ロシアの“ノート”(2018.08.19)

会合に出て、話題にしたことや、忘れずに記憶しておきたいことに関してメモを取ろうとする場合、ノートが必要です。

そういう「記録をする」ということに関して、最近は色々な機材が在るでしょうし、その場の了解を得られるのであれば「録音して後から記録を起こす」という場合も在るのかもしれません。が、その場で本人に判るように筆記して、必要が在れば清書して報告でもするという方が「速くて確実」であると筆者は考えています。

そんな考え方は、国や地域を問わずに何処にでもある訳で、何処へ行っても「メモを取るノート」のようなモノは色々と販売されています。

↓サハリンの文房具店で見掛ける機会が多いノートはこういうような感じです。
19-08-2018 notebook (1).jpg
↑勿論、様々なサイズや厚さのモノが見受けられるのですが、「A5変形」とでもいうような大きさのモノに出くわす機会が多いような気がします。

特段に表紙等に絵柄が無いようなモノも在りますが、写真のモノのように何やら画が入っているモノも多いです。これを入手しようと立ち寄った店では、児童生徒が使う文房具が色々と揃ったコーナーが在って、何となくそこで見繕って入手したモノです。「ロシア」というイメージで、何処かの街の趣が在る建物のイラストと国旗のカラーを使った渋いモノの他方、「何処の国の男児も“乗物”が好き?」ということなのか、ロシアのスホーイ戦闘機の写真が使用されたモノも在りました。これらのノートは、1冊39ルーブルでした。

↓ノートを開くとこういう感じです。
19-08-2018 notebook (2).jpg
↑色々なタイプの罫線が刷られているページが見受けられますが、サハリンの文房具店で見掛ける「ロシアで普通に使用されているらしいモノ」の中では、こういう方眼になったページのモノが多いような気がします。

実は、稚内でサハリンの皆さんを迎えた会議が開催される予定が在り、その際の話題をメモしておくノートが必要であることを思い出して文房具店に立ち寄ったのでした。このノートも「宗谷海峡を往来しながら使用される」というようには想像もしていなかったことでしょう。

稚内港の<ペンギン32>(2018.08.21)

ユジノサハリンスクに在って「1日の中で天候が変わり易い?」と思うことが最近は少し多かったのですが、稚内も似たような傾向かもしれません。

↓<ペンギン32>で宗谷海峡を渡りました。
21-08-2018 port in morning (5).jpg
↑<ペンギン33>には昨年乗船していましたが、<ペンギン32>は初めてでした。「全くの同型」であり、外装は殆ど同一であり、内装も「区別が難しい?」という程度に同じ感じです。

乗船した8月20日、定員80名の船に60名程度の乗客で、なかなかに盛況でした。海峡部通過時に“向かい風”であったことから少し揺れが大きく、「速度が上がり悪いので延着?」という話しも在ったらしいのですが、稚内港には概ね定刻に到着出来ました。

↓週3往復と<ペンギン32>は元気に活動しており、この日もコルサコフへ向けての出発に備えて待機中でした。
21-08-2018 port in morning (4).jpg

>>2018年の稚内・コルサコフ航路 時刻表・料金=北海道サハリン航路株式会社ウェブサイト

ところで「8月22日朝の稚内」ですが、気温は20℃を少し超える程度ながら、小雨交じりで空気がかなり湿っている感じです。

久し振りにカフェバーでライヴを少し愉しんだ週末の夜(2018.08.17)

ユジノサハリンスクに在っては、「夕方から夜に営業の飲食店等が集まっている地区」というようなものは見受けられません。その他方で、「夕方から夜に営業の飲食店等」は市内の方々に見受けられます。そしてそうした店の中には、週末の夜にバンドが入って生演奏をしている例も意外に多い様子です。

稚内での催事の準備に勤しみ、同時に催事関係で稚内へ戻る予定も在る中で「一寸、気分転換…」と思っていると、他バンドの稚内公演という出来事を介してメンバーと知り合っている<Dream Box>のライヴが週末の夜に催されるということを知りました。

<Dream Box>のリーダーであるゲオルギー・ゾボフさんと女性ヴォーカリストのエレーナ・アクシェンツェワさんは、稚内で過去4回の公演を行っている<ヴレーミャ・ジャザ>に参加していた経過が在ります。

↓稚内市のホームページに過去の記録が在りました。

>>多数の御来場ありがとうございました。<ヴレーミャ・ジャザ>稚内公演終了。(2012年6月17日)
>><ヴレーミャ・ジャザ>のコンサートについて(2010年7月)
>><ヴレーミャ・ジャザ>のコンサートについて(2009年7月)
>><ヴレーミャ・ジャザ>のコンサートについて(2007年10月)


この<ヴレーミャ・ジャザ>は、「2007年の稚内初登場」の後、寧ろ<ジャズ・タイム>と英語名を使うようになったのですが、稚内では初登場した時のクオリティーが高い演奏のインパクトが非常に強かったので「あの<ヴレーミャ・ジャザ>が還って来る!!」とロシア語名を使い続けていたという経過が在ります。

現在も<ジャズ・タイム>は、機構の改編やメンバーの入れ替えも経ながらサハリンで積極的に活動を続けています。

↓このブログでも<ジャズ・タイム>が登場した催しを御紹介した経過が在ります。

>>『国際日露文化フェスティバル 2017』オープニングコンサート(2017.06.25)
>>ジャズの夕べ <チョコレートのようなジャズ>(Вечер Джаза "Джаз в Шоколаде")(2017.04.30)

話しを<Dream Box>に戻します。

振り返ると、昨年の5月下旬に彼らのライヴを愉しむ機会が在りました。以降、残念ながらなかなか機会を設けられずに居ました。

>>週末の夜にカフェバーでライヴ(2017.05.27)

昨年の機会では、リーダーであるゲオルギー・ゾボフさんが都合でサハリンを離れていた中での演奏でした。戻ってかなり経っている訳ですが、今回は不在の頃と選曲やアレンジがかなり変わっている感じでした。

↓会場は、バーカウンターの後ろ側の高くなっている箇所をステージにするという具合で様子は変わりません。
DreamBox on 17082018 (1).jpg
↑週末の夜は、時季によって多少の差は在りますが、こういうお店がとにかく賑わいます。

以前の「ロック系統?」という選曲に比べると、「所謂ポップス系?」ということになるロシア内外発のヒット曲のカバーという割合が高い感じでした。マイケル・ジャクソンの有名な『ビリー・ジーン』のカバー等は秀逸でした。

↓カウンター辺りが何となく混雑し、少し高いステージの近隣に押し出されたような按配になりました。結果的に、演奏している皆さんの溌剌とした様子を間近で観ることになりました。
DreamBox on 17082018 (2).jpg
↑左のゲオルギー・ゾボフさんはシンセサイザーを演奏しながら、リードボーカルもコーラスもこなしていました。真中のエレーナ・アクシェンツェワさんも表情豊かに、楽しそうなパフォーマンスで魅せてくれました。

ユジノサハリンスク等のサハリンの街では、ジャズやポップスやロック等を演奏する様々な人達が積極的に活動していて、色々な場所で様々な形で演奏が披露されており、それらを愉しむ人達も大勢居る訳です。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)カルチャー

サハリン州郷土博物館(2017.08.17)

↓久し振りに、少し遅めな時間帯に辺りを通り掛かりました。
17-08 museum in night (1).jpg
↑午後10時40分前後の感じです。

建物そのものを照らし出す“ライトアップ”は消えているように見受けられましたが、庭園内の灯りの御陰で、建物も少し明るく夜空に浮かび上がる感じでした。そして、「夜」の暗さの中で鮮やかな色彩が浮かぶ庭園や、街の灯りで不思議な色を帯びた夜空も好い感じに視えます。

↓未だこういう感じの眺めは「少し遅めな時間帯」というイメージです。
17-08 museum in night (2).jpg
↑そのうちに、「夕方の早い時間帯」からこういう雰囲気が視られるようになって行くのです。

現在、日中は20℃程度、場合によってそれを超えていますが、夜間や早朝は「薄い上着を1枚?」という具合の、15℃やそれ以下という場合も在る感じです。

チョコレート・タルト(2018.08.12)

ユジノサハリンスクで“カフェ”を名乗る店には色々なモノが見受けられますが、「コーヒーや紅茶等を愉しみ、少しデザート類を頂く」というような感じの場所だけに限っても、色々な雰囲気の場所が見受けられます。

「コーヒーや紅茶等を愉しみ、少しデザート類を頂く」というような感じの場所に関しては、大雑把に言って「パンやケーキを売る店が飲物を扱うようになって“カフェ”となって行き、幾つかチェーン展開をする例も見受けられる」という感じの場所と、「“○○珈琲店”とでも言うような、飲物を愉しむ場所として起こり、デザート類等を扱うようになっている」という感じの場所が在るような感です。

パンやケーキを売る店に起源を有するらしいカフェでは、ケーキ等の種類が多く、その価格は(1人で食べ切る小さなモノが一切れの場合には)100ルーブル前後という事例が多いように見受けられます。「やや高い?(それでも美味い!!)」モノで、150ルーブルを超えている、または「200ルーブルで釣銭」という雰囲気のモノも在ります。

こういう状況に対して、飲物を愉しむ場所として起こったらしいカフェでは、ケーキ等の種類は店毎に「選択肢の幅」に差が大きく、価格帯もやや幅が広い感じがします。

「飲物を愉しむ場所として起こったらしいカフェ」では、「華麗なラテアート」が施されたような飲物が供される訳ですが、そういう店のデザートのケーキに「280ルーブル」というモノが在るのをメニュー上で眼に留めました。1人で食べ切る小さなモノが一切れの場合、ケーキは「多少高い?(それでも美味い!!)」が「200ルーブルで釣銭」というイメージを持っていた筆者は、その「280ルーブルのケーキ」が酷く気になりました。

↓気にしていてもどうにかなるものでも在りません。カフェで「280ルーブルのケーキ」を頼んでみると、こういう具合に出て来ました。
12-08-2018 tort (1).jpg
↑アイスクリームを添え、シロップで何やらデコレーションを施した状態でチョコレート・タルトが登場しました。

「美しい!」と思わず眺めてしまいますが、余りゆったりと眺めていても、添えられたアイスクリームが融けてしまいますから、丁寧にデコレーションを施してくれた店員さんに感謝しながら素早く頂いてしまいます。

↓こういう具合に、飲物と一緒に愉しむのが好いです。
12-08-2018 tort (2).jpg
↑アイスクリームが融けてしまうので、ケーキの方を先に頂いて、大き目なカップにたっぶりの飲物はゆったりと時間を掛けて楽しみます。

筆者は“甘党”という訳でもないのですが、「ユジノサハリンスクを離れる」という期間に、こういうケーキを思い出す場合が時々在ります。

Дарт Вейдер(ダルト・ヴェイデル)?(2018.08.04)

ユジノサハリンスクの街の南側、空港と都心部とを往来する道筋に大型商業施設の<シティーモール>が在ります。大きな建物が広大な駐車場に半ば囲まれるように建つ威容を誇る場所で、日本国内で視掛ける「郊外型ショッピングモール」と何ら変わりません。

開業から日が浅い2010年頃から、そのまま続いているテナント、場所や広さを変えながら続いているテナントが見受けられる他方、「これは新しい?」というモノが登場していたり、「ここに在ったアレは?」というように撤退している例も見受けられます。この施設も、何時の間にか年月も経って、ユジノサハリンスクや近隣の街の暮らしの中で確り存在感を示しています。

↓その施設内の「これは新しい?」と見受けられたテナントで眼に留め、思わず求めてしまいました。
04-08-2018 goods (3).jpg
↑「Дарт Вейдер(ダルト・ヴェイデル)」なる文字を眼に留めて「何?」と思ったのですが、画を視れば判ります。あの『スターウォーズ』の劇中人物である“ダース・ベイダー”です。

“ダース・ベイダー”は英語の綴りにロシア語の文字を宛てて「Дарт Вейдер(ダルト・ヴェイデル)」です。『スターウォーズ』は確り「ロシア語訳」が施されて「Звёздные Войны(ズヴョーズドヌィェ・ヴァイヌィー)」となっています。

↓中を視れば、“ダース・ベイダー”ことДарт Вейдер(ダルト・ヴェイデル)が「ロシア語の台詞」を口にしています。
04-08-2018 goods (5).jpg

米国で人気の、有名な映画に着想を得たコミックが、確りとロシア語訳されてロシア語圏内で販売されているという訳です。1冊が450ルーブル前後でした。

日本国内でもこの種の“アメリカンコミック”は視掛けないでもないと思いますが、ユジノサハリンスクのような“商圏規模”の地域―30万人前後の規模でしょうか?―の店で販売されてはいないような気がします。

↓本の裏には「12+」と在り、「12歳以上の読者を想定」となっています。
04-08-2018 goods (4).jpg
↑ユジノサハリンスクで視掛ける、こういう娯楽系の本、映画、ミュージックビデオなどでは、こうした「XX+」という「鑑賞・購読対象年齢」を示す決まりになっているようです。

近年は「世界的な流行り」が、ユジノサハリンスク辺りでも直ぐに入っている様子です。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)モノ

少し「意味」を考えてしまう看板…(2018.08.12)

住所を調べると「ハバロフスク通」ということになってはいますが、実際に立寄るには「レーニン通」の方が判り易く便利な州立図書館は、稚内市サハリン事務所の極近所です。平日も休日も辺りをよく通り掛かります。

この州立図書館の周辺は緑地として整備が施され、天候が好い日には何となく寛いでいる人達も多く視掛けるような場所です。

↓緑地の辺りでこういう看板を視掛けました。
12-08-2018 dog.jpg
↑「犬」のイラストに“禁止”を意味する「赤丸に斜線」というピクトグラムです。

「ВЫГУЛ СОБАК ЗАПРЕЩЕН」(ヴィーグル サバーク ザプリェーシェン)は「犬を放すことを禁ず」とか「犬の散歩を禁ず」と解釈出来ます。

看板のデザインが面白いと眼を留めたのですが、「看板が立てられた芝生に犬を入れない」ように求めているのか、「緑地そのものに犬を入れない」ように求めているのか、「犬のリードを離さない」ように求めているのか、少し考えてしまいました。

実はこれと似たような看板は、ユジノサハリンスク市内では時々視掛けます。多くの場所で、そこに設えられた花壇や芝生を示して「犬を入れない」ように求めているように見受けられます。そのためには「犬のリードを離さない」ようにしなければならないかもしれません。

他方、この看板が「緑地の入口」という辺りに在るので、「緑地そのものに犬を入れない」ように求めているという具合にも思えます。そんなことを考えていると、少し先のベンチに、リードに繋がった小さな犬を連れた方が腰を下ろして一息入れている様子が視えました。「緑地そのものに犬を入れない」ということになっているでもないようです。

ユジノサハリンスクでは、御自宅で犬を飼っているという方が多いようですが、他方で「ロシア人に最も人気が高いペットは猫」という話しも聞いたことが在ります。

Вешалка(ヴェーシャルカ)=ロシア製(2018.08.04)

↓近所の店でこんなモノを求めました。
04-08-2018 goods (1).jpg
↑衣類を掛けるハンガーです。ハンガーはロシア語でВешалка(ヴェーシャルカ)と言うそうです。

筆者は、こういうモノを「洗ったシャツを掛けて干しておく」というような用途で多用しています。

何気なく求めたのでしたが、よく視ると「Сделано в России」(ズヂェーラナ ヴ ラッシー)という文字が入っています。「ロシア製」という意味です。

勝手なイメージですが、ロシアでは宇宙ロケットのような仰々しいモノを造っている他方、「日用の一寸したモノ」を何処かで製造しているようなイメージが薄いように思わないでもないのですが、こういう細々したモノも確り造っています。

日本国内でも言い得るかもしれませんが、ロシアでも「日用の一寸したモノ」に関しては、色々な国や地域で製造された品物が多く見受けられます。ハッキリと「明らかにロシア語ではない文字」で商標や品名が大書されている例さえも視掛けます。このハンガーに関しては、使おうとして探した時に偶々見付けて求め、「ロシア国内の消費者向けに、ロシア語で色々と表記されている」とは思いましたが、「Сделано в России」(ズヂェーラナ ヴ ラッシー)に当初は気付きませんでした。

↓束ねられている厚紙を外すと、こういう具合です。
04-08-2018 goods (2).jpg
↑フックが回るようになっていて、少し使い易いです。

サハリンで「一寸使う…」と日用品を求めようというような場合、何となく「Сделано в России」(ズヂェーラナ ヴ ラッシー)という文字に注目しておけば、「ロシア国内でこんなモノを造っている?」という製品に出くわせるかもしれません。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 09:20Comment(0)モノ

ロシア製のポロシャツ(2018.07.30)

↓6月頃に眼に留めて求めて在ったのですが、最近になって出番が増えている代物です。或いは「これから活躍!?」と6月頃に求めて在ったものの、何となく肌寒い感じが続いていて、7月下旬頃から漸く多用するようになったという面も在るのですが。
ポロシャツ 30-07-2018.jpg
↑650ルーブルで求めた、ロシア製のポロシャツです。“海軍”のイメージらしいのですが、胸に錨のマークが入っています。シンプルな感じで、落ち着いた色合いなので、何処で着ていても違和感が無いようなモノだと思います。

時々、「サハリン等を訪ねた際の土産に好いモノ?」というお尋ねを頂きます。こういうのは好き嫌いが千差万別で、少し難しいかもしれないお尋ねだとも思うのですが、画のようなモノを含めて「普段使えるような、ロシアの実用衣料は如何か?」というお話しをすることが在ります。

実際、筆者はサハリン滞在に際して然程多くの衣類は持ち込んでおらず、割合として“現地調達”が少々多目であると思います。

このポロシャツに関しては、稚内へ持ち帰って使う機会も在りそうな感です。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)モノ

西日の光と花壇(2018.08.12)

8月に入ってから、一日の中で天気が変わり易い日が少し多く、そういう日には「不意に少々暑い…」と感じる場合も在ります。

曇りがちな感じで推移した日曜日でしたが、夕刻が近付く中で不意に強い西日が射し込むようになりました。多少湿った空気が急速に温められました。

想い起したのは「ロシア流のサウナ」です。「ロシア流のサウナ」は、日本国内でも多々見受けられるような、概ね90℃程度になっている「フィンランド式」に比べるとやや低い温度の80℃程度の場合が多いのですが、隅に在る熱した石に水を掛けて水蒸気を多量に発生させる関係上、「温度よりも暑い」感じになります。

曇天で湿った空気が急速に強めな西日の光で温められると、何やら「ペタペタする…」ような按配になります。そうなると、室内の居心地が俄かに悪くなるので、時間帯によっては食事を摂ることも兼ねて外に散策に出ます。

↓パベーダ通とレーニン通とが交差する辺り、<プーシキン広場>の入口辺りの花壇です。
flower 12-08-2018 (1).jpg
↑鮮やかな色の花が据えられていますが、強い光を受けて鮮やかさが増しています。誰かが画を描くにしても、ここまで鮮烈な色使いはしないかもしれないと思える程度の華やかな色調に驚きました。

↓少し角度を変えて眺めました。
flower 12-08-2018 (2).jpg

こういう、「鮮やかな色が更に華やかに」なるような強い光線の時間帯は「不意に少々暑い…」と感じられますが、そのうちに雲が多くなって、陽が落ちてしまえば気温が下がり始め、涼やかになります。

一日を通じて好天であるような日の日中、28℃程度というようなことも在りますが、この花壇を眺めた日は24℃程度だったようです。“相対的”な感じ方の故に「少々暑い…」と言っても、「酷暑!」ということになっている地域での「冷房設定温度?」のような気温帯です。

こういう状態ですが、多分8月末や9月前半位までだと思います。