タグボート:プリゴロドノエ(2018.09.26)

ユジノサハリンスクから車で小一時間程度南下すると、港町のコルサコフに至ります。そのコルサコフから東側へ車で20分程度進むとプリゴロドノエに至ります。

プリゴロドノエは、樺太時代には女麗(めれい)と呼ばれていて、日露戦争の末期に樺太占領を目指した日本軍が上陸した場所として知られています。が、現在は「天然ガスの液化工場」を擁する場所として知られています。

サハリンの北部、オホーツク海の海底から天然ガスや石油が産出します。その天然ガスや石油がパイプラインで南下し、このプリゴロドノエに送り込まれます。

石油に関しては、プリゴロドノエの沖に設けられた施設からタンカーに石油が積み込まれて方々へ届けられます。

天然ガスに関しては、2基の巨大なプラントを擁する工場で液化され、沿岸の専用桟橋で巨大な容器を搭載した専用輸送船に液化天然ガス(LNG)が積み込まれて方々へ届けられます。

プリゴロドノエの天然ガス液化(LNG)工場からは年間に1千万トン程度が送り出され、その多くは日本の需要家に届けられているといいます。そしてそれは、日本のLNG需要の1割程度を賄っているそうです。

こうした資源を輸送する船は、各国の造船技術の結晶のような、全長200mを超える場合さえ在るような巨大なモノです。巨大な船が安全に桟橋に繋留し、安全に出航する動きをサポートするためには、練達の乗員が操船する強力なタグボートが不可欠です。

↓プリゴロドノエの海岸から、その資源を輸送する船のサポートで活躍しているタグボートが視えていました。
Progorodnoye 26-09-2018 (1).jpg

聞けば、プリゴロドノエでは石油のタンカーが月に5回から6回、LNGの船は「概ね毎日」というような頻度で出入りしているそうです。上の写真に在るようなタグボートが何隻か運用されていて活動しています。

毎日のように忙しく働くタグボートですが、当然ながら定期的なメンテナンスが必要であり、部品交換や修理の必然性が生じる場合も在ります。実は、こうしたプリゴロドノエで活動しているタグボートの一部に関しては、稚内の造船や船舶修理の会社に送り込まれ、稚内港内の乾ドックで整備や修理を行っている経過が在ります。

プリゴロドノエから視れば、稚内は「最も至近な、乾ドックを擁する造船船舶修理の出来る会社が在る港」ということになります。忙しいタグボートですから、定期メンテナンスのために現場を離れる期間は短い方が好ましい訳で、「至近の稚内港」は好都合なのです。

↓この日は朝の雨が上がり、天候が好転していたものの、複雑に雲が拡がり、空と海は強い印象を残すような感じになっていました。
Progorodnoye 26-09-2018 (2).jpg

プリゴロドノエのタグボートは「都市を支えるエネルギーの輸送」を支援している訳ですが、稚内港はそのタグボートを支援しています。互いに「縁の下の力持ち」という感です。

(関連)
>>サハリン近海を行くLNG専用船(2018.09.07)

<СУШИ МАРКЕТ>(スシ・マルケト)(2018.07.07)

↓「休日の土曜日に朝から好天」という状況に誘われて辿り着いた、朝のコルサコフの街角で視掛けました。
07072018korsakov.jpg
↑飲食店?料理を配達するケータリングの店?営業開始には早過ぎる朝なので、状況はよく判りません。

<СУШИ МАРКЕТ>(スシ・マルケト)は「寿司マーケット」という程の意味なのだと思いました。左側の入口と見受けられる辺りには、「日の丸?」という感の赤い円の上に、盃か何かのようなモノと箸を思わせるモノを組み合わせ、何やら「神社の鳥居?」と視える形が描かれています。なかなかにクールなデザインです。

そして右側の壁に眼を転じると、看板が貼り付けられています。箸を立てたような、料理が入った容器を手にしている、アジア系の人物と思えるキャラクターが視えます。「何処の何者だ?!」というように思いました。中国の何処かの地方の衣装か、ベトナムか何処かの衣装を思わせる衣服や“傘”を身に着けているように視えます。

看板には、「ピザ、ロール、スシ、チキン、ヴォク」とあって、アプリを手持ちのスマートフォン等にダウンロードすると割引が受けられる仕組みが在るというような案内がされています。

“ピザ”や“スシ”はイメージし易いモノです。“ロール”は巻き寿司を基礎に、或いは巻き寿司からの着想を受けて各国で発展したモノで、サハリンでもよく視掛けます。“ヴォク”とは、中国の一部やベトナム等を起源とする麺モノらしいです。“チキン”は揚げたモノか焼いたモノかは判りませんが、日本で“鶏肉”と書かずに“チキン”と書く場合が在るのと似たような感じで用いられている表現であると思われます。

こういうのを視ると、「日本に由来の…」という文物が「殊更に特別でもないモノ」として、日本とは異なる文化が主流を占めている場所に受容れられていることを思います。と同時に「“非アジア”の文化圏では、“アジア”はとりあえず何でも一緒」と思われている面も在るのだということにも思い至ります。

それにしても何か不思議な感じがしますが、この店のように「アジア由来の料理」を採り入れている飲食店、またはケータリングの店は方々で存外に視掛けます。

コルサコフ港にクルーズ船<ダイヤモンド・プリンセス>が登場(2018.07.07)

休日である土曜日に「朝早くから晴天」という状況が見受けられました。何か「こういうのも久し振りな感じがする…」と思い、朝から少し歩き回り、多少御無沙汰しているコルサコフ港の様子を視に出掛けてみました。片道135ルーブルの路線バスに乗車しました。

↓「摂政宮殿下」と呼ばれていた皇太子時代の昭和天皇が立寄られているという挿話が伝わる高台に上り、コルサコフ港の様子を視ました。
Port Korsakov 07-07-2018 (1).jpg
↑ユジノサハリンスクからコルサコフへ向かう沿道で、バスの窓から「大きな船?」が視えていましたが、コルサコフ港沖に大きな船が停泊しています。

大きな船が向こうに在り、画の左側に視える1920年代に整備されたという、稚内・コルサコフ航路の船も発着する場所になっている桟橋が視えますが、港の側に小さな船が進んでいます。

↓小さな船が防波堤で囲われた辺りに入り込みました。画の左側に同じ型と見受けられる船が停泊し、陸にバスが列を成している様子が視えます。
Port Korsakov 07-07-2018 (2).jpg
↑これは沖に停泊しているクルーズ船の、コルサコフに上陸して観光をする人達が往来している様子です。

朝の時間帯でしたが、小型の船でクルーズ船からコルサコフ港の指定の岸壁に向かい、そこで手続を行って順次上陸し、待機しているバスで動き回る等する訳です。

少し遠くに停泊していたクルーズ船の船名は視えませんでしたが、後で聞けば<ダイヤモンド・プリンセス>という船でした。全長290m、全幅37.5m、総トン数が115875トンという船で、2004年に建造されて2014年に改装を施したのだということです。乗客定員が2706人で乗組員が1100人といいますから、「3千人規模の小さな町が海上を動き回る」ような感じなのでしょうか。

コルサコフからユジノサハリンスクへ引揚げる途中に、大型商業施設の<シティーモール>が在ります。実は筆者はそこに寄り道をしましたが、眼下に望んだ港に上陸したクルーズ船の乗客の皆さんのグループを視掛けました。互いにロシア語以外と聞こえる言葉で話していて、目印のバッジを付けている、或いはサハリンの旅行会社のロゴマークが入った黄色のTシャツを着た係員が近くに居るという状況で、クルーズ船の皆さんであると気付きます。

聞けばこの上陸した皆さんは、方々を見学する等する他、希望に応じて文化体験をする等して「サハリンの一日」を楽しまれたようです。

このクルーズ船が入るコルサコフ港を擁するコルサコフ地区でも、「クルーズ船で多くの人達が訪れる」という状況に強い関心を寄せており、文化センターで歓迎コンサートを毎度催すというようなことを行いながら、観光インフラの整備という課題に注目しているそうです。そしてコルサコフ港に関しては、この種の大型船が接岸出来ることも目指す、港の整備の構想も持ち上がっているそうです。

それにしても「全長290m」というのは大きいです。このクルーズ船の同型を除く他の船であれば、例えばLNG運搬船やタンカーの中の「際立って大きい部類」でもなければ視られないような大きさで、「世界の海で航行する民間船の中で最大級」なグループになるかもしれません。

全くの思い付きでコルサコフ港に出てみて、少し面白い場面に出くわしました。

上空から望むコルサコフ港(2018.04.16)

飛行機の窓から、「あそこだ!!」と判る場所の様子が視えると、何か凄く嬉しいような気がすることが在ります。

↓コルサコフ港が視えました。
birds eye - Korsakov.jpg
↑画のやや右側に、クレーンが林立する2本の桟橋が突き出していますが、そこがコルサコフ港です。より右側が南埠頭で、稚内・コルサコフ航路の船が利用する場所で、左側はコンテナ船等が見受けられる北埠頭です。

こういう様子は、筆者の個人的経験に照らすと「最後列の窓側」というような座席に着くと、視て写真を撮るのに都合が好い感じです。

ウラジオストクからユジノサハリンスクへ向かう早朝のフライトを利用しました。ウラジオストクから大陸の上空を北上する飛行機は日本海洋上に出た後、サハリン島の南西側が視える辺りを抜けて、アニワ湾上空で機首を少し北のユジノサハリンスクへ向けているようです。そのアニワ湾上空でコルサコフ港がハッキリ視えました。

船で海側から望む、コルサコフの高台で陸から望むということでコルサコフ港は何度となく視ていますが、「上空からハッキリ判る具合」で視たのは初めてでした。大変に幸運なフライトでした。

早春の趣:コルサコフ港(2017.04.07)

休日の土曜日の朝、思い付いてバスに乗ってコルサコフ港を眺めに行ってみました。

↓既に「しつこい残雪」というようなモノが残るばかりで、冬の間に枯れて雪に埋まっていた草が視えるようになっています。
コルサコフ港(2018.04 (1).jpg
↑画は大き目な、コンテナを積んだ船が主に出入りしている北埠頭です。

この日は後から「雪交じり」となってしまった寒い日でした。雲が厚めな時間帯が長く、朝の明るい筈な時間帯でも「薄暗い?」ように感じます。

↓少し前の「流氷」の時季とは、様相が大きく変わっているのが面白いと思いました。
>>流氷に覆われたコルサコフ港の夕暮れ(2018.02.19)

↓南埠頭側、市街側を視てみました。
コルサコフ港(2018.04 (2).jpg
↑こちらの側も、しつこい残雪が残るばかりです。

稚内等でも或る程度言えるように思うのですが、こういう具合に「しつこい残雪が残るばかり」という時季に入った後、「日が長くなって、晴れれば陽射しが心地好い他方で風が冷たい場合も在る」という“早春の趣”が非常に長く続くというのが「北国の特徴」のように思えます。コルサコフ港の辺りも、“早春の趣”が長く続くことでしょう。

コルサコフ:消防署前の消防車輛(2018.04.07)

↓消防車輛の「赤」が殊更に鮮烈に視える感じな朝でした。
07-04-2018 コルサコフ消防.jpg
↑雲が厚めで、明るい筈の時間帯にも薄暗く感じられ、夜から翌朝に降雪や僅かながらも積雪が見受けられたという寒い土曜日でした。

コルサコフの地区行政府庁舎の裏側に坂道が在り、坂道を少し下りた辺りにこの消防署が在ります。周辺には警察署や病院も在り、「街の中心街」という様相です。他方、傍には<亜庭神社>の石段の一部が残っている場所や、「摂政宮行啓の折りに…」という挿話が伝わる高台へ続く道が在り、コルサコフを訪ねて散策するには好いかもしれない場所です。

消防署前の車輛は、ロシア製のトラックを改造したと見受けられますが、こうやって消防署前に駐車中であったり、街を走っている車輛を視る限りでは「最もポピュラー?」と見受けられる型です。

ロシアでは消防の仕事は「非常事態省」が定訳となっている連邦政府機関の管轄で、サハリンでも「サハリン州総局」というような統括部門の下に、各地区の消防署が設けられて活動しています。コルサコフの消防署も、そうした機関ということになります。

それにしてもこの消防車輛は、確か軍隊で荒れ地をものともせずに走る輸送車輛としても使われているような型で、太く大きなタイヤが装着されていて「何処へでも駆け付けて働く…」という力強さが感じられます。こういう車輛は、暇な方が「平和」で好いということになるのだと思いますが、「頼もしく視える」というのも大切なポイントなのかもしれません。

流氷に覆われたコルサコフ港の夕暮れ(2018.02.19)

稚内港からコルサコフ港へ向かう計画の貨物船に関して、コルサコフ港の氷の状況が在ることから、出航を順延したという話題が伝わって来ました。

↓下記のリンクで配信されているような情報でもアニワ湾に氷が入っている状況は判ります。そして、偶々アニワを訪ねて海面が凍っている様子を視た経過が在ります。そういうことで、何やらコルサコフ港の様子が酷く気になり、夕刻に足を運んでみました。
>>【海氷情報センター 海氷・流氷の速報】

↓午後6時半を過ぎてしまった辺りです。「摂政宮殿下行啓の折り」という1925年の出来事が伝わる高台に上がり、コルサコフ港の北埠頭を望みました。
コルサコフ港の流氷 (1).jpg
↑埠頭に停泊中のコンテナを積んだ貨物船のような、少し大きな船は氷に負けずに動き回っている様子が伺えます。

ここの氷には“隙間”が在って、海面が覗いています。その覗く海面が夕陽の光を受けて、独特な色彩に光っています。

↓眼を転じて南埠頭の側を望みました。
コルサコフ港の流氷 (2).jpg
↑画の奥、右側に林立しているクレーンの左側に、夏季には稚内・コルサコフ航路の船が発着していた場所が在ります。防波堤の内側や周辺は、最近の低温傾向で氷が厚くなっているような感じです。

↓更にコルサコフの街の側を望みました。
コルサコフ港の流氷 (3).jpg
↑早朝の低温が、日中の好天の中で上昇し、この時は氷点下10℃を上回っていたのですが、日が落ちるとまた気温が低下して行きます。そういう「温度変化の境界」のような時間帯です。

↓右が北埠頭、左が南埠頭という位置関係になります。両埠頭に挟まれて、水流が緩くなっていると見受けられる辺りの氷が厚く、手前のコンテナが積まれている用地の積雪と、色が見分け悪いような感じになっています。
コルサコフ港の流氷 (4).jpg

スタロドゥプスコエで視た「白い“埋立地”?」のようになっていた流氷を想い起すと、コルサコフ港のモノは「海上の大小様々な氷が流れて集まっている」という「流氷らしい」雰囲気であるように思えます。

船が動いて浮かぶ氷が押し分けられ、それがまた集まって、寒気で凍ったというような痕跡が判りますが、北埠頭に停泊しているような大き目な船でもなければ、ここを航行するのは少し難しいことでしょう。

そんなことを考えながら様子を視ていた僅かな間に、夕陽は低めな空の雲に隠れ、高めの空の雲の色や、雲の間に覗く空の色が変わって来ました。

↓何か「春を待つコルサコフ港」という風情が漂う光景でした。
コルサコフ港の流氷 (5).jpg

こういう状態であれば、風や気温の状況が変われば「俄かな変化」が起こって、船が航行し易くなることもあるでしょう。

コルサコフ港北埠頭(2018.02.03)

休日の朝、未だ暗い午前8時前にふと思い立って鉄道駅の前のバス乗り場へ足を運び、コルサコフへ向かいました。

バスがユジノサハリンスクから南下する小一時間の間に、夜が明けて明るい感じになりました。コルサコフでは、「摂政宮殿下が行啓の折り…」という故事が伝わる、港を一望できる高台へ向かいました。道路の除雪は施されており、路面がやや硬く凍ってはいましたが、何とか目指す高台に辿り着きました。

↓眼前にコルサコフ港北埠頭の様子が拡がります。
コルサコフ港北埠頭 03-02-1018.jpg
↑浪静かな港の辺りで、海面が凍っているか、半ば凍っている状態です。サハリンに入る物資の大きな部分を占めているらしい、ウラジオストクからのコンテナを積んだ船が北埠頭に停泊中で、画の右下辺りでは、港に出入りしているトレーラーも動いています。彼方の、サハリン島南西部の山地に至るまで、朝陽の光に染まっています。そして、西天の彼方に去ろうとしている朝の白い月も視えました。

こういうような雰囲気は初めてであると、感動を覚えました。

他方、氷点下15℃近い中、やや強めな冷たい風が、特に遮るモノも無い高台をなかなかの勢いで吹き抜ける状況は、「風が微弱な状態での更に低い気温」よりもキツいことは免れ悪いと思いました。

コルサコフ港の早朝(2017.11.04)

コルサコフで新たな仲間と出逢い、各々に好い経験が出来たという、<サハリン友好都市青少年交流事業>に参加した稚内の高校生のお話しを聴く機会が在りました。

「何れも好い話しだった」と各発表や、コルサコフ側参加生徒から寄せられたコメントを想い起していると、「コルサコフの風景」が頭の中を過りました。

↓コルサコフで「市内見学」というようなことで地元の皆さんに御案内を頂くと、なかなかに高い確率で立ち寄る、港と市街を眺められる場所からの眺めです。
04-11-2017 Korsakov.jpg
↑画は早朝の様子です。

「早朝」とは言いますが、午前8時前です。11月上旬の撮影ですが「朝が遅い?」という感じが強くなって来る時季です。

この時季、ユジノサハリンスクに在っても、6時台から動いている路線バスに乗ると7時台にコルサコフで、画の場所まで歩いても「未だ明けていない?」という感じです。

未だ街の街灯が点いています。その街灯の灯りが並ぶ感じを視ていると、コルサコフの街は丘陵部と平地が絡まり合って、坂道が複雑に交わっているような感じであることが判り易いように思います。

この画の中に在るのか否か、詳細は判りませんが、稚内の高校生が滞在させて頂いたコルサコフの御家族が住む場所の灯りも写っているかもしれません。

早朝のコルサコフ港北埠頭(2017.11.04)

休日の土曜日に、早めに眼を開けて、思い付いて早朝に戸外へ出ました。

午前6時台のバスでコルサコフへ向かい、午前7時台に到着して、高台に上がって港の様子を視ました。

↓コンテナを積んだ少し大きな船が出入りしている北埠頭で、7時40分を過ぎた頃です。未だ暗い感じです。入港しようとしている大き目な船が待機していました。
04-11-2017 K (1).jpg
↑高台に小さな灯台のようなモノが在り、その脇に街灯が在るのですが、その街灯が灯台の影を作り出し、影が下の海面に映っています。

↓船が動いたと思えば、タグボートが慎重に推しています。
04-11-2017 K (2).jpg↑大き目な船はコンテナを少し多目に積んでいる様子が判ります。重い状態なので、タグボートの支援を受けて慎重に接岸しようということなのでしょう。

↓船が旋回して右舷側で接岸しようとしているようですが、角度が変わって判ったのは、タグボートが2隻出ていたということでした。
04-11-2017 K (3).jpg
↑白系の塗装のタグボートと、赤系の塗装のタグボートが、コンビを組んで大きな船を支援しています。

↓無事に大きな船が埠頭に着きました。
04-11-2017 K (4).jpg
↑役目を終えたタグボートは静かに離れようとしています。

近年、サハリンに入り込んでいる様々な物資に関して「ウラジオストク港や釜山港等のモノが集積している港から、コンテナでコルサコフ港へ運ばれている」モノの割合が高まっていると言われています。こうやって「朝一番」の明るくなり始めるような頃に、コンテナを多く積んだ船がコルサコフ港に到着しているのですから、そういうお話しも納得です。

朝早く、やや寒い中―今回はとりあえず防寒用のニットキャップを被って、手袋も持参しました。―でコルサコフ港を訪ねてみたのは、「日が上る様子が、多分素敵であろう」と思い付いたからでした。しかし、雲がやや多く、期待したような様子は視られませんでした。

↓そういう訳で引揚げようとしていた頃、また船が北埠頭を目指しています。
04-11-2017 K (5).jpg
↑今度は積荷が軽いのか、或いは先程の船と仕組みが異なるのか、タグボートの支援を受けずに旋回して自力で接岸しようとしていました。

美しい夜明けの光景という程のモノは視られませんでしたが、「サハリンの物流を支えるコルサコフ港の様子」が感じられる光景を視ることが出来ました。