<サハリン日本人会(北海道人会)>の白畑正義会長への「日本国叙勲伝達式」(2018.06.20)

サハリンでは<サハリン日本人会(北海道人会)>という団体が活動しています。第2次大戦以降にサハリンに残留した日本人に関する福祉活動、戦没者等の慰霊碑や墓碑の保全等の慰霊活動を行う団体です。

この<サハリン日本人会(北海道人会)>は、日本側パートナーということになる<NPO日本サハリン協会>と協力し、第2次大戦後にサハリン等に残留することとなった各地の皆さんの一時帰国や永住帰国等の取組をしており、他方で各地の慰霊碑等を保全する活動や、日本人来訪者の墓地訪問の御案内等の活動も続けています。

2018年4月29日に発表された「春の叙勲」で、<サハリン日本人会(北海道人会)>による福祉活動、慰霊活動への永年に亘る功績に対し、同会の白畑正義会長が<旭日双光章>を受章することとなりました。

その「伝達式」が、在ユジノサハリンスク日本国総領事館によって催され、平野総領事から<旭日双光章>が白畑会長へ伝達されました。稚内市サハリン事務所でも御招きを頂いたことから、伝達式に足を運んだところです。

「伝達式」には、90名前後の人達が参集し、地元報道機関の取材陣も集まり、何台ものテレビカメラが撮影しているような中で盛大に、同時に厳かに催されました。

↓白畑会長に<旭日双光章>と証書が贈られている場面です。
JUN20-2018 (1).JPG
↑筆者は、この種のモノが展示されているのを視た記憶は在りますが、実際に受章した方に伝達が行われている場面は初めて視ました。独特な厳かな雰囲気が漂います。

↓日ロ双方の大勢の参集者の前で、白幡会長が挨拶に立ちました。
JUN20-2018 (2).JPG

白畑会長は2009年に<サハリン日本人会(北海道人会)>の会長に就任されました。様々な事情で第2次大戦後にサハリン等に残留することとなった皆さんのことに関して、白畑会長御自身は「離散した家族や一族の問題」と表現されていましたが、戦後70年以上を経ても問題は残っているのです。白幡会長の就任以降だけでも、のべで746名が一時帰国をし、61名が永住帰国をしているそうです。

<サハリン日本人会(北海道人会)>では、サハリン州の色々な街に在る日本人に纏わる記念碑、慰霊碑に関して、それらの保全に努めると同時に、日本からの来訪者を御案内するような支援活動も同時に継続しています。

白畑会長は、そうした活動を評価して叙勲という栄誉に浴したことに感謝の意を、そして多くの関係者への御礼を申し上げたいとし、今後も日ロ両国の交流に資する活動を継続したいとされていました。

「伝達式」の席上、来賓や関係者の方達のスピーチが在りました。

ロシア側の来賓の方は「サハリンに、歴代の北海道知事を含むような“北海道代表団”がやって来るような場面では、何時もその傍らに白畑さんの姿が在ったということが思い出される」として、地域間交流を傍らで支えようとし続けて来た白畑会長御自身や<サハリン日本人会(北海道人会)>の真摯な姿勢を話題にし、「“友好交流への寄与で叙勲”という側面も在り、ロシア側としても今般の叙勲を大変な慶事として御祝い申し上げたい」とされていました。

日本側関係者の一方は、<サハリン日本人会(北海道人会)>が1990年に結成されて以来、28年間に亘る活動を続けていることに触れながら「白畑会長や現会員の皆さんに留まらず、多くの人達が活動に関わって来た経過が在る訳だが、そうした全ての人々に対する感謝を形にしようという国の意図が、今般の叙勲なのだと思う」とされ、「国が評価する立派な活動を続けていることを誇りに、活動を次の世代へ受け継がれることを、そして私達と手を携え合った取組を永く続けられることを希望する」とされていました。

<サハリン日本人会(北海道人会)>の皆さんによる一時帰国に関しては、稚内市でも「親族が待つ国への出入口」として永く関わって来た経過が在り、皆さんとは「何時も気持ちは隣り合った場所に在る。実際に物理的な距離も近い」という間柄です。そういう意味も在って、今般の白畑会長の叙勲については、心よりお祝い申し上げます。

この記事へのコメント