宗谷>が利用していて、車輛甲板のハッチを着けるために、桟橋の高さを一段低くした箇所です。<ペンギン33>が小型なので、この場所が使い易い訳です。

↓オレンジのベストを身に着けた係員が、船上から放られる繋留索の端を受け取って柱に結び付ける態勢に入っています。少し離れた場所で、出入国を管理する“国境警備局”の係官が様子を見守っています。
27-07-2017 P33 (3).jpg

↓やがて繋留が完了すると、入国手続を行う場所へ乗客達を運ぶバスが桟橋上に登場します。
27-07-2017 P33 (4).jpg
↑バスが現れると、「そろそろターミナルで、迎える皆さんを待ちましょう…」という感じになります。

今季の<ペンギン33>は、6月初旬に荒天のために1往復が欠航を余儀なくされましたが、非常に順調に運航を続けています。

この記事へのコメント

  • 中林20系

    こんにちは。夏休みで恒例の北海道自転車放浪の…道北は今日が最終日なのですが、稚内連泊中の今朝、始発フェリーで礼文島へ日帰りしました。
    で、国際ターミナルに停泊中のペンギン33を発見。フェンス越しながら初めて拝見いたしました。
    意外だったのが距離。コルサコフまでの距離は存じてましたが、航路としては礼文より短かったんですね。

    フェリーとは比べるべくもない船体ですが、大型船による渡航とはまた違ったロマンを感じました。
    2017年07月29日 18:57
  • いつも楽しく拝見させて頂いています

    このペンギン33号が前日稚内に行く時に乗船しました。20分前位に出航し、かなり早く稚内に着きました。おかげさまでランチ営業に間に合い、
    駅前でかにラーメン食べれました。

    近づいてくる稚内港、そして街の綺麗さ、丁寧親切な職員の皆さんが非常に印象的でした。
    是非サハリンの皆さんにも、もっと稚内見てもらいたい!と思いました。
    サハリン、スーパーなどのものも結構物価高かったので、稚内で買った方が高品質低価格な気もしました。

    またこちらのブログのお陰で、ユジノサハリンスクやコルサコフを楽しく回る事が出来ました。
    これからもちょこちょこ拝見させて頂きます。
    2017年07月29日 21:48
  • 稚内市サハリン事務所

    >中林20系さん

    何時もありがとうございます。

    ↓北海道内の港を発着する定期フェリー航路の運航距離は、北海道開発局のウェブサイトで紹介されています。
    https://www.hkd.mlit.go.jp/ky/kk/kou_kei/ud49g7000000tu0e.html

    稚内・香深(礼文島)の航路は59㎞です。

    稚内の宗谷岬からサハリンのクリリオン岬の距離が43㎞です。これは礼文へ向かう航路の距離よりも短いです。

    稚内・コルサコフの航路は、稚内港から宗谷岬の沖に出てからアニワ湾を横断するようにコルサコフ港へ目指すので159㎞程度です。

    <ペンギン33>は概ね20ノットで航行しています。海の状態が好ければもう少し速度は上がるようです。1ノットは「1時間に1カイリ進む」ということで「1ノット=時速1.852km」という感です。「20ノット」であれば「時速40㎞弱」となり、稚内・コルサコフ間の航行時間は「4時間余り」となる訳です。

    機会が在れば、是非「稚内・コルサコフ」の航行の機会を…
    2017年07月30日 04:55
  • 稚内市サハリン事務所

    >いつも楽しく拝見させて頂いていますさん

    ユジノサハリンスクやコルサコフを巡られて、こちらのブログの記事を御参考頂いたとのこと、嬉しく思います。ありがとうございます。

    稚内のランチのお店は概ね午後2時位までという感なので、午後1時台の早い間までに船で着くと、ゆったりと食事を愉しんで頂けるのではないかと思います。

    稚内から視れば、サハリンは「本当に隣接している地域」ですから、互いに「気軽に往来」というようになって行くことが、双方にとって善いことであるように思っています。互いに「過ぎる程に手近な異国」ということで、「思い立って気軽に」となる姿を希望したいのです。

    これからもよろしくお願いします。
    2017年07月30日 04:56
  • まりん☆ぽらりす

    いつも楽しく拝見しています。このたび稚内市ふるさと大使を務めた内藤祐太ともうします。私と稚内とのつながりはまさにサハリンにあって、ご先祖様は豊原市出身です。昭和30年ごろ引き上げてきたのですが、その時の思い出話も語ってくれました。あと、「宗谷岬」という曲も大好きです。「ボーダーツーリズム」の岩下先生とも知り合いで稚内が日本の最果て=行き止まり ではなくて、その先もあるんだということを私も思います。またよろしくお願いします。
    2017年08月12日 20:10
  • 稚内市サハリン事務所

    >まりん☆ぽらりすさん

    こんにちは!
    ブログを御覧頂き、ありがとうございます。
    稚内は「樺太と北海道を結ぶ場」として発展した経過を有する街ですし、古くから交易等が行われた地で、多分「本当の端」でもないのだと思います。稚内・コルサコフ航路による、サハリンとの結び付きの中に未来を見出そうとしているのだとも思います。
    嘗ての豊原であるユジノサハリンスクは、色々な出自を持っているモノ、様々な時代のモノが交錯する独特な風情が在る街です。「最果てが出発地」ということで、是非御運び下さい。
    これからも宜しくお願い致します。

    2017年08月13日 07:45
  • 風来堂・平野

    初めまして。私、東京で本の編集をしております、
    株式会社風来堂の平野と申します。
    現在全国の特色ある交通機関を紹介する本を編集しておりまして、そのなかに、本記事に掲載の画像を使用させていただきたく、コメントいたしました。
    詳細をお伝えしたいので、記載のアドレスまでメールをいただけませんでしょうか。
    突然のご依頼で大変恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。
    2018年03月14日 21:51
  • 稚内市サハリン事務所

    > 風来堂・平野さん

    おはようございます。

    ブログを御覧頂き、ありがとうございます。

    こちらのブログに掲載の写真等を、何かで使用頂くような件に関して、詳しい内容等は「稚内市建設産業部サハリン課」へ御報せ願います。

    2018年03月16日 04:10