海から望むコルサコフ港の桟橋(2018.09.07)

稚内港を発った<ペンギン32>が順調に進み、「定刻よりやや早い?」という感じでコルサコフ港の域内に入ると減速してゆっくりと桟橋に接近します。到着時の諸手続のため、関係機関に連絡を入れながら待機している訳です。

↓ゆっくりと近付くコルサコフ港の桟橋です。
07-09-2018 Korsakov.jpg
↑<ペンギン32>に旅客が乗降する際に利用する場所は、ソ連時代以来のクレーンが林立していて独特な風情ではあるのですが、「樺太時代」の1920年代に基礎が整備されていた箇所に相当します。

コルサコフは、平坦な海岸部の脇に丘陵状の地形が組み合わさっていて、小高い箇所に集合住宅が林立している様子が視えます。初めてここに着いた方が「存外に大きな街ですね?!」と驚いていました。コルサコフ市そのものは、人口規模としては3万人台と言われています。

この日は「然程揺れない」という快適な航海で、海や空も光に溢れて輝いていました。この日「最も揺れた!?」のは、「桟橋から入国手続を行う建物までのバス」という感でした。

サハリン近海を行くLNG専用船(2018.09.07)

「船の旅」をすると、「余り視掛ける機会が無い?」と思えるモノを眼にして、少し驚く場合が在ると思います。

稚内港からサハリンのコルサコフ港へ向かう航路でも、「余り視掛ける機会が無い?」と思えるモノを眼にする場合が在ります。

↓「到着まで1時間半位か?」という状況で視える場合が在る様子です。この9月7日はなかなかに好い天候で、船上から望む景色が素晴らしいものでした。
07-09-2018 tanker (1).jpg
↑「船上から他の船が視える」という場合、距離はやや判り悪いように思えるのですが、画で視えている船の場合は「相当に大きなモノ」なので距離は更に判り悪いかもしれません。

半球状のモノが船の上に並んでいるのが視えます。これは液化天然ガス(LNG)を詰め込む特殊な容器です。船はLNG専用船です。

冷たい飲物や温かい飲物の温度を或る程度保った状態で保管して持ち運ぶ魔法瓶というモノが在りますが、この船に据え付けられた特殊な容器は、「魔法瓶が極めて大きくなったような仕掛けのモノ」と言えるのかもしれません。天然ガスを冷やして液化したモノを中に詰めるので、低温に保つ工夫がされているのです。

コルサコフ港周辺から東側へ車で25分程度も行けばプリゴロドノエという場所に行き着きますが、そのプリゴロドノエに液化天然ガス(LNG)の工場が在ります。サハリン島北東の沖で採掘される天然ガスがパイプラインでプリゴロドノエの工場に送り込まれ、液化され、それが工場の手前の海に設けられた専用施設から特殊な容器を据えた専用船に積み込まれ、船は各地を目指します。

↓コルサコフ港を目指す船の船上からは、このコルサコフの東に在るプリゴロドノエに出入しているLNG専用船が、かなり頻繁に見受けられます。
07-09-2018 tanker (2).jpg
↑プリゴロドノエには液化天然ガス(LNG)の積出し施設の他、石油の積出しを行う施設も在り、画の左端に視えている石油の輸送を行う型の船も見受けられます。

LNG専用船に関しては「不思議な形の大きなモノ」ということで、稚内港からサハリンのコルサコフ港へ向かう航路の船上で視掛けると、飽きずに眺めてしまい、思わず写真も多く撮ってしまいます。サハリンの液化天然ガス(LNG)は「日本のLNG需要の1割程度を賄っている」という状況と聞きます。船上で興味深く眺める光景ですが、実は「なかなかに重要な輸送作業が行われている場面」ということにもなります。

稚内港の<ペンギン32>(2018.08.21)

ユジノサハリンスクに在って「1日の中で天候が変わり易い?」と思うことが最近は少し多かったのですが、稚内も似たような傾向かもしれません。

↓<ペンギン32>で宗谷海峡を渡りました。
21-08-2018 port in morning (5).jpg
↑<ペンギン33>には昨年乗船していましたが、<ペンギン32>は初めてでした。「全くの同型」であり、外装は殆ど同一であり、内装も「区別が難しい?」という程度に同じ感じです。

乗船した8月20日、定員80名の船に60名程度の乗客で、なかなかに盛況でした。海峡部通過時に“向かい風”であったことから少し揺れが大きく、「速度が上がり悪いので延着?」という話しも在ったらしいのですが、稚内港には概ね定刻に到着出来ました。

↓週3往復と<ペンギン32>は元気に活動しており、この日もコルサコフへ向けての出発に備えて待機中でした。
21-08-2018 port in morning (4).jpg

>>2018年の稚内・コルサコフ航路 時刻表・料金=北海道サハリン航路株式会社ウェブサイト

ところで「8月22日朝の稚内」ですが、気温は20℃を少し超える程度ながら、小雨交じりで空気がかなり湿っている感じです。

<ペンギン32>がコルサコフ港へ…:2018 稚内・コルサコフ航路 (2018.08.09)

↓夏らしい空模様の下、コルサコフ港目掛けて小さな快速艇が桟橋を目指しています。
Korsakov 09-08-2018 (1).jpg
↑画の中央、クレーンが林立する桟橋の左側に船が視えます。

↓速度を調整しながら進んでいます。
Korsakov 09-08-2018 (2).JPG
↑これが2016年から2017年に稚内・コルサコフ航路で運用されていた<ペンギン33>の同型船である<ペンギン32>です。

<ペンギン32>は前日の8月8日にコルサコフ港から15名の乗客を乗せて稚内港へ向かいました。8月9日、稚内港から13名の乗客を乗せてコルサコフ港に戻って来ました。

↓<ペンギン32>は大きく旋回して減速しながら、桟橋に繋留します。
Korsakov 09-08-2018 (3).jpg

今季の運航は8月8日から9月22日まで、19往復38便(8月:定期10往復20便 / 9月:定期9往復18便)です。

↓運航スケジュールはこちらを御参照願います。
時刻表・料金 / <HSL 北海道サハリン航路株式会社 旅客船事業>

コルサコフ港へ“電子ビザ”で上陸する場合の注意点(2018.08.06)

ロシアでは<ウラジオストク自由港>という制度の下、極東各地の指定箇所で出入国する外国人に関して、“電子ビザ”での出入国を出来るようにしています。

既にウラジオストク空港で実施されており、日本人も対象となっていることから、ウラジオストク空港での日本人入国者が増えていると聞きます。

この「極東各地の指定箇所」に「コルサコフ港」も入っています。ということで、稚内・コルサコフ航路の船<ペンギン32>でコルサコフ港に上陸しようとする場合、この“電子ビザ”が利用可能です。

↓制度そのものの説明、“電子ビザ”の申請はこちらを御参照願います。
>>E-visa (ロシア連邦外務省 日本語専用サイト)

この“電子ビザ”の利用に関して、幾つか「注意点」が在ります。

在ユジノサハリンスク日本国総領事館では、この「注意点」についてホームページで紹介しています。

↓こちらを御参照願います。
>>電子ビザを用いたコルサコフ港でのロシア入出国についての注意点(在ユジノサハリンスク日本国総領事館 平成30年8月6日掲載)

現在、この“電子ビザ”でコルサコフ港からロシアへ入国する場合、出国もコルサコフ港からでなければならないことになっているということです。また、ロシア滞在中にサハリン以外の地域を往来することも出来ません。

その他、幾つかの「注意点」に関して、在ユジノサハリンスク日本国総領事館のホームページを御参照願います。

<ペンギン32>がコルサコフ港に…(2018.08.05)

稚内・コルサコフ航路での運用のため、稚内港へ運び込まれた船<ペンギン32>は8月3日に下ろされ、以降は海上を自航します。その<ペンギン32>はコルサコフ港に入っています。

好天の日曜日の朝、コルサコフへ足を運び、「摂政宮殿下行啓の折りに立ち寄られ…」という挿話も伝わる高台に上がって港を視てみました。

↓画の左寄りの中程に、「少し見覚えが在る」という感の、白い小さな船が停泊しているのが判ります。
'Penguin32' at Korsakov on 05-08-2018 (1).JPG
↑旅客の乗降が在る場合に利用する場所とは違う場所に停泊しています。

↓望遠ズームで寄ってみました。
'Penguin32' at Korsakov on 05-08-2018 (2).JPG
↑画のやや下側中央の白い船が<ペンギン32>です。

↓2016年、2017年の稚内・コルサコフ航路で運用されていた<ペンギン33>とそっくりです。
'Penguin32' at Korsakov on 05-08-2018 (3).JPG

↓目一杯の望遠で船体を視ると、船尾に「33」ではなく「32」と在るのが判ります。
'Penguin32' at Korsakov on 05-08-2018 (4).JPG

稚内・コルサコフ航路での運用に向けた諸準備が進められ、「8月8日のコルサコフ発」からいよいよ動き始めます。

2018年の稚内・コルサコフ航路:8月8日から9月22日まで運航

稚内・コルサコフ航路の2018年の運航は、運休が一転して運航されることとなっていましたが、「8月8日のコルサコフ発稚内行から運航を開始」と正式に決定しました。

↓運航スケジュールはこちらを御参照願います。
時刻表・料金 / <HSL 北海道サハリン航路株式会社 旅客船事業>


今季の運航は8月8日から9月22日まで、19往復38便(8月:定期10往復20便 / 9月:定期9往復18便)となりました。

2018年稚内・コルサコフ航路運休

「残念なお報せ」ということになると思いますが、2018年の稚内・コルサコフ航路は、運休することとなりました。

来年以降のことは未定ですが、再開が目指されることとなります。

今後もサハリン定期航路への変わらぬ御理解を賜りますよう御願い申し上げます。

<ペンギン33>の2017年シーズン終了(2017.09.21)

↓稚内港を出た<ペンギン33>は、定刻よりもやや早めにコルサコフ港に入り、ゆっくりと入港しました。
<ペンギン33> 21-09-2017.JPG
↑眩しい蒼天の下、白い船体が輝く碧海を旋回しながら、コルサコフ港の桟橋へ接近しています。

今季最後の運航は、「9月18日 コルサコフ発+9月19日 稚内発」という予定でしたが、台風の通過に伴って風浪が激しい状態となったため、「9月20日 コルサコフ発+9月21日 稚内発」に順延となっていました。

既に台風の影響を免れた海域を快調に進んだ<ペンギン33>は、訪日して帰国するサハリンの皆さんを中心に少し賑わっていました。

稚内市関係では、「友好都市青少年交流」で稚内を訪ねていたコルサコフの生徒達が乗船していました。実は8月の予定が欠航のために訪問が出来ず、止むを得ずに順延していた経過が在りました。生徒達は、お土産を手に、沢山の想い出を胸に元気に帰着しました。

多くの関係者の努力で運航が続けられた<ペンギン33>でしたが、今季の役目は無事に完了です。

<ペンギン33>から望んだ宗谷岬周辺の陸地(2017.09.08)

↓稚内港を出て40分程度経った辺りの眺めです。
36955391751_35edd43789_k.jpg
↑コルサコフへ向かう場合は進行方向の右側に宗谷の陸地が視えます。宗谷丘陵に林立する風力発電の風車も型が判ります。

こういう感じの眺めは、「宗谷海峡を越える船上ならでは」な眺めのように思います。

この少し後から霧が濃くなり、サハリン側の海は曇天になっていました。そして<ペンギン33>は無事にコルサコフ港に到着しました。