“САХАЛИН”(サハリン)(2018.08.11)

空港が在る辺りからミール通を北上してユジノサハリンスク市内に入り、州立病院が在る辺りで東西に延びるエセーニン通へ右折して東へ進むと、スキー場が在る丘陵の麓に延びるゴーリキー通に行き当たります。

↓エセーニン通とゴーリキー通との交差点にこういうモノが在りました。
САХАЛИН 11-08-2018.jpg
↑鮮やかな色彩に眼を奪われます。

恒常的なモノなのか、催事に合わせた臨時的なモノなのかは判然としませんが、“САХАЛИН”(サハリン)という看板です。7つの文字の各々に、野鳥、海獣、魚、植物というような、サハリンの自然をイメージしたデザインが施されています。

実は8月8日から8月12日で「様々な職業のスキルコンテスト」ということで、ロシア全土の出場者が集まる<ワールドスキル>という催しがユジノサハリンスクで催されていました。催事会場の一つとして、ゴーリキー通を少し進んだ<クリスタル>―アイスホッケーの試合が行われるアリーナですが、催事場としても利用可能な多目的ホールです。―が使用されていました。画の看板が掲出されていた場所は、空港等の在る辺りと<クリスタル>とを往来する場合の通り道です。

先週、サハリンを訪れていた日本人旅行者の方と言葉を交わしました。先週、宿泊施設がどういう訳か「非常に取り悪い」という状態であったそうです。前の週や次の週は特段に問題は無かったので、少し不思議に思ったとお尋ねを頂きました。丁度、方々の人達がサハリンに集まる催事の最中だった訳です。

ユジノサハリンスクでは、そういうように「スポット的に、催事関係で宿泊施設等が混み合っている」という例も見受けられます。或いは、最近のサハリンでは「方々の人達が集まる催事を開催することに、少し積極的」であるようにも視えます。

グラフィティー『サハリンの旅』:ゴーリキー通(2018.07.29)

ユジノサハリンスクの街の東寄り、スキー場が在る丘陵の麓の辺りを南北に貫くゴーリキー通が在ります。

↓このゴーリキー通の、大聖堂の少し南側に在る長い塀にこんな画を見付けました。
wall on 29-07-2018 (1).jpg
↑シンプルな線で、サハリン州郷土博物館や劇場の<チェーホフセンター>の建物を描いたグラフィティーです。

塀の上にはサハリン島の方々に在る地名や、そこで視られる少し特徴的なモノの画が在りました。

↓海難慰霊碑、トド、石炭を積んだ船が描かれているのはネベリスクです。
wall on 29-07-2018 (2).jpg
↑画の右側には市域の入口に在る“ネベリスク”という大きな看板も描かれています。

これは『サハリンの旅』と名付けられた一連のグラフィティーの一部です。150メートル程度にはなると思いますが、長い塀にサハリン島南東端のアニワ岬から北端部のエリザヴェータ岬までの街等をイメージした画が延々と描かれています。

↓南側から北側へ、順次画が連なり、少し北のアレクサンドロフスク・サハリンスキーの画も出て来ます。
wall on 29-07-2018 (3).jpg

この場所は、車輛ですうっと通り過ぎてしまう場合も多いような感の場所ですが、時にはゆっくりと歩いて、こういうグラフィティーでも眺めてみたい感じです。

「←95歩」?(2018.08.07)

稚内市サハリン事務所から近い映画館<オクチャブリ>の裏側、カール・マルクス通で少し大規模な工事が進められています。

道路の地下に埋設されている管等を交換するような工事で、道路を掘り返している関係上、当該区間は車輛通行止めで、辺りがトタン板の塀で囲われています。

工事が少し続いている間に、現場を囲うトタン板の塀に、近隣の店が広告を掲出し始めました。

↓こんな広告が在りました。
95шагов.jpg
↑真中の下辺りに「←」が在ります。そして「←」に文字が乗っています。

「←」に乗っている文字「95 ШАГОВ」(ヂェヴャノスタピャーチ シャゴフ)は「95歩」という意味です。

「←95歩」ということになりますが、これは「広告を掲出している店まで95歩」ということになる訳です。「←XXメートル」というような方式は見覚えが在りますが、「←XX歩」と“歩数”を示している例は余り記憶が在りません。

何か酷く気になったので、この広告の辺りから、広告を掲出している店まで、頭の中で“歩数”を数えながら歩いてみました。慎重に数えたという程でもないのですが、本当に「95歩」程度でした。距離にして50m弱のように思いました。

結局この「←XX歩」という方式は、「辺りを足で歩いて来店」という意識が在るから登場したのでしょう。車で乗り付けるのが当然視されているような中では出て来ない発想です。実際、辺りは駐車場が整っているというのでもなく、工事の関係で車輛が入り悪いので、広告を掲出している店を訪ねるなら歩いて行くのが合理的ではありますが。

因みにこの「←95歩」の広告を掲出した店は、ハンバーガーを主体としている店で、ビールも出しています。

<ペンギン32>がコルサコフ港へ…:2018 稚内・コルサコフ航路 (2018.08.09)

↓夏らしい空模様の下、コルサコフ港目掛けて小さな快速艇が桟橋を目指しています。
Korsakov 09-08-2018 (1).jpg
↑画の中央、クレーンが林立する桟橋の左側に船が視えます。

↓速度を調整しながら進んでいます。
Korsakov 09-08-2018 (2).JPG
↑これが2016年から2017年に稚内・コルサコフ航路で運用されていた<ペンギン33>の同型船である<ペンギン32>です。

<ペンギン32>は前日の8月8日にコルサコフ港から15名の乗客を乗せて稚内港へ向かいました。8月9日、稚内港から13名の乗客を乗せてコルサコフ港に戻って来ました。

↓<ペンギン32>は大きく旋回して減速しながら、桟橋に繋留します。
Korsakov 09-08-2018 (3).jpg

今季の運航は8月8日から9月22日まで、19往復38便(8月:定期10往復20便 / 9月:定期9往復18便)です。

↓運航スケジュールはこちらを御参照願います。
時刻表・料金 / <HSL 北海道サハリン航路株式会社 旅客船事業>

観覧車:<ガガーリン公園>(2018.08.02)

現在のユジノサハリンスク市街の基礎のようになっている「豊原」の都市建設が始まった頃から「公園」であった場所が、現在も<ガガーリン公園>となっていて、多くの市民が憩う場所となっています。

↓宇宙飛行士のユーリー・ガガーリンを記念して、<ガガーリン公園>という名称になってから半世紀を経たということは、過日このブログでも御紹介したところでした。
>><ガガーリン公園>として「50年」(2018.06.17)

最近は「夏らしい」という感の温かい日も増え、児童生徒や学生の夏休みで、一般の人達も各々に休暇を取得する場合も在る時季に入っているので、ガガーリン公園は何時でもなかなかに賑わっています。

園内は散策路が整備され、スポーツを行う施設等も在るのですが、多くの遊具を備えた“遊園地”も在ってなかなかに人気です。

↓その“遊園地”の観覧車です。
02-08-2018 at the park (1).jpg
↑存外に古くから在ることを想起させる、クラシカルな美しいデザインの観覧車であると思います。何処かの旧い映画にでも登場しそうな感です。

↓青空を背景に、ゆったりを園内や近隣を望む観覧車がなかなかに映えます。
02-08-2018 at the park (2).jpg

“遊園地”には、こういう老若男女がゆったりと楽しめるモノの他、「挑戦?怖い?」というタイプの遊具も在ります。曜日や時間帯にもよるでしょうが、「大行列」という程でもない感じで愉しむことが叶うようです。
posted by 稚内市サハリン事務所 at 07:00Comment(0)訪ねる

Квас(クワス)(2018.08.05)

↓ユジノサハリンスクの街の方々で視掛ける様子です。
квас (1).JPG
↑温かい時季、例年6月から9月頃に視掛けるモノです。

これは街頭にスタンドを立てて<クワス>という飲物を売っている様子です。タンクに<クワス>がたっぷりと入っていて、売る側で用意したコップやペットボトルに注ぐ、または買う側が持ち込む容器に注ぐという形で販売されています。

<クワス>はライ麦と麦芽を発酵させて作るモノです。微炭酸の飲料で、微弱なアルコール分が入る場合も在るようです。が、寧ろ「ジュースのようなモノ」として引用されています。

「麦芽を発酵」と聞けば「ビール?」というモノを思い浮かべますが、方々のビール醸造業者がこれの製造を手掛けている様子です。サハリンでもビール醸造業者が色々と在りますが、彼らが<クワス>も手掛けていて、写真のようなスタンドでは、よく視ればビール醸造業者のロゴマークが入っている場合が多いです。

写真では、2つのスタンドが並んでいます。左がコルサコフの業者で、右がユジノサハリンスクの業者です。この日、右の業者は営業を休んでいました。

天候が好い日曜日で、長い行列こそ出来ませんが、余り切れ間が出来ずに次々と通り掛かる人が立寄っていました。200ml入りのコップで頂くモノが最も手軽で、500ml入りのコップのモノは少しボリュームが在ります。それ以外は、各種のペットボトルで求めるようになります。

↓500ml入りのコップです。「黒ビール?」というような、「コーラ?」というような外観です。
квас (2).JPG
↑味は、「やや酸味が強い」というタイプと、「仄かに甘い」というタイプが在るようです。画は後者のタイプですが、前者のタイプでも見分けはつきません。

このスタンドで、500ml入りのコップの<クワス>は34ルーブルでした。場所によって多少の違いは在るように思いますが、手軽な価格帯です。

<クワス>という飲物は、かなり古い歴史が在って、古代からその原型というようなモノが嗜まれていたと言われています。ロシアでも古くからの伝統が在り、ソ連時代にも「夏に街頭で売っている」という様子は御馴染だったといいます。

1990年代に入って、諸外国から入る様々な飲料の人気に押されてしまっていたように見受けられた時期も在ったようですが、2000年代以降に“復権”しているようです。殊に「ペットボトルに入ったモノがスーパー等で売られる」というようになって、<クワス>の消費は増えていると言われているようです。実際、「数日間ホテルに滞在」というような場合に、手近なスーパーでペットボトルの<クワス>を求め、部屋の冷蔵庫に置いて随時頂くというのも意外に好い感じです。

<クワス>は、「そのまま飲用」という以外に「スープの材料」にも利用されます。

↓以前にそうした例を御紹介しました。
>>Окрошка(オクローシカ):不思議な“冷製スープ”(2017.05.11)

或いは、「(写真の様な感じに)戸外で<クワス>を売っている」というような時季が、サハリンでは「戸外を動き回り易い感じな時季」ということになるかもしれません。

夕刻の虹(2018.08.04)

ユジノサハリンスクの土曜日は、日が傾いて来た中でも「少しだけ蒸し暑い?」という感―と言って、日中が26℃程度でしたが…―であったので、「夕涼み」という程でもないものの、少し戸外に出てみました。

↓傾く西日の光線で空気が仄かに染まったような状況の中、大きな虹が視えました。
raimbow 04-08-2018.jpg
↑ユジノサハリンスク市行政府本庁舎の辺りから、料理店がテナントに入っている建物が在る南東側に大きな虹が視えていました。

考えてみると、「虹」というのは視る機会が多いような、少ないような、少し不思議な存在です。そして「こんなに大きな虹を最後に視たのは何時だった?」と思い出し悪いものです。

他方で鮮やかな虹のイメージは「御馴染」なモノです。ネベリスクで幼稚園を訪ねてみる機会が在ったのですが、偶々、立寄った教室で園児達が描いていた課題の画が「虹」でした。子ども達は思い思いの色の絵の具で、紙に大きな弧を描いていました。

この「虹が視える夕空」の中、燕が忙しそうに飛び回る様子も視えました。「夏らしい」という感じです。

視る機会が多いような、少ないような虹を視ると、「何か好いことでも?!」という気がするものです。こういうのは、「気がした」で終始することも多いモノではありますが。

コルサコフ港へ“電子ビザ”で上陸する場合の注意点(2018.08.06)

ロシアでは<ウラジオストク自由港>という制度の下、極東各地の指定箇所で出入国する外国人に関して、“電子ビザ”での出入国を出来るようにしています。

既にウラジオストク空港で実施されており、日本人も対象となっていることから、ウラジオストク空港での日本人入国者が増えていると聞きます。

この「極東各地の指定箇所」に「コルサコフ港」も入っています。ということで、稚内・コルサコフ航路の船<ペンギン32>でコルサコフ港に上陸しようとする場合、この“電子ビザ”が利用可能です。

↓制度そのものの説明、“電子ビザ”の申請はこちらを御参照願います。
>>E-visa (ロシア連邦外務省 日本語専用サイト)

この“電子ビザ”の利用に関して、幾つか「注意点」が在ります。

在ユジノサハリンスク日本国総領事館では、この「注意点」についてホームページで紹介しています。

↓こちらを御参照願います。
>>電子ビザを用いたコルサコフ港でのロシア入出国についての注意点(在ユジノサハリンスク日本国総領事館 平成30年8月6日掲載)

現在、この“電子ビザ”でコルサコフ港からロシアへ入国する場合、出国もコルサコフ港からでなければならないことになっているということです。また、ロシア滞在中にサハリン以外の地域を往来することも出来ません。

その他、幾つかの「注意点」に関して、在ユジノサハリンスク日本国総領事館のホームページを御参照願います。

深い霧…:レーニン通とプルカエフ通との交差点(2018.08.05)

ユジノサハリンスクの街の少し西寄りな辺りを南北に貫くレーニン通が、都心部の南端辺りを東西に延びるプルカエフ通と交差する辺りに巨大な“オベリスク”が建っています。

↓これまでにも何度かこのブログで御紹介しました。

>>「休日が多い時季」の早朝:レーニン通とプルカエフ通の交差点(2018.04.29)

>>黄昏:レーニン通とプルカエフ通との交差点(2017.09.15)

>>花壇とオベリスク(2017.07.02)

直ぐ近くに、外観の感じから8階建て程度と推定される建物が在り、それと比較する限り「20m前後の高さ?」と見受けられる巨大なモノが「広い道路の真中」のような場所に聳え立っています。

それだけ巨大なモノなので、レーニン通を南下する場合、少し遠い辺りからその巨大な姿が視えるのが普通です。しかし、日曜日の早朝にはそれが「視えない…」という事態になっていました。

↓間近に寄っても、この程度にしか見えないというような深い霧に包まれていたのです。
05-08-2018 in morning.jpg
↑朝の太陽が放つ強めな光が、霧の中に乱反射しています。

ユジノサハリンスクに滞在してみると、「日中と深夜から早朝との温度差」に多少戸惑います。「10℃以上もの温度差」が珍しくもないのです。広い範囲が海に面していて、海水の保温効果の関係なのか、一日の中での温度差が少な目な稚内の感覚では少なからず驚きます。

こうした温度差の故に、少し霧が発生し易いようで、ユジノサハリンスクは「盆地」な地形で風がやや弱めな場合が多く、発生した霧に街が包まれてしまう場合も多く見受けられます。

こんな状態から小一時間で霧が晴れると、夏らしい感じの青空が拡がり、日中は25℃程度にまで気温が上昇しました。

<ペンギン32>がコルサコフ港に…(2018.08.05)

稚内・コルサコフ航路での運用のため、稚内港へ運び込まれた船<ペンギン32>は8月3日に下ろされ、以降は海上を自航します。その<ペンギン32>はコルサコフ港に入っています。

好天の日曜日の朝、コルサコフへ足を運び、「摂政宮殿下行啓の折りに立ち寄られ…」という挿話も伝わる高台に上がって港を視てみました。

↓画の左寄りの中程に、「少し見覚えが在る」という感の、白い小さな船が停泊しているのが判ります。
'Penguin32' at Korsakov on 05-08-2018 (1).JPG
↑旅客の乗降が在る場合に利用する場所とは違う場所に停泊しています。

↓望遠ズームで寄ってみました。
'Penguin32' at Korsakov on 05-08-2018 (2).JPG
↑画のやや下側中央の白い船が<ペンギン32>です。

↓2016年、2017年の稚内・コルサコフ航路で運用されていた<ペンギン33>とそっくりです。
'Penguin32' at Korsakov on 05-08-2018 (3).JPG

↓目一杯の望遠で船体を視ると、船尾に「33」ではなく「32」と在るのが判ります。
'Penguin32' at Korsakov on 05-08-2018 (4).JPG

稚内・コルサコフ航路での運用に向けた諸準備が進められ、「8月8日のコルサコフ発」からいよいよ動き始めます。