<ИЮЛЬСКАЯ ПАСТОРАЛЬ>(7月の田園詩) / ウラジーミル・チュイコ氏提供写真

ИЮЛЬСКАЯ ПАСТОРАЛЬ.JPG
(ウラジーミル・チュイコ氏提供写真)(<夏>より)

※ 6月から7月は光線が強く、様々なモノが「一層鮮やか」に感じられる季節です。
※ 空の蒼に対して、雲の白が鮮明で、他方で大地の緑も眩しい感じになります。
※ こういう様子を視ていると、一篇の詩を朗読する声や、軽やかなメロディーでも聞こえて来るかのような気分になるものです。

この記事へのコメント