「カスタマイズ」も可能なハンバーガー(2018.07.05)

近所にハンバーガーを主体にする店がオープンして、立寄ってみて、「言葉遊び」で不思議な名前が付いたハンバーガーを頂いてみたということをこのブログで御紹介しました。

>><PRO100БУРГЕР>は何と読む??(2018.06.12)

<PRO100БУРГЕР>の「PRO100」は、「普通の」というような意味合いの「просто」(プロスタ)と読ませ、<PRO100БУРГЕР>(プロスタブルゲル)と呼ぶ「普通のハンバーガー」という代物でした。

こういうハンバーガーに関して、野菜類や調味料や、更にはハンバーグまで、有料で追加出来る“オプション”が在ることが判り、最近はそういうのを御願いしてみることが在ります。「普通の」というような意味合いの「просто」(プロスタ)が、「あなただけの特別なモノ」になる訳です。

↓ハンバーグを追加で「ダブル」にしてみたモノです。
05-07-2018.jpg
↑ハンバーガーを2つ求めるより安価ですが、殆ど「2つ頂いてしまう」のと大差が無いような満足度ということになります。この店のハンバーグは、ロシア国内では一定の高い評価を受けている牛肉が使われているというように聞きます。

日本国内でも、この店のようなハンバーガーを供する店は多々在ります。

インターネットの検索で「美味いハンバーガー店 〇〇」(〇〇に方々の大都市圏の名前等を入れる)というように検索すると、沢山のウェブサイトの例が見受けられます。

そうしたウェブサイトに写真入りで紹介されているようなハンバーガーを視る限り、上記のユジノサハリンスクの店で頂くことが出来るモノと然程差は在りません。

更に、筆者はそういうウェブサイトに出ている各地のハンバーガーの店に関して、極々限られた数ではありますが、実際に立寄ってハンバーガーを頂いてみた想い出も在ります。勿論、店毎に各々の美味しさは在って甲乙は付けられませんが、それらとユジノサハリンスクの店のモノを比べて、どちらも互いに遜色は無いように思えます。

ユジノサハリンスクでは、「全然知られていない、出回っていないようなモノが多用されている」というような特殊な料理でもない限り、日本国内や他の国や地域で頂くことが叶いそうなメニューであれば、「他の国や地域と何ら変わらないようなモノが普通に頂くことが出来る」という状態に在るように思います。要は「何でもそれなりに揃う」のです。

それにしても、ここで話題にしたハンバーガーのようなモノは個人的に好きで、思わず「記念写真」を撮ってしまい、後から写真を眺めて「あれが好かった…」とまた頂こうと、食事の時間帯になると出掛けてしまいます。

この記事へのコメント