遅めな夜明と噴水の水…:<チェーホフセンター>前(2018.11.14)

↓東寄りな空が明るい感じになり、雲が独特な色彩を帯びていました。未だ“夜間”の照明が消えていない状況下、「凄く好い感じ!」と足を停めました。
14NOV2018morning (1).jpg
↑腕時計に眼を落せば、午前8時少し前で、少しずつ通り過ぎる車輛や通行人が増え始めています。“夜間”の照明に浮かび上がるのは、劇場の<チェーホフセンター>です。

「ユジノサハリンスクの午前8時」は「稚内(=日本時間)の午前6時」です。11月も半ばで、朝の明るくなる時間帯がかなり遅めになっています。

↓<チェーホフセンター>の建物正面側に廻ってみました。
14NOV2018morning (2).jpg
↑硝子張りの部分に、通りを挟んだ向かいに建つサハリン州政府本庁舎の様子が映り込んでいます。

<チェーホフセンター>の建物正面側には噴水が据えられていますが、既に水が抜かれて“冬季”の態勢です。10月から11月に暦が変わるような頃、各所でこうした措置が講じられていたようでした。既に紅葉した葉が残っている木の方が少数派で、加えて噴水のようなものが「冬季態勢」で、「いよいよ冬か?」という感です。

ユジノサハリンスクでは、この画のような「明るくなる前の朝早く」という時間帯には、「0℃以下」という日が多くなっています。他方、少し前に降水が見受けられた日には気温が偶々少しだけ上っていて“雨”だったので、何となく「雪が遅れている?」というような気もします。昨年を振り返ると、11月半ば辺りで既に雪が降ったり融けたりという感で、雪解けの水分が凍って、妙な箇所がテカテカになっていたというような場面も見受けられました。そういう「多少危ない場合も…」を免れているので、雪が遅れていることは然程気になりません。

この時季、午前8時で薄暗い訳ですが、「朝日の光で面白い様子になる空」を観ることが出来る機会が拡がっているとも考えられる訳で、こういうのも「悪くない…」と思う昨今です。

やや「遅れている?」雪…:雨のレーニン広場(2018.11.09)

朝の気温が「0℃以下」というのも珍しくない具合になって来ています。

こういうようになると、「そのうちに雪…」と思うのですが、低温の日は好天傾向で、雪にはなかなか見舞われません。

↓金曜日の夕刻、こういう按配になりました。
44890719505_856179fa51_k.jpg
↑昼頃から雨が交じるようになり、路面が濡れ、前日には「何故か点かない?」という状況だった広場の街灯が灯り、光やレーニン像等の構造物が路面に映り込んでいます。

雨の様子を眺め、「気温が低めな時間帯の降水なら雪になる…」と考えましたが、雨交じりな状況になって気温は多少上昇して「プラス8℃」というような次元が続いています。多少「寒々しい」ことは否めないものの、未だ“雨”で、“雪”ではありません。

↓何処となく「前年と勝手が違う?」という気がしていたのですが、前年の同日(=2017年11月9日)には雪が降り積もっていました。
>>雪が本格化へ?(2017.11.09)

前年との比較で「雪がやや遅れている?」という感ではありますが、それでも冬用の温かいアンダーウェア等を引っ張り出してみたり、店で視掛けた使い易そうな手袋を求めてみたりと、「冬が近付く」とか「冬を迎えている」という“気分”に大きな差は在りません。

灯りが点かない?!:レーニン広場(2018.11.08)

このところ「早朝は0℃以下(=氷点下)」という気温が“定着”した感で、薄暗い朝に戸外へ出る場面では「妙な凍結箇所が?」と少し注意するので、変に気が張ります。対して日中にはプラス6℃やプラス8℃という具合で、好天であれば陽射しが心地好い場合さえ在ります。そして日が傾き、沈んで行くような頃に至っても、未だ然程気温は下がりません。そんな「気温が下がり切らない」という感じで好天の夕刻は、「妙な凍結箇所が?」という懸念も無用で、何か安堵感のようなモノを抱きながらゆったりと辺りを動き回ることが出来ます。

好天傾向が続いていて、ゆったりと辺りを歩くことも出来るような雰囲気な夕刻、ユジノサハリンスク市行政府本庁舎前に差し掛かりました。

↓大きなレーニン像が在る広場は、レーニン像の背中側が西寄りで、夕刻に眺めると美しい場合が多く在ります。そして空の様子は毎日変わる訳で、何度視ても愉しいものです。
08-11-2018 evening (1).jpg
↑この日も、西日の光線で空の一部が染まり、なかなかに好い感じに視えました。

「無事に一日が過ぎたことに感謝」というような気分にもなって、好い具合に配置されているベンチに陣取って一息入れながら、景色を眺めました。

↓低い空の夕焼けを、高い空からのナイトブルーが段々と呑込むという具合に、空模様が「夜らしさ」を順次加えて行く感です。
08-11-2018 evening (2).jpg

こういう様子に少し見入っていましたが、程無く「小さな違和感?」を覚えました。

↓「何時も」のこの場所は、下記記事で御紹介したような様子なのですが、「一寸?違う??」という様子なのです。
>>早まる“点灯”…:レーニン広場(2018.10.28)

レーニン像の脇の側に、ランプが3つ組み合わさった街灯が並んでいて、通常は道路の街灯と同時にそれらが点灯します。が、この日は道路の街灯が点き、道路の街灯の灯りの光に広場の構造物が半ば浮かび上がるかのようになった後も、レーニン像脇の街灯が点かないのです。

何かアナウンスが在ったというのでもないと思いますが、恐らく広場の電気関係の工事でも行っているのでしょう。何か不思議な感じがしました。

「何時ものように」という中で、日々の様子の変化を視るのが面白い訳ですが、時には「何時もと一寸違う?」というのも発生します。

中庭の木…(2018.10.31)

稚内市サハリン事務所が入っている建物の辺りには、辺りの3棟の建物に囲まれている、中庭のようになっている箇所が在ります。こういう構造の故に、表通から稚内市サハリン事務所を目指そうとすると、時々「入口が判り悪い?」ということも在るのですが。そして中庭は駐車スペースに利用されています。

↓その中庭に1本のナナカマドが立っています。
30703454147_ab19cb699c_k.jpg
↑概ね10月一杯で、順次紅く色付いた葉が落ちてしまい、青空に映えるような“赤い実”が枝に残るばかりとなっています。

或る時、「事務所の“大家さん”」ということになるビルのオーナーと建物の玄関辺りで挨拶を交わし、何となく立ち話をしていました。

中庭に在るナナカマドが綺麗に紅葉していて、「なかなかに好い」という話しになりました。ナナカマドはユジノサハリンスクでは人気が在る、市民に親しまれている種類の木であるようにも見受けられます。

ビルのオーナーは、恐らく60歳台と見受けられるのですが、時々お話しを聴く感じでは、古くからサハリンに住んでいたロシア人一家の出である様子で、彼が極若い頃には未だ多目に在ったという樺太時代の建築等が目に馴染んでいたようです。ナナカマドに関しては、古くは「家々の小さな庭に、多く植えられていたものだ」と話されていました。

そして彼は言いました。「あの木を伐ってしまうと…間違いなく車1台分の場所が増えて便利にはなる。が…それだけだ。あの木は、何となく好いから手を着けていない」とされていました。

現在の稚内市サハリン事務所が在る辺りは、樺太時代にも店やオフィスの入った建物が集まった一画だったようすですが、或いはこのナナカマドは、そういう建物の間に植えられていたモノなのかもしれないなどと想像しました。

ナナカマドの“赤い実”が枝に残るばかりというように、「色付いた葉」が少なくなってしまうと、冷え込みや雪が間近になって来ます。
31-10-2018_tree.jpg

紫…:レーニン広場(2018.11.03)

好天に恵まれた休日、ゆっくりと気侭にしている間に、何時の間にか夕刻に入っていました。

↓一寸戸外へ出て、思わず足を停めました。
03NOV2018-evening.jpg
↑上空の風に雲が流されてしまい、「西日の光で雲が染まる夕暮れ」という状態が発生する確率が意外に低いように思えるので、「これは好い…」と暫し眺め入っていました。

こういうように「思わず足を停める」に出くわすことは多い訳ですが、最近は「余り長く足を停めていられない…」と思える場合も在る程度に風が冷たくなっています。最近、戸外に出る場面ではニットのキャップ―幾つか使っていますが、このところはバスケットボールチームの<ヴォストーク65>のマークが入ったモノが気に入っています。―を被って出るのが賢明と思えるようになりました。日中でも10℃に届いていないと見受けられる日が多くなっているユジノサハリンスクです。

<スタリッツァ>:早朝(2018.11.03)

休日の早朝、天候が好さそうなので少し歩きました。

↓都心部の南寄りで東西に延びるプルカエフ通と、都心部の少し東寄りを南北に延びるコムソモリスカヤ通とが交差する辺りです。
03-11-2018 morning (20).jpg
↑商業施設やオフィス、コンサート会場にも使用可能なカンファレンスホールが集まった施設の<スタリッツァ>が視えます。低い方の建物が地下1階の地上3階の建物で、背が高い建物は10階建てです。

何時も交通量が多い箇所なのですが、こうして休日の朝に視ると酷く静かで不思議な感じもします。背が高い方の建物は、壁面が硝子張りなので、写真に撮ると空の色が跳ね返って「青い壁」のように見えます。

駐車場は大概が「殆ど満車…」なのですが、この早朝の時間帯は何かで展示しているらしい乗用車が1台在るだけです。これも少し不思議な感じがします。「何時も一杯の車は何処に?」と妙なことを考えながら、コムソモリスカヤ通を北上しました。

雨上がりに…:レーニン広場(2018.10.29)

日本国内からサハリンを訪れた人達が口にする「気付いたこと」の一つに、「雨の後に水が少し多くないか?」ということが在るように思います。道路の脇等の側溝の造りの関係で、何となく「直ぐに水がはけない」というような感じがして、“水溜り”というような感じでもなく「辺りが全般に濡れている」という状態が多少続くように見受けられます。

↓先日、少し強めだった降雨が落ち着いた後の様子です。
29-10-2018 erly-evening (1).jpg
↑広場の手前の道路が、池や湖のような場所でもあるかのようです。大きな銅像を含めた地上の構造物や広場の木々、空の色や雲が路面に映り込んでいます。

この日の日中、雨はなかなかに強い勢いで、激しい降雨と河川の増水への注意喚起が為されているという話しも聞こえていました。そんな日の夕刻に降雨が落ち着き、少し光も射したので安堵していました。

↓そういう中で、こういう光景に出くわして、何となくゆっくりと観ていました。
29-10-2018 erly-evening (2).jpg

それは好かったのですが、この場所は交通量が多いので、「車が途切れて、路面に色々なモノが映り込んでいる様子が視られる」というタイミングは酷く限定的なものになってしまいました。

何処の地域にでも、「雨で濡れた路面と映り込み」という不思議な眺めは発生し得るとは思いますが、ユジノサハリンスクはその頻度が多少高いかもしれません。

このところ、少し寒さが増す中、「1日の中で天候が変わり易い」状態が増え、「不意に雨が降った後に晴れる」という日も多くなっています。

早まる“点灯”…:レーニン広場(2018.10.28)

土曜日は「荒天への注意喚起」というような状況下に在り、ユジノサハリンスク市内でも「戸外に余り出たくない…」と思える程度の強風で、どんよりした曇りと雨交じりという状態が少し長く続いていました。

そういう状況から明けた日曜日、朝から好天に恵まれていました。その他方、多少風が冷たく、戸外を動き回ると「手が冷たい…」と思える場面も在りました。

↓夕刻のレーニン広場です。
28OCT2018-evening (1).jpg
↑こういう具合に灯りが点く時間帯が午後6時半頃になりました。

灯りが点く時間帯は、多少は暗い感じがしますが、西寄りの空には存外に長く「明るい感じ」が残り続けます。

↓多少時間を経て、大きなレーニン像が「灯りの光に浮かび上がる」というような具合になっても、「明るい感じ」が残っています。
28OCT2018-evening (2).jpg
↑午後6時45分を迎えようかという頃の様子になります。

もう少々温かかった時季、こういう様子をぼんやりと眺めるのが心地好かったのですが、最近は「多少、手が冷たい…」ということになり、余り長くは居られない感じになって来ました。そういうように寒さが増すに連れ、灯りが点く時間帯も早まります。

“冬”へのカウントダウン!?:<SAKHALIN 2019 - 1st Winter Children of Asia International Sports Games> 第1回 冬季国際少年スポーツ大会<アジアの子ども達>まで「104日」(2018.10.28)

土曜日はどんよりと曇って雨も交じり、午後から夕刻はかなり風も強い感じでした。そういう情況が落ち着いて、好天に恵まれていた日曜日の早朝、朝食を摂りに出た序でに辺りを少し歩きました。

↓サハリン州政府本庁舎の前です。午前7時半を過ぎたような頃ですが、未だ夜のような雰囲気も残ります。休日で静かなので、余計にそういうような気がしてしまう面も在ります。
SAKHALIN2019-104days.jpg
↑濡れた舗装面に光が跳ね返っていますが、庁舎前に何か不思議な機器のようなモノが在って、電光表示を視ると「104日」と読めます。

これは2019年2月8日に開幕するという、<SAKHALIN 2019 - 1st Winter Children of Asia International Sports Games> 第1回 冬季国際少年スポーツ大会<アジアの子ども達>の「カウントダウンタイマー」です。今年の3月23日に除幕式が催され、その時は「323日」でしたから、何時の間にか時日が流れました。

これを視ていると、「冬季競技のシーズン=冬の催事へのカウントダウン」なので、何となく「本格的な冬へカウントダウン?」というようにも思えます。が、100日と言わず「あと何日で雪が降り始める?そして積もる?」という気がしないでもない昨今です。

滲む「十六夜の月」:レーニン広場(2018.10.26)

↓午前7時半頃です。未だ灯りが点いています。
26-10-2018 izayoi (2).jpg
↑レーニン像の背中側、西寄りの空には「十六夜の月」が滲んでいます。

↓数分間、様子を眺めていましたが、灯りが程無く消えました。
26-10-2018 izayoi (1).jpg
↑月は少し輝きを失って「沈んで行く少し前」という趣きで、相変わらず滲んでいます。

こうして早朝に月がよく視えましたが、日中も好天に恵まれました。