<ТЕПЛЫЕ ОЗЕРА>(温かい湖) / ウラジーミル・チュイコ氏提供写真

ТЕПЛЫЕ ОЗЕРА.JPG
(ウラジーミル・チュイコ氏提供写真)(<夏>より)

※ サハリンでも「強い風が抜ける」場所は多く、そういう場所では「風の影響で少し形が変わった?」と想像出来る木が見受けられます。
※ そうした少し目立つ木が在って、湖や山が視える様子は、「ロシア国内の風景」という観点では「やや異色?」とも視え、ロシアで写真を撮る人達の眼を惹くようです。
※ 夏季のサハリンでは、画のような水辺は涼やかな風が抜けて、カメラを手に散策するには好適な場所となります。

<ИЮЛЬСКАЯ ПАСТОРАЛЬ>(7月の田園詩) / ウラジーミル・チュイコ氏提供写真

ИЮЛЬСКАЯ ПАСТОРАЛЬ.JPG
(ウラジーミル・チュイコ氏提供写真)(<夏>より)

※ 6月から7月は光線が強く、様々なモノが「一層鮮やか」に感じられる季節です。
※ 空の蒼に対して、雲の白が鮮明で、他方で大地の緑も眩しい感じになります。
※ こういう様子を視ていると、一篇の詩を朗読する声や、軽やかなメロディーでも聞こえて来るかのような気分になるものです。

<ЛЮТОГА>(リュートガ) / ウラジーミル・チュイコ氏提供写真

ЛЮТОГА.jpg
(ウラジーミル・チュイコ氏提供写真)(<夏>より)

※ 川辺の緑が色濃くなるような季節です。6月に入ると「夏」という感じの日も増えるサハリンです。
※ 6月頃は気温が少し大きく上下して、「霧が発生?」という状況も増えます。
※ 緑が濃い川辺に、少し霧が掛かっているような感じは「サハリンのこの時季らしい」ような雰囲気です。

<ХИЩНЫЙ АНГЕЛ>(獰猛な天使) / ウラジーミル・チュイコ氏提供写真

ХИЩНЫЙ АНГЕЛ.JPG
(ウラジーミル・チュイコ氏提供写真)(<秋>より)

※ タカやワシの仲間、猛禽類も多く見受けられるサハリンです。「天使の翼」を想起させる、形が美しい大きな翼を持っているというのが、猛禽類の特徴の一つであるように見受けられます。

<ЛЕТАЮЩИЕ СЛОНЫ>(飛んでいる象) / ウラジーミル・チュイコ氏提供写真

ЛЕТАЮЩИЕ СЛОНЫ.JPG
(ウラジーミル・チュイコ氏提供写真)(<秋>より)

※ 雲の形が、少し長い鼻を突き出した象のようにも視えます。「海の上を像が飛んで行く」というような、ファンタジックな光景です。

<ДОРОГА УХОДЯЩЕГО СОЛНЦА>(去り行く太陽の花道) / ウラジーミル・チュイコ氏提供写真

ДОРОГА УХОДЯЩЕГО СОЛНЦА.JPG
(ウラジーミル・チュイコ氏提供写真)(<冬>より)

※ 舞台がお終いになる時に緞帳が下りているような雲が視え、輝く夕陽がその奥へ去って行きますが、暗い海の上に光る花道が出来ているようです。

<ПЕРВЫЙ СНЕГ>(最初の雪) / ウラジーミル・チュイコ氏提供写真

ПЕРВЫЙ СНЕГ.JPG
(ウラジーミル・チュイコ氏提供写真)(<冬>より)

※ 「サハリンらしい」感の雪景色ですが、4月に入ると流石にこういう様子は見受けられません。
※ 雪解けの水で足下が汚れているような様子な中、「確り雪が在った時季の方が好かったかもしれない」等と思う場合が無いでもないのは、北海道内でも見受けられるかもしれませんが、サハリンでもそういうように感じることが在ります。