<復活主教座聖堂>:日本風設えを採り入れた庭越しに望む=写真展『65RUS - 彩光のサハリン』(2018.02.15~03.15) 展示写真より

<復活主教座聖堂>:日本風設えを採り入れた庭越しに望む.jpg
1990年代に画の右寄りの礼拝堂の部分が完成して開かれ、後に左側の鐘楼が築かれた。「ロシア正教会」として、様々なポスター等に登場している建物。
隣りに登場したオフィスビル<北海道センター>の庭に日本風の設えが在り、その庭越しの眺めが面白い。しかし、雪が次第に深くなる中、庭の設えが見え悪くなっている。
(2017.12.23 撮影)


☆ 2018年2月15日から3月15日の期間、<稚内副港市場>で開催されている写真展『65RUS - 彩光のサハリン』の展示写真を御紹介しています。

★ 今回御紹介した画は、写真展で展示予定の写真一覧から、稚内市サハリン事務所の現地スタッフに選んで頂いた「お気に入り」の一つです。

写真展の展示写真を、2月17日から隔日で計13点御紹介して来ました。3月15日の<ルースキー・テーレム>の稚内公演終了日までの展示で、期間が残り少なくなっています。会場は<稚内副港市場>です。

ジョンキェル岬=写真展『65RUS - 彩光のサハリン』(2018.02.15~03.15) 展示写真より

ジョンキェル岬.jpg
アレクサンドロフスク・サハリンスキーの海岸に在る、フランスの航海家ラペルーズが命名したという岬には、古くからの歴史を誇る灯台が建っている。
こんな光景が視たいと、街のホテルでタクシーを御願いして山道を上がって、漸く出会った想い出の光景である。
(2017.09.23 撮影)


☆ 2018年2月15日から3月15日の期間、<稚内副港市場>で開催されている写真展『65RUS - 彩光のサハリン』の展示写真を御紹介しています。

★ 今回御紹介した画は、写真展で展示予定の写真一覧から、稚内市サハリン事務所の現地スタッフに選んで頂いた「お気に入り」の一つです。

レーニン広場:初冬の黄昏=写真展『65RUS - 彩光のサハリン』(2018.02.15~03.15) 展示写真より

レーニン広場:初冬の黄昏.jpg
「降っては融けて」が繰り返され、積雪期へ向かって行くような時季。広場の湿った石畳に、雪が融けた水溜りが拡がり、空の雲とレーニン像、更に広場の灯りが映り込んでいる。
(2017.11.14)


☆ 2018年2月15日から3月15日の期間、<稚内副港市場>で開催されている写真展『65RUS - 彩光のサハリン』の展示写真を御紹介しています。

★ 今回御紹介した画は、写真展で展示予定の写真一覧から、稚内市サハリン事務所の現地スタッフに選んで頂いた「お気に入り」の一つです。

パベーダ広場から見上げるスキー場の灯り=写真展『65RUS - 彩光のサハリン』(2018.02.15~03.15) 展示写真より

パベーダ広場から見上げるスキー場の灯り.jpg
今季は12月時点でなかなかに雪が多く、ユジノサハリンスク市街の東側の丘陵に設けられているスキー場<ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ>(山の空気)は計画どおりの12月23日に営業を開始した。
夕刻、スキーコースに照明が点くと、「夜空へ続く白い路」でも浮き上がっているように見える。
(2017.12.27 撮影)


☆ 2018年2月15日から3月15日の期間、<稚内副港市場>で開催されている写真展『65RUS - 彩光のサハリン』の展示写真を御紹介しています。

★ 今回御紹介した画は、写真展で展示予定の写真一覧から、稚内市サハリン事務所の現地スタッフに選んで頂いた「お気に入り」の一つです。

サハリン州郷土博物館:冬季ならではの雰囲気=写真展『65RUS - 彩光のサハリン』(2018.02.15~03.15) 展示写真より

サハリン州郷土博物館:冬季ならではの雰囲気.jpg
やや西寄りに相当するフェンスの辺りからの眺め。木々の葉が茂っている季節は、屋外展示の大砲や博物館の建物が視え悪い。冬季も雪が深過ぎると視える部分が少なくなる。「好いバランス」で視えると、非常に運が好いような気がする。
早朝、街の灯りを雲が跳ね返し、空の色は独特な黄色味を帯びる。
(2018.01.18 撮影)


☆ 2018年2月15日から3月15日の期間、<稚内副港市場>で開催されている写真展『65RUS - 彩光のサハリン』の展示写真を御紹介しています。

★ 今回御紹介した画は、写真展で展示予定の写真一覧から、稚内市サハリン事務所の現地スタッフに選んで頂いた「お気に入り」の一つです。

ユジノサハリンスク市街:輝く街=写真展『65RUS - 彩光のサハリン』(2018.02.15~03.15) 展示写真より

ユジノサハリンスク市街:輝く街.jpg
市街の東側の丘陵に在るスキー場<ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ>(山の空気)からの眺望。
概ね碁盤の目のように整備されている街の街路に街灯が灯り、「光の網の目」のようになっている。そういう中に建物や、屋外の構造物を照らす灯りが見える。「宝石箱をひっくり返した」かのような光景である。
「灯りの数だけ人生が在る…」等と思いながら眺めるが、顔に当たる風はかなり冷たい。
(2018.01.13 撮影)


☆ 2018年2月15日から3月15日の期間、<稚内副港市場>で開催されている写真展『65RUS - 彩光のサハリン』の展示写真を御紹介しています。

★ 今回御紹介した画は、写真展で展示予定の写真一覧から、稚内市サハリン事務所の現地スタッフに選んで頂いた「お気に入り」の一つです。

<大祖国戦争勝利70年並びにキリスト生誕記念主教座大聖堂>:夜明け=写真展『65RUS - 彩光のサハリン』(2018.02.15~03.15) 展示写真より

<大祖国戦争勝利70年並びにキリスト生誕記念主教座大聖堂>:夜明け.jpg
2016年に開いた大聖堂は、ユジノサハリンスク市街の東寄りに聳え立つ。最も高い箇所が58mにもなると聞く。
朝、明るくなる時間帯の様子が美しい。朝の空は、一口に好天と言っても毎回のように表情が変わり、同じ様子は「二度と無い」のである。こういう景色を視ると「好いことが在りそう…」な気分になる。
(2017.12.09 撮影)


☆ 2018年2月15日から3月15日の期間、<稚内副港市場>で開催されている写真展『65RUS - 彩光のサハリン』の展示写真を御紹介しています。

★ 今回御紹介した画は、写真展で展示予定の写真一覧から、稚内市サハリン事務所の現地スタッフに選んで頂いた「お気に入り」の一つです。

百貨店<サハリン>:夜の輝き=写真展『65RUS - 彩光のサハリン』(2018.02.15~03.15) 展示写真より

百貨店<サハリン>:夜の輝き.jpg
日が落ちてしまうと、老舗百貨店の典雅な建物がライトアップされる。
紅く輝く<Сахалин>(サハリン)のロゴの下辺り、緑の部分は時々色が変わる。
暗くなっても車輛の通行量は多く、何時も「何やら忙しそう…」な雰囲気が漂っている。
(2017.12.28 撮影)


☆ 2018年2月15日から3月15日の期間、<稚内副港市場>で開催されている写真展『65RUS - 彩光のサハリン』の展示写真を御紹介しています。

★ 今回御紹介した画は、写真展で展示予定の写真一覧から、稚内市サハリン事務所の現地スタッフに選んで頂いた「お気に入り」の一つです。

「誰?」 「ネヴェリスコイ提督です…」=写真展『65RUS - 彩光のサハリン』(2018.02.15~03.15) 展示写真より

「ネヴェリスコイ提督です…」.jpg
コムニスチ―チェスキー通とミール通の交差する辺りに、1853年に一隊を率いてサハリンで活動し、サハリンの色々な知識をロシアにもたらしたことで知られるネヴェリスコイ提督の像が在る。
この像は、冬季には吹き付ける雪を被ってしまうことが多い。
(2018.01.09 撮影)


☆ 2018年2月15日から3月15日の期間、<稚内副港市場>で開催されている写真展『65RUS - 彩光のサハリン』の展示写真を御紹介しています。

★ 今回御紹介した画は、写真展で展示予定の写真一覧から、稚内市サハリン事務所の現地スタッフに選んで頂いた「お気に入り」の一つです。

コムニスチ―チェスキー通の歩道:大雪の日に…=写真展『65RUS - 彩光のサハリン』(2018.02.15~03.15) 展示写真より

コムニスチ―チェスキー通の歩道:大雪の日に….jpg
夜通し降り続いた雪は早朝に些か弱まっていた。そういう間隙に、除雪車輛が精力的に動いている様子が見受けられる。
「作業が追い付いていない」箇所も見受けられるものの、主要な通では歩道にも除雪が入り、市内の路線バスも動いていた。ユジノサハリンスクは意外に雪に強いかもしれない。
(2017.12.13 撮影)


☆ 2018年2月15日から3月15日の期間、<稚内副港市場>で開催されている写真展『65RUS - 彩光のサハリン』の展示写真を御紹介しています。

★ 今回御紹介した画は、写真展で展示予定の写真一覧から、稚内市サハリン事務所の現地スタッフに選んで頂いた「お気に入り」の一つです。