2018W杯仕様のロシア代表ユニフォーム(2018.07.07)

ユジノサハリンスクの街の南側、空港へ向かう途中に在る広い敷地に大型商業施設の<シティーモール>が在ります。

空港より更に南のコルサコフからユジノサハリンスクへ引揚げる途中で、バス停も在るので、コルサコフまで出てみた帰り道に寄り道をしました。

<シティーモール>の館内は、大小様々なテナントが入っていて、館内を歩くと「一寸した商店街の中に居る」ような感じです。

有名スポーツ用品メーカーの関係の店がテナントに入っていて、通路から硝子越しに少し目立つモノが陳列されているのが視えました。

↓硝子越しに「好いな…」と思い、中に入って眺めて、幸いに自身のサイズが在ったので思わず“衝動買い”してしまいました。
russian uniform (1).jpg
↑ロシア国内で開催されているW杯サッカーのロシア代表チーム仕様の赤いユニフォームです。

↓襟の辺りに「共に勝利へ」というマークも地味に入っています。
russian uniform (2).jpg

店に立寄った時には、「ロシア代表チームを応援」というムードが高まっていた最中でもあり、店員さん達もこのユニフォームを着て、胸にスタッフの名札を着けて接客をしているという状況でした。

価格的には、「1ルーブル=1円70銭程度」という極最近のレートで換算すると、「日本国内の店でこの種のユニフォームを求める場合と大差が無い?」と思えるような感じでした。

しかし、求めてみた筆者としては「価格以上のモノ」を感じています。傍目には、「某有名メーカーの、御馴染な“三本線”が肩の辺りに在る赤いシャツ」という以上でも以下でもないかもしれません。が、事前の低評価を跳ね返して決勝トーナメントに進出し、PKにもつれ込んだ2試合を戦ったという、永く語り継がれそうなロシア代表チームの活躍を、ロシア国内でテレビ観戦したという「貴重な記念品」だと思うからです。

ロシア語では「Tシャツ」のことを「футболка」(フトボルカ)と呼んでいます。或いは「サッカー(футбол=フトボル)をやる時に着ているようなモノ」というようなことから起こっているのかもしれない等と思えます。

画のデザインのユニフォームで2018W杯に臨んだロシア代表チームは、ベスト8で敗れてはしまいましたが、先行を許してしまっても追い付いてPKにもつれ込むという熱戦の末の敗退ですから「よくやった!ありがとう!」というような観方が圧倒的多数派を占めているように見受けられます。

この記事へのコメント