スタロドゥプスコエ(旧 栄浜)の流氷…(2019.02.17)

日曜日の早朝、「天候は好さそう?」という感じで、少し前のように「極端に低い最低気温」も免れている―と言って、氷点下15℃を少し下回っていたようではありました…―様子だったので、少し出掛けてみることにしました。

実は「流氷」が少し気になっていたのです。

↓昨年、ドリンスク地区へ流氷を観に出掛けた経過が在りましたが、今年は未だ足を運んでいませんでした。
>>スタロドゥプスコエ(旧 栄浜)で流氷を観る…(2018.02.10)

スタロドゥプスコエは「栄浜」と呼ばれていた樺太時代に、作家の宮澤賢治が足跡を残していることで、日本では少し知られているかもしれません。ユジノサハリンスクとドリンスクとを結ぶバスでドリンスクに出て、1時間から2時間に1本という感じで運行されているバスでドリンスクとスタロドゥプスコエとの間を往復する訳です。昨年、「これなら普通に一寸訪ねてみることが叶う範囲」と出掛けたのでした。

昨年出掛けた時、ドリンスクのバス停は酷く混み合っていて、バスも満員になり、スタロドゥプスコエにも夥しい車輛が駐車されていました。「氷上の釣り」で大賑わいだったのです。そのイメージでドリンスクのバス停に着きましたが、然程混み合っているということでもありませんでした。

↓スタロドゥプスコエに到着して海岸に至りました。
17FEB2019 (1).jpg
↑今シーズンは打ち寄せている流氷の量が昨シーズン程多くもなく、やや密度も薄いような感じに見えました。

この状態でも一部にスノーモービルが行き交い、“海”である筈の場所を歩いて釣りに行くという人達が見受けられました。が「些か」という感じです。そう言えば昨シーズンは警察車輛が現れて、警察官が出入りする車が非常に多い様子を見守るというような場面さえ在ったのですが、そんな状況は全く在りませんでした。「静かな町の、氷に閉ざされた、静かな浜辺」という風情でした。

↓昨シーズンも視掛けた廃船ですが、昨シーズンよりも「壊れ方」が拡がったような気がします。
17FEB2019 (2).jpg
↑廃船の周囲に関して、少し氷が薄いようにも見えました。

↓「やや少ない?」というように思えるものの、流氷は海岸に押し寄せ、沖の側から更に押し寄せ、先に海岸部に在った流氷が押されて複雑に隆起するというような状態は見受けられました。
17FEB2019 (3).jpg
↑他方、隆起して複雑な形状になっている流氷に「隙間」のように氷が薄くなっているように見える箇所も在ります。

今シーズンの場合、流氷で埋まった海の上への降雪、積雪が昨シーズンを思うと少ないので、少しイメージが昨シーズンとは違っているのかもしれません。

「氷上の釣り」を愉しもうという皆さんには「やや物足りない?」ということかもしれない今季の流氷ですが、「景色を眺めよう」ということなら、昨シーズン以上に「流氷らしい?」というような気もしました。

少しずつ高くなる太陽の光で、複雑な形に隆起した“氷原”が様々な表情を見せる感じが興味深く、暫く様子を眺めていました。が、流石に少々寒くなって、バス停近くで温かい缶コーヒーを求め、程無く現れたバスでドリンスクへ引揚げ、ドリンスクからはユジノサハリンスクへ向かうバスに直ぐに乗車しました。

こういうような「気軽な遠足」も時には好いものだと思います。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 11:49Comment(0)訪ねる

「ヤー リュブリュー パルク」(アイ ラブ パーク):ガガーリン公園(2019.01.09)

↓夕刻のガガーリン公園です。
09JAN2019_I-LOVE-PARK (1).jpg
↑「子ども達の雪遊び」という感じな親子連れが目立つ感じの園内でした。時々子ども達の歓声が聞こえましたが、それでも静かなものです。

↓一定程度の除雪は行われているように視えますが、それでも積雪は少ない感じです。
09JAN2019_I-LOVE-PARK (2).jpg
↑並んでいるベンチですが、座面に雪を被っていることもあり、腰を下ろしている人は見受けられませんでした。気候の好い時季には、もっと人が多く、ベンチには大概誰かが腰を下ろしているものですが。

↓この看板の辺りで記念撮影をしている人達は散見しました。6月頃に気付いた看板でしたが、光るようになっていたのは知りませんでした。
09JAN2019_I-LOVE-PARK (3).jpg
↑「ハート」を「愛する」という意味の「リュブリュー(люблю)」と読ませ、「ヤー リュブリュー パルク」、「アイ ラブ パーク」ということにしている訳です。

やや冷えますが、冬のガガーリン公園を少し散策してみるのも悪くはありません。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)訪ねる

氷の“干支”:ガガーリン公園(2019.01.09)

「ユジノサハリンスク市民の憩いの場」という趣きのガガーリン公園は、冬になれば静かではありますが、それでも多くの人達が散策を愉しむ様子が見受けられます。

今季は「今までに余り無かった?」という程度にイルミネーション等が飾られていて、「非常に好い感じになっている」と少し話題です。

夕刻の午後6時台にガガーリン公園へ足を運んでみました。

↓雪が無い季節に何度も歩いた場所です。オブジェが並んで照明が点いています。氷のようです。
eto (0).jpg

↓オブジェに近付いてみると、氷の彫刻です。これはイノシシです。
eto (12).jpg

ロシアでは「〇〇の年」と、“〇〇”に動物の名が入る表現が在って、干支の動物が意識されています。イノシシの氷彫刻は「亥年」を意識しているのでしょう。

↓そう思って少し進むと、イノシシの隣に犬が在りました。これは「戌年」で、2018年は「犬の年」とロシアでも言われていて、ユジノサハリンスクに在っても昨シーズンは犬のイラストが使われたモノを視掛けました。
eto (11).jpg

↓更に進んでみると、今度はニワトリです。これは「酉年」ということでしょうか?
eto (10).jpg

イノシシ、犬、ニワトリと氷の彫刻が並び、未だ先まで似たようなオブジェが在って照明も点いています。「もしかして?!」と思い、更に歩を進めました。

↓猿が在ります。「申年」です。
eto (9).jpg

↓これは羊でしょうか?「未年」です。
eto (8).jpg

↓こちらは馬に見えます。「午年」です。
eto (7).jpg

↓これは蛇です。何か密林の大蛇というような感じがします。「巳年」です。
eto (6).jpg

↓この彫刻の前で親子連れを視掛けました。小さな男の子が「ドラコーン!!」と言っていました。龍ということですが、「辰年」です。
eto (5).jpg

↓これは長い耳が特徴的なウサギで、「卯年」です。
eto (4).jpg

↓これは体に縞模様が見えている虎で、「寅年」です。
eto (3).jpg

↓ずんぐりした体で頭に角が在る牛が在りました。「丑年」です。
eto (2).jpg

↓こちらはネズミのようです。「子年」です。
eto (1).jpg

イノシシ、犬、ニワトリを視て「もしかして?」と思いましたが、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の十二支が勢揃いしていました。

十二支を示す、12種類の動物のシンボルを氷の彫刻で表現したモノが並んでいる訳ですが、何れもなかなかに好いデザインだと思いました。他方、これだけのモノを制作するのは、なかなかの労力です。

ユジノサハリンスクの状況ですが、こういう氷の彫刻を公園に並べるというようなことをするには好適かもしれません。一日の最高気温が氷点下7℃程度というような日が続く昨今です。更に、今季は現時点で降雪、積雪がやや少ない感です。この種の氷彫刻を並べておくには好都合な面が在ると思います。

↓「ロシアで十二支」ということに関しては、昨シーズンも話題にしました。
>>“Год Собаки”(ゴード・サバーキ)=“戌年”が、或いは干支が意識されているロシア?

今シーズンは、その十二支が氷の彫刻になってガガーリン公園に勢揃いしているという件でしたが、ここまで手を掛けて「野外美術館」的に感じられる程度に公園内を飾ったというのは、過去事例が思い当たらない感じであるようです。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)訪ねる

輝く市街…:スキー場<ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ>(山の空気)(2019.01.03)

既に12月23日からスキー場の<ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ>は営業しており、夕方に暗くなると照明が灯るスキーコースの一部がユジノサハリンスク市街の東側に浮かび上がって見えます。

現在の時季、日没は午後5時50分頃で、午後6時台に空の色が変わりながら暗くなって行くというような状況です。そのような時間帯であれば、スキー場のゴンドラも動いていて「一寸、上まで…」ということもやり易い状況です。

↓そんな訳で、午後5時50分頃に日が沈む少し前を目掛けてスキー場の上に上がってみました。
03-01-2019 evening (2).jpg
↑傾いた西日を受ける市街が一望出来ます。

この日の気温は氷点下15℃辺りまで下がっていたのでしたが、スキー場の山頂近くは「街中よりも体感が一段階寒いような気がする」という状態でした。然程風は強めということでもないのですが、街中以上に冷たい風が吹き抜ける感じで、佇んでいると身体が少々冷えます。

↓日没の時刻が過ぎたと推察されるような頃、街の灯りが順次灯り始めます。
03-01-2019 evening (17).jpg
↑設置されている街灯の本数の過多ということなのか、明るく浮かぶ感じの通と、然程目立たない通とが在ります。

↓空が暗くなるのと反比例するかのように、街の灯りの輝きが増して来るように見えます。
03-01-2019 evening (30).jpg

こうした景色を眺めるのは愉しいのですが、戸外に佇んで少し時間が経つと「流石にキツい…」という按配になります。山頂部辺りには暖を採ることも出来るカフェが在りますから、そういう場所で適宜休みながら様子を視るのが好いのかもしれません。この時は、刻々と変わる空の色が面白いので、「採暖休憩」は極短めにして夢中になって様子を視ていましたが。

↓<ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ>の麓には、こういう立派な“ゲート”の建物が完成しています。
03-01-2019 evening (37).jpg
↑この“ゲート”の建物にゴンドラの券を売る場所が入っています。(秋に訪ねた時には、もっと脇に券買所が在ったのでしたが、それは無くなっていました。スキー場営業が始まった辺りで、この“ゲート”の建物が供用開始になったと見受けられます。)

シーズン中ですから、スキーやスノーボードを愉しむ人達で大変賑わっていますし、そうした用具のレンタルも在ります。“ゲート”の建物の中に、レンタルをやっている場所が在りました。

ここはスキー場ですが、特にスキーやスノーボードをするのでもなくとも、ゴンドラ(山の半ばまでが150ルーブルで、山頂部まで300ルーブルとなっている。)を利用して眺望を愉しむことは出来ます。筆者は専らそういう利用の仕方をしていますが。

「街に入った灯りが輝きを増して行く」というような時間帯に、スキー場の上の方で景色を眺めるとすれば、冬季が「行き易い」ということになるかもしれません。が、防寒対策は少し確りすべきでしょう。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 08:25Comment(0)訪ねる

旧 王子製紙豊原工場(2018.11.18)

↓過日、ミール通を少し北上した辺りに在る<文化センター“ローディナ”>を訪ねました。
>>日本のピアニスト 日高志野 と<ユジノサハリンスク室内楽管弦楽団>との共演:<ロシアにおける日本年>の催事(2018.11.18)

↓<文化センター“ローディナ”>に関しては、前年の12月にも訪ねた経過が在り、特段に探すこともなく辿り着きました。
>><サハリンロシア民俗楽合唱団>(Сахалинский Русский Народный Хор) 『50年記念公演』(2017.12.14)

しかし、雪が深くなり始めていた12月に訪ねた経過の故に、移動に少々時間を要していたので、何か「実際より遠い場所」のように錯覚していて、「演奏会の開演には余りにも時間が…」というタイミングで現地に辿り着きました。

↓そして思い出したのがここです。
>>旧 王子製紙豊原工場(2017.08.14 & 17)

<文化センター“ローディナ”>が在る辺りから、更に少しだけ北上し、西へ延びる道に入ると<旧 王子製紙豊原工場>が在ります。

↓工場のシンボルのような様相だったという“製薬塔”です。
18NOV2018 zavod (1).jpg
↑チップを加工して製紙を行っていく過程で使用する薬剤を生成するための施設だったそうです。

↓少し角度を変えて眺めてみました。
18NOV2018 zavod (2).jpg

<文化センター“ローディナ”>での演奏会を前に、時間が在って少々足を延ばしましたが、タイミングとしては「これ以上暗くなると、やや近寄り悪い?」と思えるような、ギリギリなタイミングであったというように思いました。“製薬塔”の遺構が視える辺りは、街灯が整った道路際というのでもなく、少しだけ入り込んだ場所で、暗い時間帯は歩き悪いと見受けられます。

↓ミール通の、チェーンスーパーの脇から“製薬塔”が覗く場所も在ります。
18NOV2018 zavod (3).jpg

私事ですが、筆者の祖父母は昭和の始め頃に豊原に住んでいたそうです。母も「全く聞いたことが無い…」としていた豊原の話しを祖母から聞いたという機会が偶々在って判ったのですが、話しによれば祖父は「チップ工場で働いた」のだそうです。そんな話しが記憶に残っているので、「祖父母や、未だ幼児だった伯父が、この“製薬塔”を見上げながら暮らしていたのか?」等と考えてしまう場合も在ります。祖父母も伯父も他界して久しいのですが。

こうした古い時代の遺構に関しては、「土地に積み上げられた“時間”」を感じますが、夕暮れの光線の下でこういうモノを眺めると、酷く映えるような気もします。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)訪ねる

街に降り注ぐ光…:スキー場<ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ>(山の空気)(2018.10.28)

多少多目な雲が上空で流れているような感じながら、明るい感じの空で、好天であると思えた日曜日でした。特段に何処かへ出掛けるでもなく居室で過ごしていて、不意に思い付いて戸外へ出ました。

↓そして辿り着いたのが、オフシーズンは「大展望台」という様相な、スキー場<ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ>(山の空気)の山頂部でした。
28-10-2018 GV (1).jpg
↑複雑に拡がる雲の間に明るい空が覗き、雲の隙間から街に光が降り注いでいます。

夏の爽やかな日、或いは「多少暑い?」という日には、山頂部で強い風を感じる場合が少ないのですが、この日はなかなかに強い風が吹き抜けていました。前日は「荒天への注意喚起」も為され、街中で強風が吹いていた名残だったのかもしれません。

強めに思えた風は非常に冷たい感じで、「10℃程度」ということだった気温ながら、体感的には「積雪期?」というように思いました。

山頂部のカフェは普通に営業していたので、屋内でコーヒーを一杯頂きました。オフシーズン、秋は金曜日から日曜日の週末にゴンドラが動いています。週末の散策を楽しもうというような家族連れや、何処かからユジノサハリンスクへやって来ている人達、或いはヘルメット等の防具を身に着けて自転車で山を駆け下りようというような人達が、存外にゴンドラに乗っていました。

<ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ>のゴンドラは、麓から山の中腹まで、山の中腹から山頂までの「2本を乗り継ぐ」という方式で運転されています。風が冷たく、更に食事を摂りたくなったので下りることにして、山の中腹に至りました。

↓山の中腹からは、山頂部と多少異なる趣きで街が視えます。この時は、強風で雲が流れて、同時に西日が少し低くなっているということで、「雲の切れ間から降り注ぐ光」が山頂部で視た以上に劇的な感じでした。
28-10-2018 GV (2).jpg
↑何処かのデザイナー、演出家が考えるモノ以上に、「自然による光の演出」が華麗であると、何やら酷く感心していました。

素晴らしい景色を視るのは嬉しいことですが、この日は冷たい風に当たって「少々キツい…」と感じました。光が劇的だったと感心しながら、麓へ下りてゆっくりと引揚げました。

やがて雪が降り始め、積もって来るとスキー場が営業を始め、辺りはスキーやスノーボードを愉しむ人達で賑わう訳です。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)訪ねる

晩秋…:<ガガーリン公園>(2018.10.26)

夏季には、曜日や時間帯を問わずに、存外に人々の姿が見受けられる<ガガーリン公園>ですが、秋が深まって「多少静か…」な時間帯が増えているように見受けられます。遊具やカフェ等の今季の営業は終了している様子です。

↓桜並木が紅葉した状態でした。
26-10-2018 park (1).jpg

↓好天に恵まれ、紅葉した葉が一層鮮やかに視えました。
26-10-2018 park (2).jpg

↓未だ枝に綺麗な葉が残っている箇所も多い他方、「足下に夥しい落葉」という箇所も見受けられました。
26-10-2018 park (3).jpg

こういう様子が視られるのも「あとどの位の期間?」というように感じます。昨年の同時季よりも「ほんの僅かに気温が高い?」という気もしていますが、「寒いですよね?」が挨拶代わりのようになる朝も少しずつ増えたような気がします。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)訪ねる

海獣のオブジェ:ガガーリン公園(2018.09.11)

現在の<ガガーリン公園>に関しては、同じ場所が豊原時代に既に<豊原公園>と呼ばれていました。

その<豊原公園>の時代に「王子ヶ池」と呼ばれていた池は現在でも在ります。

↓その池の畔です。
11-09-2018 park.jpg
↑海獣のオブジェが据えられていますが、何か少しリアルな感じで、ぼんやりしていると「動物が居る!?」と驚いてしまいそうです。

サハリン州に関して、ロシア国内等に向けて「島々から成る州」という紹介がされることが在ります。「海に浮かぶ島」ということで、像のような海獣が「地域の象徴」のように考えられているようで、それを踏まえて公園にこの像が登場したのだと見受けられます。

未だ日中は温かいので、<ガガーリン公園>には存外人出が見受けられます。静かになる、少し寒い時季ももう少しという感です。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)訪ねる

観覧車:<ガガーリン公園>(2018.08.02)

現在のユジノサハリンスク市街の基礎のようになっている「豊原」の都市建設が始まった頃から「公園」であった場所が、現在も<ガガーリン公園>となっていて、多くの市民が憩う場所となっています。

↓宇宙飛行士のユーリー・ガガーリンを記念して、<ガガーリン公園>という名称になってから半世紀を経たということは、過日このブログでも御紹介したところでした。
>><ガガーリン公園>として「50年」(2018.06.17)

最近は「夏らしい」という感の温かい日も増え、児童生徒や学生の夏休みで、一般の人達も各々に休暇を取得する場合も在る時季に入っているので、ガガーリン公園は何時でもなかなかに賑わっています。

園内は散策路が整備され、スポーツを行う施設等も在るのですが、多くの遊具を備えた“遊園地”も在ってなかなかに人気です。

↓その“遊園地”の観覧車です。
02-08-2018 at the park (1).jpg
↑存外に古くから在ることを想起させる、クラシカルな美しいデザインの観覧車であると思います。何処かの旧い映画にでも登場しそうな感です。

↓青空を背景に、ゆったりを園内や近隣を望む観覧車がなかなかに映えます。
02-08-2018 at the park (2).jpg

“遊園地”には、こういう老若男女がゆったりと楽しめるモノの他、「挑戦?怖い?」というタイプの遊具も在ります。曜日や時間帯にもよるでしょうが、「大行列」という程でもない感じで愉しむことが叶うようです。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)訪ねる

25℃超の日…:<大祖国戦争勝利70年並びにキリスト生誕記念主教座大聖堂>(2018.07.21)

雲が多く、少し湿った空気という朝の気温は15℃を切っていたという土曜日でした。日が高くなって行く中で、雲が流れ去って青空が覗くとドンドン気温が上がりました。

↓こういう具合に、青空と陽射しが眩しいような状況で、気温が25℃を超えました。
21-07-2018.jpg
↑丸い独特な形の屋根“クーポル”が陽射しを跳ね返しているのが眩しいのですが、大聖堂を見上げると、青空に吸い込まれそうな感でした。

25℃を超えたのは「今季初めて?」というような気がしました。歩き回れば酷く汗をかきました。

こういう状況であった日中ですが、夕刻には雲が多くなって俄かに薄暗くなり、少し強めな夕立が見受けられました。

漸く“夏”という趣が強くなった感のユジノサハリンスクです。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)訪ねる